『ある日うっかりPTA』誰もが知っているつもりで、じつは分かってなかった別世界

東 えりか2017年05月26日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ある日うっかりPTA
作者:杉江 松恋
出版社:KADOKAWA
発売日:2017-04-28
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

子どものいない者、あるいは遠い昔に子育てを終えた人からすると、PTAは秘密結社のように見える。子を人質にとられた親が、学校と教育委員会に労働力を捧げるようなものだ、と思っていた。 

杉江松恋はフリーランスのライターで主にミステリ小説の評論を書いている。身の丈は180センチを超し、体重は100キロオーバー。トレードマークは金髪に髭にサングラス。それなのに話し方は優しく論理的で腰が低いので、かえってその筋の人に見えてしまう。つまり、あまり関わりになりたくない雰囲気の人だ。 

ただ仕事柄、平日の昼間は家にいるし、好奇心は滅法強い。子どもが通っている小学校にも機会があれば顔を出していた。そんな姿でうろうろしていれば当然目立つ。意外と真面目そうだし、どうだろうということで、PTA会長の白羽の矢が立った。すったもんだはあったものの、杉江は3年間、区立桜庭台小学校のPTA会長を務めることとなった。

サラリーマン生活も長かった杉江のこと、一般常識は持ち合わせていたが、PTAにはPTA独自の常識が存在していた。本書で上げられたその常識はなんと35個。

PTAの規則は学校によってまちまちで、統一のルールはない(常識その1)から始まり、参加は任意で(常識その3)行政組織として「官」へ協力することがあらかじめ盛り込まれており(常識その16)子どもの入学から卒業まで、しかるべき点数分の役割分担を求められる学校がある(常識その32)など、傍からは知りえないことが満載されている。 

1年目は前任者の仕事の踏襲だったが、2年目からは理不尽だと思うものは改革していく。その姿勢がかっこいい。伴走する校長ともウマがあったことが大きかっただろう。

子を介在させているとはいえ、PTAも人と人との信頼で成り立っている。あまり怖がらず、違う世界に飛び込んでみるのも面白そうだ。(週刊新潮5月25日号より転載)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新宿警察(1) 捜査篇 新宿警察
作者:藤原 審爾
出版社:アドレナライズ
発売日:2017-04-28
  • Amazon Kindle

 

 最近、藤原審爾の傑作『新宿警察』シリーズ10巻を杉江松恋が監修して復刊。その昔、夢中になって読んだっけ。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事