殿様の通信簿

成毛 眞2008年09月01日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
殿様の通信簿
作者:磯田 道史
出版社:朝日新聞社
発売日:2006-06
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

江戸幕府の隠密が大名を調べ上げて報告した「諜報記録」を読み込んで、徳川光圀、前田利家などの裏話を取り上げた本。だと、思ったらそれは前半だけ。後半は利家なきあとの前田家存亡を担った前田利長、利常親子のエッセイである。『殿様の通信簿』とは、明らかに手っ取り早くタイトルで売ろうという編集者の先走りだ。帯にも「従来の”殿様像”を一変させる瞠目の書」と仰々しく、著者でなくても気恥ずかしい。

ところが内容は実に面白い。どの章をとっても、時代小説の一本も書けそうな気がしてくる。もう少し各章にボリュームがあれば、小説仕立てにするよりも面白いかもしれない。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら