『いま恐竜が生きていたら』

成毛 眞2008年12月25日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いま、恐竜が生きていたら
作者:ドゥーガル ディクソン
出版社:武田ランダムハウスジャパン
発売日:2008-12-18
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

A5版フルカラー191ページの本である。まさに「いま恐竜が生きていたら」というシミュレーションを合成写真でしてみせる本だ。

まずは草食恐竜の紹介だ。最初はウロポセイドンと象の群れである。人間が象の脚の間を通り抜けれるように、象が恐竜の脚の間を通り抜けれるほどの大きさだ。ピラミッドを背景にした砂漠ではラクダとオウラノサウルスが並んで暑さに耐えている。可愛い。空港では最長の草食恐竜であるセイスモサウルスがのそのそと歩き回り通行の邪魔をしている。

肉食恐竜の章ではキツネと同サイズのコエロフェシスが街角の残飯を取り合っている。競馬場ではダチョウのような姿をしたストルティオミニスが馬と競争をはじめている。サバンナでは肉食恐竜のケラトサウルスがライオンの群れに倒されようとしている。群れの力が勝るらしい。

海の恐竜、空の恐竜と章は進み、やがて恐竜が絶滅した隕石仮説、層位学、古生物学、プレートテクトニクス、大規模気候変動、進化、恐竜の子孫としての鳥類と続いていく。ないものといえば酸素濃度の低下と恐竜の繁栄の関連くらいなものである。

各章ではもしも恐竜が生きていたら、草食恐竜は食用になる可能性があり牛・豚などは見向きもされずに野生化しているかもしれないし、肉食のベロキラプトルは番犬ならぬ番恐竜になるかもしれないとくすぐる。あきらかに子供向きの本なのだが、写真がきれいなので大人でも買える本だ。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら