10月の今月読む本 その2

東 えりか2012年10月07日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朝会は順調に進んでいく。一周目が終りお互い突っ込みあっていたその裏で、その日のHONZサイトが大変なことになっていることを、代表以下メンバー全員は知る由もなかった…

この日の欠席者のオススメ本はこちら。

幕張メッセの展示会に詰めている栗下直也

和牛詐欺  人を騙す犯罪はなぜなくならないのか

和牛詐欺 人を騙す犯罪はなぜなくならないのか

  • 作者: 斉藤 友彦
  • 出版社: 講談社
  • 発売日: 2012/9/13

中継ぎ投手 ---荒れたマウンドのエースたち

中継ぎ投手 ---荒れたマウンドのエースたち

  • 作者: 澤宮 優
  • 出版社: 河出書房新社
  • 発売日: 2012/8/10

愛と欲望のナチズム (講談社選書メチエ)

愛と欲望のナチズム (講談社選書メチエ)

  • 作者: 田野 大輔、、田野 大輔のAmazon著者ページを見る、検索結果、著者セントラルはこちら
  • 出版社: 講談社
  • 発売日: 2012/9/11

今回争奪然が一番激しかった本。仲野鰐部も狙っていたが、レビュー予約表に一足早く書き込んだ栗下が一歩リード。

朝から研修が入ってしまった鈴木葉月。2回連続の欠席は悔しいだろう。今回の選書のテーマは「初心に戻って」だそうだ。

ヒトはなぜ眠るのか (講談社学術文庫)

ヒトはなぜ眠るのか (講談社学術文庫)

  • 作者: 井上 昌次郎、、井上 昌次郎のAmazon著者ページを見る、検索結果、著者セントラルはこちら
  • 出版社: 講談社
  • 発売日: 2012/9/11

『日本文学史序説』補講 (ちくま学芸文庫)

『日本文学史序説』補講 (ちくま学芸文庫)

  • 作者: 加藤 周一、、加藤 周一のAmazon著者ページを見る、検索結果、著者セントラルはこちら
  • 出版社: 筑摩書房
  • 発売日: 2012/9/10

日本のかご: えらぶ・かう・つかう (とんぼの本)

日本のかご: えらぶ・かう・つかう (とんぼの本)

  • 作者: 小澤 典代
  • 出版社: 新潮社
  • 発売日: 2012/9/24

初心がどこにあるのか、よくわからない…

ロンドン出張中の久保洋介。商社マンは大変だ。

ネゴシエイター―人質救出への心理戦

ネゴシエイター―人質救出への心理戦

  • 作者: ベン ロペス、Ben Lopez、土屋 晃、近藤 隆文
  • 出版社: 柏書房 (2012/06)
  • 発売日: 2012/06

この本は高村がレビュー済み。でもクロスレビューとしてUPした。

リーダーを目指す人の心得

リーダーを目指す人の心得

  • 作者: コリン・パウエル、トニー・コルツ、井口耕二、、井口耕二のAmazon著者ページを見る、検索結果、著者セントラルはこちら
  • 出版社: 飛鳥新社
  • 発売日: 2012/9/29

タイトル的には処世術を書いてる本っぽいですが、実際は黒人初の国務長官を務めた人の伝記って感じで面白い、とのこと。

海図の世界史: 「海上の道」が歴史を変えた (新潮選書)

海図の世界史: 「海上の道」が歴史を変えた (新潮選書)

  • 作者: 宮崎 正勝
  • 出版社: 新潮社
  • 発売日: 2012/9/28

“「世界を変えてきたのは、いつも一枚の海図だった。」という一言に興味を持ちました。ワクワクしそう。”という久保のコメントにポツリと成毛「もうひとつだったな…」

仕事の都合がつかずに出席を断念した麻木久仁子

戦後日本の人身売買

戦後日本の人身売買

  • 作者: 藤野 豊
  • 出版社: 大月書店
  • 発売日: 2012/8/24

土屋も買っていた。「4000円の本がカブると痛い…」

日本農業への正しい絶望法 (新潮新書)

日本農業への正しい絶望法 (新潮新書)

  • 作者: 神門 善久
  • 出版社: 新潮社
  • 発売日: 2012/9/14

NHK出版CDブック 現代文の朗読術 名作に秘められたリズム

NHK出版CDブック 現代文の朗読術 名作に秘められたリズム

  • 作者: 杉澤 陽太郎、NHK放送研修センター日本語センター
  • 出版社: NHK出版
  • 発売日: 2012/9/21

いやはや、麻木らしい選本でレビューが楽しみ。

ここからは2周目に突入。オマケの本を一冊ずつ。最近ではこちらの本に飛び道具を持ってくる人が増えたようだ。

内藤順

パイスラッシュ ―現代フェティシズム分析―

パイスラッシュ ―現代フェティシズム分析―

  • 作者: 青山裕企、、青山裕企のAmazon著者ページを見る、検索結果、著者セントラルはこちら
  • 出版社: エンターブレイン
  • 発売日: 2012/9/20

まさかの写真集。それもフェティシズム溢れる一冊。ナバテア文明で言いよどんでいた内藤だが、この本についてはうれしそうに語る語る…

田中大輔
Pen+(ペン・プラス) コム デ ギャルソンのすべて (HC-ムック)

Pen+(ペン・プラス) コム デ ギャルソンのすべて (HC-ムック)

  • 作者:
  • 出版社: 阪急コミュニケーションズ
  • 発売日: 2012/10/1

Penで特集していたものが大幅に加筆されて出版。

新井文月
世界を変える偉大なNPOの条件――圧倒的な影響力を発揮している組織が実践する6つの原則

世界を変える偉大なNPOの条件――圧倒的な影響力を発揮している組織が実践する6つの原則

  • 作者: レスリー・R・クラッチフィールド、ヘザー・マクラウド・グラント、服部 優子
  • 出版社: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2012/7/13

ビジネスで成功した人が、NPOでも成功するとは限らない、らしい。

土屋敦
犯罪者はどこに目をつけているか (新潮新書)

犯罪者はどこに目をつけているか (新潮新書)

  • 作者: 清永 賢二、清永 奈穂
  • 出版社: 新潮社
  • 発売日: 2012/9/14

土屋の自宅は泥棒に入られやすいらしい。

成毛眞
虫と文明: 螢のドレス・王様のハチミツ酒・カイガラムシのレコード

虫と文明: 螢のドレス・王様のハチミツ酒・カイガラムシのレコード

  • 作者: ギルバート・ワルドバウアー、屋代 通子
  • 出版社: 築地書館
  • 発売日: 2012/8/29

ぞわぞわした虫、嫌いなくせに…

高村和久
醤油鯛

醤油鯛

  • 作者: 沢田 佳久
  • 出版社: アストラ
  • 発売日: 2012/9/10

巷で少々話題になっている、お弁当に入っている醤油の容器の学術的分類。大真面目だから面白い。

東 えりか
職業外伝 紅の巻 (ポプラ文庫)

職業外伝 紅の巻 (ポプラ文庫)

  • 作者: 秋山真志、、秋山真志のAmazon著者ページを見る、検索結果、著者セントラルはこちら
  • 出版社: ポプラ社
  • 発売日: 2012/10/5

職業外伝 白の巻 (ポプラ文庫)

職業外伝 白の巻 (ポプラ文庫)

  • 作者: 秋山真志、、秋山真志のAmazon著者ページを見る、検索結果、著者セントラルはこちら
  • 出版社: ポプラ社
  • 発売日: 2012/10/5

日本の職業レッドデータバンク。名著なのに、なかなか文庫化されなかった。待ってました。

山本尚毅
クリエイティブの授業 STEAL LIKE AN ARTIST

クリエイティブの授業 STEAL LIKE AN ARTIST "君がつくるべきもの"をつくれるようになるために

  • 作者: オースティン クレオン、Austin Kleon、千葉 敏生
  • 出版社: 実務教育出版
  • 発売日: 2012/9/20

「新聞を黒塗りして言葉を浮き上がらせ、詩を書く」という手法を開発した著者からの人生のヒント。

井上卓磨
大統領でたどるアメリカの歴史 (岩波ジュニア新書)

