『CTは魔法のナイフ』

成毛 眞2009年12月03日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CTは魔法のナイフ(付録CD-ROM付)
作者:藤井 正司
出版社:飛鳥新社
発売日:2009-10-22
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

東芝の現役エンジニアが書いた本である。専門は工業用CTだ。CTの工学的な入門書というようなものはなく、CTで人体以外のものを見たら意外と面白かったという感動を伝えたかったらしい。

前半ではレーシングカーのエンジン、メロン、牛、マンモス、異物発見、文化財などを、それぞれの依頼人の要望に合わせて切ってみせる。メロンの味は糖分だけで決まらず、意外にもCTで判るというくだりなどはと面白い。しかし、総じて想像がつく内容でもある。

後半ではさまざまなモノを切り、クイズ形式で提示する。じつはこれもまた簡単に想像がつくものだ。ともあれCTはかなり万能な機械ではあるのだが、持ち運びできず、時間がかかり、したがってコストは高く、使用目的は限定的だということが分かってしまう。

残念ながら本書はなにか物足りない感じがする。対象とする読者を絞り込まなかったことが最大の問題かもしれない。CTという技術を紹介しながらも、レーシングカー・エンジンの熱応力や、古代にロクロがあったかもしれないことが判ることなどを伝えていることから考えても、小中生向けの啓もう書であれば、かなり良い線をいっていると思う。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら