『古事記ゆる神様100図鑑』-編集者の自腹ワンコイン広告

版元の編集者の皆様2014年10月31日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古事記ゆる神様100図鑑
作者:松尾 たいこ
出版社:講談社
発売日:2014-10-09
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

「神社ガール」って言葉までできたほど、神社が女子に人気になっている。縁結びで有名な出雲大社など、ご利益を求めた女子でいつでもごった返しているほど。そんな「神社ガール」にもっと神社を楽しんでもらいたくて作ったのがこの本。

この本のための取材旅行。2泊3日で九州縦断。


そもそものきっかけは2年前に一緒に伊勢神宮125社をまわる本をつくったこと。昔は「伊勢神宮より伊勢丹が好き」だったという松尾さんの初イラストエッセイが何の因果か神社本。そのあと、今度は出雲の神社めぐりの本を出版。伊勢と出雲という日本の二大聖地の本を出したおかげで、松尾さんは図らずも「神社ソムリエ」のような存在に。そして、そんな神社ソムリエが伊勢、出雲と神社めぐりの本を出して、次のテーマに選んだのが「古事記とその神様」だった。

神社をまわるうちに、そこに祀られている神様に興味をもち、神様が描かれている『古事記』を読んでそのぶっとんだ世界観にシンパシーを感じ、これを伝えたいと思った松尾さん。「日本の神話はこんなに面白い、それを知れば神社めぐりはもっと面白くなる」、そう感じたとか。

『古事記』に登場する神様はどれも人間的で愛らしい。それをどう伝えるか……。選んだ方法が「ゆる神様」だった。これまでの自分の画風をガラッと変えた、漫画風キャラクターの3頭身神様。なかには人の姿をしていない神様までいる破天荒ぶり。

神様紹介は『古事記』の神様が100柱、それ以外の神様が14柱で、合計114柱の神様が登場。

これまでキャラクターはあまり描いてこなかった松尾さんにとって、合計114もの神様を描き分けるのは大変な作業だったらしい。それぞれの神様のエピソードを注意深く読み込んで、何度も描き直した末に完成した神様たち。愛情がたっぷり詰まった可愛らしい神様のイラストは見てるだけでも癒されるはず。

『古事記』の名場面は全部で10シーン。これを読めば『古事記』の神話部分のだいたいのあらすじはわかる。

キャラクター紹介の文章も簡潔で、家族構成、祀られている神社、ご利益もしっかり明記。『古事記』を読んだことのない人のために名場面も漫画にして紹介した。『古事記』の入門書としてぴったりの1冊。

巻末には松尾さんのオススメ神社を20社紹介。

想定していなかったのだが、このイラスト、子供に評判がいい。イギリスの歴史学者アーノルド・J・トインビーは「12、13歳までに民俗の神話を学ばなかった民族は必ず滅びる」といっているそうだ。この本が子供の神話教育の一助になれば、こんな嬉しいことはない。 

磐﨑 文彰 株式会社かざひの文庫代表(昨年4月に開業)。旧社時代に松尾さんの初イラストエッセイ『わたしがみつけたもの~伊勢神宮125社をまわって~』を担当。その後、『出雲で幸せ結び』『伊勢で幸せ開き』に編集協力。
記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら