『ヴィクトリア朝時代のインターネット』 新刊ちょい読み

内藤 順2011年12月27日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ヴィクトリア朝時代のインターネット
作者:トム・スタンデージ
出版社:エヌティティ出版
発売日:2011-12-21
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

たかが数十年と言われるインターネットの歴史であるが、先祖を遡れば19世紀まで行き着くという。いわゆるモールス符号などでおなじみの通信手段「電信(テレグラフ)」のことだ。本書はヴィクトリア朝時代のインターネットとも言われる「電信」の歴史を、ダイナミズムたっぷりに描いた一冊。

歴史は繰り返すとはよく言ったものだが、その模様が生き生きとしたエピソードとともに伝えられている。犯罪や軍事利用がサービスの普及に貢献したのは想像に難くないし、ソー活、ソーシャル婚、ハッカーなどの原型も1800年代のイギリスに見ることができるのだ。

このように歴史を辿っていくと、当然のようにその興味は衰退のメカニズムの方へと向かう。電信はやがて「話す電報」としての電話に取って変わられることとなる。ここで興味深いのは、電信によって世界が革命的に小さくなったことが、電話の躍進にも一役買っているということである。ネットワークサービスの宿命は、自分が滅ぶための下地を己の手で作っているということにあるのだ。今風に言うならば、Facebookを凌駕するサービスが、Facebookを通じて拡散していくということに近い。

執筆が1997年とのことなので無い物ねだりになってしまうのだが、欲を言えばもう少しソーシャル的なものへの言及が欲しいというところだろうか。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら