『イカロス飛行隊』

成毛 眞2009年10月31日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Nobさんの飛行機画帖 イカロス飛行隊
作者:下田 信夫
出版社:光人社
発売日:2009-09
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

待望の下田信夫-Nobさんの新刊が出た。本文というか本体イラストページは相変わらず白黒だ。じつに悲しい。おそらく全てのイラストはカラーで描かれているはずだ。大判フルカラーで見てみたい。カラーイラストが載っているのは表紙と裏表紙、目次前の数ページだけだ。

その目次前の数ページに面白い飛行機が載っている。「バトル・オブ・ブリテン」の時に英国はドイツ爆撃機を防ぐために阻止気球という気球を空に浮かべていた。その気球の係留ロープを切断するために、巨大なカッターを機体の前に取り付けた飛行機のイラストだ。珍妙きわなりない。

次のページには爆撃機を改造して爆弾を満載にしたうえで、戦闘機を背中に乗せた親子爆撃機のイラストだ。ドイツ軍が実際に使っていたものだ。日本の特攻とは根本的に発想が異なる。特攻するのは無人の親爆撃機である。爆撃時には切り離される子戦闘機側にパイロットが乗り操縦しているのだ。

全てのイラストは丸っこくデフォルメしているのだが、メカ廻りのディテールは漏れなく描かれている。縦横比もじつは正確に縮尺されているので、けっしてマンガではない。本当にこのまま飛べそうな感じを残しているのだ。抒情的メカイラストである。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら