『ORIGINALS』新刊超速レビュー

田中 大輔2016年06月29日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代 (単行本)
作者:アダム グラント 翻訳:楠木 建
出版社:三笠書房
発売日:2016-06-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 営業先の書店でみかけて、中身も見ずに衝動買いした本が今年のベスト級によい本だったので紹介したい。(今年のベストは以前レビューした『サーチ・インサイド・ユアセルフ』で決まりなので、それに次ぐ素晴らしい本である。)この本のテーマは「ORIGINAL」である。オリジナルとは

orig・i・nal(形容詞)何かが生じたり、進展したり、派生したりする、発端や源になる性質。
orig・i・nal(名詞)唯一無二または独特な性質をもつもの。魅力的または興味深い形で、他とは違う人。奇抜な行動を起こす人、あるいは発明の才がある人。

この本は誰もがそんな「オリジナルな人」になれるということを立証した本だ。著者はアダム・グラント。この名前にピンと来た人はなかなかのビジネス書通だと思う。世界の経営思想家50人を選ぶTinkers50にも選出されている組織心理学者である。

前著の『GIVE&TAKE「与える人」こそ成功する時代』も、とても素晴らしい本だったのでオススメだ。『ORIGINALS』は、まえがきをFacebookのシェリル・サンドバーグが書いていて、監訳は『ストーリーとしての競争戦略』でお馴染みの楠木健である。このことから考えても、まず間違いない本だと言えるだろう。(ビジネス書を選ぶときは、誰が推薦しているのか?というのを意識すると、ハズレをひく確率が減るのでオススメだ)

では「オリジナルな人」とはどんな人のことをいうのだろう?それは斬新的で実用的なコンセプトを生み出し、「自らのビジョン」を率先して実現させていく人である。実現させていくというところが重要だ。クリエイティブな人とは違い、実行をともなう人のことである。そういった人は、「今あるもの」をそのまま使うのではなく、みずから行動を起こして、より良い選択肢がないかを探し求める傾向にあるそうだ。「既存のもの」を疑い、より良い選択肢を探すことが「オリジナルな人」 になるポイントだ。著者は「デ・ジャ・ブ」ならぬ「ブ・ジャ・デ」を提唱している。「ブ・ジャ・デ」とは既知のものを目の前にしながら、新たな視点でそれを見つめ、古い問題から新たな洞察を得ることを言う。

オリジナルな人と言われて、真っ先に思い浮かぶのはスティーブ・ジョブズやビル・ゲイツといったカリスマだろう。そういった人たちはみなリスクを恐れることなく、自分の信念にまっすぐ突き進んで成功してきた偉人で、私たちとは住む世界が違うと思っているかもしれない。しかし、オリジナルな人というのは私たちが思うよりもずっとふつうの人たちなのだ。

おもしろいことに、彼らもできることならリスクは回避したいと思っている。たとえばマイクロソフトを創業したビル・ゲイツや、グーグルを創業したラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンは、起業をしてからも事業が軌道に乗るまでは学業を継続していた。ジョブズとともにアップルを起業したウォズニアックもアップルを創業してから1年はHPでエンジニアとして働いていた。起業家というと会社を辞め、リスクをとって事業に専念するイメージがあると思う。しかしそういったギャンブラータイプの起業家よりも、本業を続けながら起業をした人の方が失敗する確率は低いのだそうだ。

たまたま、この本をよむ前に『10%起業』という本を読んでいた。本業を辞めずに10%の時間を使って起業をするという内容の本だ。本著と内容が妙にシンクロしていておもしろかった。併読をしていると、こういったセレンディピティがあるのがおもしろい。

このように、オリジナルな人もリスクを好んでいるわけではないのだ。ただ成功をおさめるオリジナルな人は、ある部分で大きなリスクを冒しつつ、別の部分ではことさら慎重になることでバランスをとっているのだそうだ。

彼らも恐怖や不安を感じている。違うのは「それでも行動を起こす」ということだ。「失敗することよりも、やってみないことのほうが後悔する」というのを身をもってわかっている人たちが、オリジナルな人なのである。

では、最後にシェリル・サンドバーグがこの本に寄せた言葉を引用してレビューを終わろう。

『ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代』は私が今までに読んだ本の中でも、最高にワクワクする本だ。パワフルで、びっくりするようなアイデアであふれている。世界の見方だけでなく、生き方さえも変わってしまうかもしれない。さらには、この世界を変えていこうと決意するきっかけにもなるかもしれないのだから

 

GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本)
作者:アダム グラント
出版社:三笠書房
発売日:2014-01-10
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub
10%起業 1割の時間で成功をつかむ方法
作者:パトリック・J・マクギニス 翻訳:長谷川 圭
出版社:日経BP社
発売日:2016-06-17
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub
記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら