月1億8000万円稼いだ『ストリップの帝王』の栄枯盛衰

栗下 直也2018年01月30日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ストリップの帝王
作者:八木澤 高明
出版社:KADOKAWA
発売日:2017-12-22
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

文字通り「ストリップ産業の帝王」となった男の評伝だが、タイトルだけで敬遠すると損をする一冊かもしれない。

冒頭から過激だ。ストリップ劇場に刃物を持って押しかけてきたヤクザを、病院送りにするところから物語は始まる。殺人2件、殺人未遂7件のヤクザを失神させる男とはどんな男かと想像は膨らむ。ストリップという産業からしても主人公はチンピラ崩れかと思われるかもしれないが、実は元銀行員。1941年生まれの瀧口義弘は子どもの頃から腕っ節は強く成績優秀。高校は進学校に進んだが、大学への進学を拒否し、地元九州の地方銀行に就職する。

運命を変えるのは一本の電話だ。瀧口の親族は銀行員や公務員など堅い職業が多いが、なぜか姉がストリッパーだったことが人生を決定づける。30歳を過ぎた頃に、劇場の経理を電話一本で依頼され、妻子を残し、1975年に上京する。もちろん、仕事への不満もあったようだが、常人には理解しがたい決断である。

1970年代はストリップに本格的なブームが到来する前夜。インターネットなどもちろんなく、女性の裸に飢えた男どもを惹きつけていた。

ショーもダンサーの踊りで魅了する内容からどんどん過激になっていった。性器の露出はもちろん、客を舞台に上げて本番行為に及ぶ「まな板ショー」や劇場内の個室での性的サービスも出現し始める。こうした過激なショーを日本中に広めたのが瀧口である。

ストリップブームと聞いても、現在からは想像もつかないが瀧口の月収が1億8000万円あったということから、熱狂ぶりがわかるだろう。

もちろん、それだけ稼ぐということは、行動も規格外である。手入れを繰り返す警察に抗議するため、ダイナマイトを腹に巻いて乗り込むなど常識外の行動力で全国の劇場を支配下に収める。グレーゾーンどころか真っ黒な行為も少なくなく、不法滞在の外国人を劇場に派遣したことで、職業安定法違反で指名手配される。驚くべきことに瀧口は時効の7年間を逃げ切ることを決意。全国各地を転々としながら、踊り子の差配などを続けた。

指名手配から逃げ切った瀧口だが、次第に神通力に陰りが見え始める。同業者から劇場の再建業務を引き受けていた瀧口は、瞬く間に客足を戻らせていたが、次第に難しくなる。瀧口自身のストリップはかくあるべきという理想が瀧口を「ストリップの帝王」に登り詰めさせたが、あまりにも成功体験が強烈で、自らの型に固執した結果、時代の変化に取り残されることになる。踊りへのこだわりを見せながらも安易な性サービスを収益の柱とした時点で結果的に「業界の破壊者」になってしまったとの著者の指摘は尤もだろう。

瀧口自身、もともと好きで始めた仕事でもなく、経営が好調な時に事業を他社に売却しようとしたり、息子に継がせようと試みたりするが、歯車が少しずつかみ合わなくなる様は、もどかしい。評伝として文句なく面白いだけでなく、企業経営の観点から読んでも示唆に富んでいる。産業の盛衰の早さや、事業を手放すタイミング、後継者育成の難しさを浮き彫りにしている。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon Kindle

『ノンフィクションはこれを読め! 2014』電子版にて発売中!

HONZ会員登録はこちら

人気記事