みうらじゅん『ムカエマの世界』(ちくま文庫)

東 えりか2011年03月10日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ムカエマの世界 (ちくま文庫) ムカエマの世界 (ちくま文庫)
(2011/02/08)
みうら じゅん

商品詳細を見る

私たちの世代は、全共闘から一回り下で、共通一時試験はまだなく国立大学が一期校、二期校と2度受験できた時代だ。思えば遠くに来たものだ、と感慨深いが、それといって特徴のない世代だとも言われてきた。「しらけ世代」だの「新人類」だのと呼ばれたが、人ごとのように聞いていた。校内暴力で学校の窓ガラスを全部割った世代を子供だなあ、と見ていたし、今ほどではないが就職難の時代でもあった。

50歳を過ぎ、ふとまわりを見渡してみると、私たちの世代で一番元気なのは「元祖・おたく」たちだと気が付いた。大塚秀志、岡田斗司夫などおたく系評論家を筆頭に、山田五郎、喜国雅彦、堀井健一郎などなどサブカル系の物書きを多く輩出している。

そして、その筆頭に上げられるのがみうらじゅんだ。彼は、もう何十年も自分のスタンスを崩すことがない。ヘタウマなマンガと脱力した文章は、誰も真似できない、今となってはチョモランマのように屹立した存在になってしまった。われらが世代のスターである。

新刊『ムカエマの世界』も彼独特のユーモアとペーソスが感じられる本だ。「ムカエマ」とは「ムカつく絵馬」のこと。神社の絵馬場で何気なく見てしまった願い事が「可愛い彼女が欲しいです、別にどんな女でもいいっス」と神さまにタメ口で書かれていたり、「武道館でライブがやりたい!今年こそバンドが組めますように!!」とどこまで遠い希望なんだ、というものがあったりで、ムカつきながらもみうらと一緒に楽しんでしまう。

「元気にフライドチキン食べられますように」

「いんせきがおちてきませんように」

「すべて上手になれますように」

いやはや、神さまも大変だ。

「ムカエマ」のような、みうらじゅんの造語はたくさん存在する。

現在では普通に使われている「マイブーム」

マイブームの魂 (角川文庫) マイブームの魂 (角川文庫)
(2001/04)
みうら じゅん

商品詳細を見る

絵葉書のなかの無意味な一枚「カスハガ」

カスハガの世界 (ちくま文庫) カスハガの世界 (ちくま文庫)
(2006/01)
みうら じゅん

商品詳細を見る

悪趣味なお土産「いやげ物」

いやげ物 (ちくま文庫) いやげ物 (ちくま文庫)
(2005/07/07)
みうら じゅん

商品詳細を見る

変なお祭り「とんまつり」

とんまつりJAPAN 日本全国とんまな祭りガイド (集英社文庫) とんまつりJAPAN 日本全国とんまな祭りガイド (集英社文庫)
(2004/07/21)
みうら じゅん

商品詳細を見る

全国ベースに広がった「ゆるキャラ」

全日本ゆるキャラ公式ガイドブック 全日本ゆるキャラ公式ガイドブック
(2009/10/17)
みうら じゅん

商品詳細を見る

しかし、全部出版物にになっているところがすごいな。

本書には「ムカエマ」とともに、みうらが「これは変だ」と思ったものを激写した数々のネタが収録されている。何もしたくない日、昼間からビールを飲みながらへらへらと読むのにぴったりの一冊である。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら