『ドイツのキッチン・ルール』 新刊超速レビュー

成毛 眞2012年06月13日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドイツのキッチンルール : 収納・掃除・調理法まで、マネしてみたい18のお宅
作者:久保田 由希
出版社:誠文堂新光社
発売日:2012-05-16
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

本日は土屋敦が『ナチスのキッチン』をレビューしている。仲間内ながら素晴らしい書評である。しかも本書で言及されている料理を手作りし、その写真を掲載するという前代未聞の所業である。他のHONZメンバーがこの実践主義に感化され、村上浩がマスクを被ってリングに上がったり、鈴木葉月が人生これ勉強の旅に出発したり、など無謀をしないことを祈るばかりである。栗下直也だけはまず実践があって書評につながっているので心配はない。

と、本書は間違いなく主婦向けの本であろう。なぜか買ってしまったのである。なにしろ副題は「収納・掃除・調理法まで、マネしてみたい18のお宅」である。3人以上で暮らすキッチン、2人暮しのキッチン、ひとり暮らしのキッチンの3章建て。写真満載だが、日本人のセンスのよい人が使うキッチンのほうが良くね、という感じがしなくなくもない。そもそも、ドイツ人に上手い食事を作りたいという本能があるのだろうか、という感じがしなくなくもない。

「ゆっくりと過ごす週末のブランチ」というキャプションが付いた写真には、レーズンパンとカップに入ったままのヨーグルトとジャムとチーズがテーブルの上に乗っているだけだ。てか、これブランチなのか?冷蔵庫のなかのものそのまま出してきただけじゃん、という感じがしなくなくもない。キッチンの本なのだから、キッチンさえ紹介すればいいというすがすがしい論理であろうか。このあたりがドイツ的な感じがしなくなくもない。テクマクマヤコン。

18のお宅で使われている鍋は「シリットの圧力鍋」「ベルンデス」「フィスラー」「WMF」「ル・クルーゼ」「エバトリオ」「シュルテ・ウーファー」など。キッチン家電は「シーメンス」のポルシェデザイン・トースター、おなじくシーメンスの「パンスライサー」、「ブラウン」のミキサー、「フィリップス」の電気ケトルなど。デザインがドイツ合理性の塊のようで欲しくなる。デザインも食事も生活もミニマリストであるドイツ人こそが、もっとも真剣に地球の持続可能性を考えているのはうなずける。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら