『死にたい老人』

東 えりか2011年10月16日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
死にたい老人 (幻冬舎新書)
作者:木谷 恭介
出版社:幻冬舎
発売日:2011-09-29
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

日曜日の朝っぱらから、なんて本を紹介するんだ!とお叱りを覚悟でこのレビューを書いている。休みの日はアクセス数が少ないのでお許しいただきたい。それにしても、タイトルがいいのだ。思わず手に取りたくなる。発売半月で、すでにベストセラーの仲間入りを果たしたことは、著者にとってうれしいのかどうか、そのあたりを聞いてみたい気がする。

作家・木谷恭介の名前を聞いたことがある、という人は多いだろう。20年以上前になるのだろうか、ノベルスが隆盛を極めた時期があった。ご当地小説などとも呼ばれ、西村京太郎、山村美紗、内田康夫などに連なって、この木谷恭介の宮之原警部ものも人気があった。現在でも書き継がれているシリーズは作品紹介サイト「宮之原警部オッカケタイ」によると103巻(最新刊の情報でもよくわからないのだけど)にまでなっているらしい。83歳という年齢から考えても、旺盛な執筆量だといえるだろう。

しかしこの木谷先生、4年前に断食安楽死を決意する。78歳で妻に逃げられ、先行きは不安。期待していた民主党への落胆も重なる。自死をしたい理由は様々あるが、直接の最後の引き鉄になったのは「女性とセックスできなくなった」こと。82歳2ヶ月での出来事であった。女性とボディトークができなくなったことで、最後の支えをなくしたという。

断食の試みは3度に渡る。最初は準備段階で心不全となり病院に運ばれ断念。ただ死ねばいいというわけではないので、多少は周りに知らせているが、心配なのはその人たちが保護責任者遺棄にあたらないかということだ。

実にたくさんの本を読み入念な準備を重ねていく。2度目、3度目の経過の詳しい日記が本書のメインになる。結局は失敗して今に至るわけだが、その間の経過は壮絶。51キロあった体重は42キロまで減った。

何よりこだわったのは、健康で死ぬこと。胃潰瘍で出血したり、心不全で死んだりすることは耐えられない。そのために持病の薬だけは確実に飲む。飲むったら飲む。

この間、東日本大震災が起こった。自分は極楽のような環境で死ぬことを希望しつつ、被災者は死の予感さえない中で命を落としたことに慙愧を覚える。原発の人災と自らの戦争体験を重ね合わせる。小説より筆鋒が鋭いのは空腹のためか。神経が研ぎ澄まされ、理路整然と書かれていることが、だんだん可笑しくなってくる。

作家が晩年に自殺を企てるのは珍しいことではない。川端康成や江藤淳の例もあるし、一昨年、遺書を残して失踪した多島斗志之は未だに見つかっていない。このような失敗記というのは初めてではないだろうか。この悪あがきとも思える行為を身近なものと感じるか、情けないと思うかは読んだ人の年齢や状況にもよるだろう。しかし安楽死の問題を含めて生き死の自由については、社会のなかできちんと考えていい時期なのかもしれない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本書の中で参考にされている本

ほとんど食べずに生きる人―引き算の生き方革命
作者:柴田 年彦
出版社:三五館
発売日:2008-10-21
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

この本はあくまで健康になるための少食である。

大安心 最新版 健康の医学大事典
作者:
出版社:講談社
発売日:2008-10-30
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

自分の体の状態を知るために使った。

死ぬときに人はどうなる 10の質問
作者:大津 秀一
出版社:致知出版社
発売日:2011-09-16
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

新装版か?これはちょっと読んでみたい。

文藝春秋 SPECIAL (スペシャル) 2011年 01月号 [雑誌]
作者:
出版社:文藝春秋
発売日:2010-11-27
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

私も思わず手に取った特集だった。

山折哲雄セレクション 「生きる作法」 2 生老病死の人生八十年
作者:山折 哲雄
出版社:小学館
発売日:2007-06-21
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

本書の最終章がこの試みの始まりであった。

この国のかたち〈1〉 (文春文庫)
作者:司馬 遼太郎
出版社:文藝春秋
発売日:1993-09
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

多くの人へ、いまだに影響を与え続けている本。

ホージンノススメ―特殊法人職員の優雅で怠惰な生活日誌
作者:若林 アキ
出版社:朝日新聞社
発売日:2003-04
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

これは面白かったけど、絶版なのか。

日本国の研究 (文春文庫)
作者:猪瀬 直樹
出版社:文藝春秋
発売日:1999-03
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

これを書いた人は今???

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら