足立 真穂

足立 真穂

東京生まれ。大学を卒業後、「矢来町」のとある出版社に勤務。国内外の実用書から学術系の本まで、幅広いテーマの本作りを手がけている。書籍編集のかたわら、ロダンの有名な彫刻作品と同名の季刊誌にも創刊時から関わっている。趣味は落語、狂言、温泉。ときどきマラソンを走っているものの、タイムはいまひとつ。
1 2 3 4
  • 「鳶」兼「写真家」 『解業』

    「鳶」兼「写真家」 『解業』

    足立 真穂 足立 真穂 2015年10月13日

    「月刊 鈴木育郎」プロジェクトは、私が今回購入した、第一弾の『解業』(げごう)を皮切りに、毎号、判型・ブックデザイナー・ページ数を変えて、毎月1年間、これから刊行していく予定。これまで鈴木さんが作っていた80冊ほどの私家版の本がこの土台にあ……more

  • ぬくもりあるガラスの世界 『はじまりのコップ 左藤吹きガラス工房奮闘記』

    ぬくもりあるガラスの世界 『はじまりのコップ 左藤吹きガラス工房奮闘記』

    足立 真穂 足立 真穂 2015年09月13日

    コップにまつわるノンフィクション、と言われても? ガラスのコップをイメージした装幀に、サブタイトルは「左藤吹きガラス工房奮闘記」とある。ガラス食器などを吹いてつくる左藤さんと、その人が生み出すものに惹かれた書く人のものがたり。「年収200万……more

  • ラオスで昆虫採集だ! 『虫の虫』

    ラオスで昆虫採集だ! 『虫の虫』

    足立 真穂 足立 真穂 2015年07月13日

    虫好きで知られる養老孟司さんはきょうも命がけで昆虫採集中(これ、ほんとうにそうなのです)。まだ見ぬゾウムシを追いかけて、はるかラオスの山奥へ! 軍用トラックに乗り込み、蝶採り達人でもある現地ガイドのナビでやたらと走り回る、虫のことしか考えて……more

  • 全米が泣きそう『紋切型社会』

    全米が泣きそう『紋切型社会』

    足立 真穂 足立 真穂 2015年06月14日

    「若い人は、本当の貧しさを知らない」「会うといい人だよ」「うちの会社としては」「誤解を恐れずに言えば」……う、言っちゃってるよ。使っちゃってるよ。そう自らを反省してしまうあなたこそ読むべき一冊。さて、「言葉で固まる現代を解きほぐす」とはどう……more

  • 日本語って、深い 『辞書編纂者の、日本語を使いこなす技術』

    日本語って、深い 『辞書編纂者の、日本語を使いこなす技術』

    足立 真穂 足立 真穂 2015年05月13日

    『舟を編む』(三浦しをん著)が本屋大賞を受賞したのが2012年。そのころだろうか、「辞書ブーム」が来たのは。本書は、その立役者のひとり、三省堂国語辞典(「三国」[さんこく]とも呼ぶ)の編纂者が語る、人間関係をスムーズにすることばの作法集。ち……more

  • 珍書の時代 『ヘンな本大全』

    珍書の時代 『ヘンな本大全』

    足立 真穂 足立 真穂 2015年02月13日

    「珍書」。それは気がつけば、いつのまにか成立していたよくわからないジャンル。「本好きが選んだ、思わず笑える怪書ガイド」とのうたい文句の通り、愛すべき奇書150冊を取り上げた本への偏愛ぎっしりの一冊だ。珍書時代がやって来た! のか? とにかく……more

  • 羊をめぐる食の冒険 『東京ラムストーリー』

    羊をめぐる食の冒険 『東京ラムストーリー』

    足立 真穂 足立 真穂 2015年01月13日

    羊齧協会。ひつじかじりきょうかい、と読むらしい。年末の忘年会で、最近SNSが羊肉で満ちている友人に教えてもらったのだが、聞いた事のある人はいるだろうか? この羊肉LOVERの団体による羊レストラン71店のガイド本を紹介しよう。…more

  • 刑事の凄みが匂い立つ 『張り込み日記』

    刑事の凄みが匂い立つ 『張り込み日記』

    足立 真穂 足立 真穂 2014年12月13日

    実際の殺人事件を捜査する刑事たちに密着・撮影した、実録写真集。時代は、戦後まもない昭和33年、モノクロの陰影がバラバラ殺人の謎を深めていく――神保町でイギリス人に「発見」され、フランスの出版社を経て、日本でも刊行された評判の写真集をもう見ま……more

  • 大作家のすごい顔 『文士の時代』

    大作家のすごい顔 『文士の時代』

    足立 真穂 足立 真穂 2014年11月13日

    坂口安吾が、ちらかった部屋で原稿用紙を前にこちらを睨む。バーのカウンターで明るい表情で太宰治が談笑している。めったにないクローズアップの川端康成の瞳が何かを見据えている……記憶にある、印象的な日本の大作家の顔は、この人の手によるものがほんと……more

  • 目をむき、声を失う写真 『トランクの中の日本』

    目をむき、声を失う写真 『トランクの中の日本』

    足立 真穂 足立 真穂 2014年09月13日

    「米従軍カメラマンの非公式記録」とサブタイトルにある。終戦時に、記録のために日本に入った米軍のカメラマンが、私物のカメラで撮影していた、69年前の終戦直後の日本の姿。その300枚のネガは、いまわしい記憶とともに、トランクの中に封印されていた……more

  • 行ってきました、日本製紙石巻工場! 『紙つなげ!』

    行ってきました、日本製紙石巻工場! 『紙つなげ!』

    足立 真穂 足立 真穂 2014年08月13日

    話題の『紙つなげ!』がついに7万部突破とのニュースが入ってまいりました。おめでとうございます。そこで、勝手に応援団を名乗るHONZも石巻工場におじゃますることに。ついに、あのマシンに会える――まずは東北新幹線で仙台へ! 胸アツ取材のはじまり……more

  • ようやるわ。でも、よくやった! 『東京大学の学術遺産 捃拾帖』

    ようやるわ。でも、よくやった! 『東京大学の学術遺産 捃拾帖』

    足立 真穂 足立 真穂 2014年07月13日

    ようやるわ。もうこの一言に尽きるでしょう、この本は。東京大学図書館の貴重書耐火地下倉庫に眠っていたお宝資料を、ひたすらめくり続け読み込んでのセレクト面白資料集。集めた方も集めた方なら、拾った方も拾った方。で、それがカラーの新書で読めるのです……more

  • 神に近い存在『鳶』

    神に近い存在『鳶』

    足立 真穂 足立 真穂 2014年06月13日

    上空数百メートルを自由自在に飛び回る、リアル「鳶」職人ライフ。姿を見かけたことはあってもよく知らない――内実が書かれているのだけれど、とにかく、鳶の人たちは、熱い! 写真を見ているだけでドキドキしてくる。…more

  • 天才数学者の青春 『定理が生まれる 天才数学者の思索と生活』

    天才数学者の青春 『定理が生まれる 天才数学者の思索と生活』

    足立 真穂 足立 真穂 2014年05月04日

    数学のノーベル賞と言われる「フィールズ賞」を受賞した天才数学者による、定理を証明するまでの舞台裏と日常――この本の内容を一言でいうと、そうなるだろう。ただ、本を手に取ったほとんどの人が、なんとも不思議で神秘的な瞳を持つ、帯の著者写真に目を奪……more

  • 豚をめぐる冒険 『イベリコ豚を買いに』

    豚をめぐる冒険 『イベリコ豚を買いに』

    足立 真穂 足立 真穂 2014年04月13日

    「イベリコ豚はスペインの黒豚だ」。ブッブー。「イベリコ豚はいつもどんぐりを食べている」。またまた、ブッブー。それじゃ、イベリコ豚ってなに? というわけで、実物を見たことのある日本人の紹介で、現地へと取材に……。…more

1 2 3 4
ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事