『辺境の怪書、歴史の驚書、ハードボイルド読書合戦』スタンダードの求心力と辺境の遠心力

内藤 順2018年03月19日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
辺境の怪書、歴史の驚書、ハードボイルド読書合戦
作者:高野 秀行、清水 克行
出版社:集英社インターナショナル
発売日:2018-04-05
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

読書会のやり方は人によって様々だと思うが、面白く実施するためにはいくつかの条件がある。たしかに同じような読書量のメンバーが集まり、本をネタに好き勝手言い合うだけでも、それなりの楽しさはあるだろう。

しかしそれを継続的に習慣化していくためには、少なからず妄想のような会話にリアリティが伴ってくる必要がある。HONZの例で言えば、サイエンス本の話に触れながら、ふと感じた疑問に答え合わせのできる状況が整えばグッと面白くなるのだ。だからHONZの朝会にわざわざ大阪からやってくる大学教授の存在には、得難いものがある。

また信じられないようなノンフィクションを前にそれに近しい体験をしたことのある人の話が加わった時にも、盛り上がりを見せることが多い。自分では想像するしかなかったことが、誰かの体験と地続きになることで、一気に自分ごと化するような感覚が味わえるのだ。

そういった意味で本書に収められている読書会は、人選の段階で成功が約束されていたとも言えるだろう。世界の辺境を主戦場とするノンフィクション作家・高野 秀行、そして日本中世史を専門とする大学教授の清水 克行。この2人が互いに8冊の本を指名し、足掛け2年間をかけて語り合った。そのハードボイルドな読書会の模様を収めたのが、本書『辺境の怪書、歴史の驚書、ハードボイルド読書合戦』である。

読書会のやり取りを通して、高野は清水に答え合わせを求め、清水は高野に想定外の問いを求める。その引き合う力が、ただの雑談に終わらせない何かを生み出している。さらに選書も、スゴい。『ゾミア 脱国家の世界史』『世界史の中の戦国日本』『大旅行記』『将門記』『ギケイキ 千年の流転』『ピダハン「言語本能」を超える文化と世界観』『列島創世記』『日本語スタンダードの歴史』という実にディープな8冊。正直、僕が読んだことがあるのは2冊のみであった。

これらの本を取り出しながら2人が試みているのは、常識と非常識を入れ替えていくようなアナーキーな企みだ。清水はアカデミックな観点から、高野は実際に見聞きした体験談から、それらにリアリティを付加していく。

一冊目の『ゾミア』から衝撃は走る。ゾミアとは、インド、ベトナムから中国南部にまたがる山岳地帯を指す。従来の人類学では、ゾミアの山岳地帯に住む人々は、文明に乗り遅れた未開の人たちと捉えられてきた。しかし本書では、その見方を完全にひっくり返し、定住型国家から逃げていった人たちがそこに「戦略的な原始性」をつくり出したものと主張する。さらに国家をかわすため意図的に文字を捨て、リーダーを作らなかったとまでいうから、実にスリリングな内容だ。

次に紹介されるのが『世界史のなかの戦国日本』。本書では、16世紀〜17世紀における日本の辺境として、蝦夷地、琉球、対馬に着目する。これらの地域は、国家という枠組から見ると辺境に位置づけられるが、それはあくまでも現代的な視点に過ぎない。むしろ当時の感覚に合わせて東アジアの中心と捉え、豊臣秀吉と女真族のヌルハチを並べてみたりする。その地図の書き換えは、新たな景色を生み出す。

この他にもHONZで話題になった『ピダハン』や、HONZでは対象外となる時代小説『ギケイキ 』などにも惹かれるが、最も興味深いのは本書がなかったら絶対に手を出さなかったであろう以下の2冊だ。

列島創世記』は、無文字社会であった時代における日本の土器の造形美やデザインをテーマにした一冊だ。縄文時代から弥生時代にかけての、デザインの「凝り」に着目しているのが特徴である。普通の感覚なら、ホモ・サピエンスは最初に実用的な土器を作るようになり、暮らしが豊かになるにつれデザイン性の高い土器を作るようになったものと考えがちだろう。

しかし実際は、逆なのだ。縄文時代ではゴテゴテに凝った土器を作っていたのに、弥生時代になるにつれ、土器はシンプルになっていく。この要因を、文化ではなく認知レベルの違いと主張するのだ。本書は「ホモ・サピエンスの心」に着目する認知考古学という分野への良き入門書になってくれることだろう。

そして最後に紹介されるのが『日本語スタンダードの歴史』。これは、明治維新以降いわゆる「江戸山の手言葉」が現代標準語になったという通説を覆す。スタンダードな標準語はそれ以前から各地に広まっており、明治前期の東京の人口回復期に、スタンダードを話せる官員や会社員や教員や書生が上京して山の手に住みついたのだという。つまり東京語が「標準語」になったのではなく、「標準語」が東京語を作ったのである。

全編を通して緩やかにつながっているのが、スタンダードの求心力と、辺境の遠心力が引き合いながら平衡を保っている様だ。思えば現代社会においても、画一的な社会から多様性の溢れる方向へ不可逆に変化を遂げているものと思いがちだ。

しかし実際は、世界における多様性とは時代や場所を問わず一定だったのではないかという印象を受ける。それが多様性への一方通行に感じてしまうのは、辺境について知らないだけであったり、もしくは辺境の側が知られることを望まなかったりしたからではないだろうか。

一方で、多様性や分散型というものが持ち上げられがちな昨今の風潮も、一面的な物の見方に過ぎないことが理解できる。辺境の多様性というものを知れば知るほど見えてくるのは、スタンダードというものの持つ影響力の大きさだ。

「ここではないどこか」を求める著者二人が、時間・空間を彷徨いながら、最終的に「今・ここ」のスタンダードへと帰着した点は非常に興味深い。読書会におけるお互いの存在が、現実から逃避することを許さなかったのではないかと推察する。

何度も何度も、我々の常識や思い込みを鮮やかに裏切ってくれる言説の数々、そこに圧倒的なリアリティを付加してくる二人のガイド。本を読むことだけでなく、語り合うことの面白さも存分に堪能できる一冊と言えるだろう。

ゾミア―― 脱国家の世界史
作者:ジェームズ・C・スコット 翻訳:佐藤 仁
出版社:みすず書房
発売日:2013-10-04
世界史のなかの戦国日本 (ちくま学芸文庫)
作者:村井 章介
出版社:筑摩書房
発売日:2012-04-01
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub
大旅行記〈1〉 (東洋文庫)
作者:イブン バットゥータ 翻訳:家島 彦一
出版社:平凡社
発売日:1996-06-01
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub
将門記・陸奥話記・保元物語・平治物語 (新編 日本古典文学全集)
作者: 翻訳:柳瀬 喜代志
出版社:小学館
発売日:2002-01
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub
ギケイキ:千年の流転
作者:町田 康
出版社:河出書房新社
発売日:2016-05-12
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub
ピダハン―― 「言語本能」を超える文化と世界観
作者:ダニエル・L・エヴェレット 翻訳:屋代 通子
出版社:みすず書房
発売日:2012-03-23
旧石器・縄文・弥生・古墳時代 列島創世記 (全集 日本の歴史 1)
作者:松木 武彦
出版社:小学館
発売日:2007-11-09
日本語スタンダードの歴史――ミヤコ言葉から言文一致まで
作者:野村 剛史
出版社:岩波書店
発売日:2013-05-31
記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事