大統領でたどるアメリカの歴史 (岩波ジュニア新書)

  • 作者: 明石 和康
  • 出版社: 岩波書店
  • 発売日: 2012/9/21

大統領選をリアルに感じるための基礎知識。ジュニア新書だからわかりやすそうだ。

足立真穂
闘病記専門書店の店主が、がんになって考えたこと

闘病記専門書店の店主が、がんになって考えたこと

  • 作者: 星野史雄
  • 出版社: 産経新聞出版
  • 発売日: 2012/9/28

闘病記を扱うネット古書店「パラメディカ」ここの店主ががんになった!

刀根明日香
世界ふしぎワンダーライフ50

世界ふしぎワンダーライフ50

  • 作者: 渋川 育由
  • 出版社: 河出書房新社
  • 発売日: 2012/9/25

『きのこ絵』より、絶対面白いです!」と正面切ってケンカ腰(笑)いいねえ。

深津晋一郎
隠喩としての病い エイズとその隠喩 (始まりの本)

隠喩としての病い エイズとその隠喩 (始まりの本)

  • 作者: S.ソンタグ、富山 太佳夫
  • 出版社: みすず書房
  • 発売日: 2012/9/11

10年ごとに改訂版が出るあたり、みすず書房らしい。仲野より「名著だよ」と言葉が飛ぶ。

鰐部祥平
乱交の文化史

乱交の文化史

  • 作者: バーゴ・パートリッジ、山本 規雄
  • 出版社: 作品社
  • 発売日: 2012/9/20

おやおや、こういう方面にも興味があるのね。HONZ大好き「文化史シリーズ」。鰐部の持ってきた本は全部装丁がきれい。

仲野徹
オタクの息子に悩んでます 朝日新聞「悩みのるつぼ」より (幻冬舎新書)

オタクの息子に悩んでます 朝日新聞「悩みのるつぼ」より (幻冬舎新書)

  • 作者: 岡田 斗司夫 FREEex
  • 出版社: 幻冬舎
  • 発売日: 2012/9/28

朝日新聞Beに連載中の人生相談。仲野は講演会まで聞きに行くほど好きらしい。

鈴木葉月
イタリア美術 (文庫クセジュ 972)

イタリア美術 (文庫クセジュ 972)

  • 作者: ミシェル フイエ、越川 倫明、小林 亜起子、深田 麻里亜、巖谷 睦月、田代 有甚、松田 直子
  • 出版社: 白水社
  • 発売日: 2012/9/15

確かにこの本は、「初心に帰る」という言葉にふさわしい気がする。

さて、いよいよHONZのこの1年(2011・7~2012・6)のレビュ―セレクション本が10月25日に発売されます。メンバー内での人気投票と自薦のレビューを合わせて150本を、書籍用に編集し直し、コンパクトに読めるようにしました。只今、予約受付中。

ノンフィクションはこれを読め!  - HONZが選んだ150冊

ノンフィクションはこれを読め! - HONZが選んだ150冊

  • 作者: 成毛 眞
  • 出版社: 中央公論新社
  • 発売日: 2012/10/24

amazonは発売日も定価も間違っています。10月25日発売 定価は1300円です。

発売に伴って、全国の書店さんでフェアを企画していただけたらと思っています。

詳しくは担当の井上卓磨 inoue@honz.jp までご連絡ください。

また、11月には大幅にリニューアルいたします。現在デザインを検討中です。いままでより読みやすく、わかりやすいサイトにいたします。

それに伴い、無料のメルマガも始めます。毎日アクセスするのは大変でしょうから、その週のレビューのダイジェストなどをお送りする予定です。

などなど、お知らせ事項はたくさんありますが、この日、帰宅してみたら土屋編集長のレビューが大爆発を起こしました。夜には一時サーバーダウンになってしまうほど。現在まで、このレビューへアクセスはなんと6万を超えました。

版元も著者も大慌てで、大重版をかけているそうです。ちょっとだけお待ちくださいね。

波乱万丈の10月になりそうです。今後のHONZ,ますますご期待ください。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら