『ストラディヴァリウス』

成毛 眞2008年11月01日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ストラディヴァリウス―5挺のヴァイオリンと1挺のチェロと天才の物語
作者:トビー フェイバー
出版社:白揚社
発売日:2008-10
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

17世紀から18世紀にかけてイタリアのクレモナでアントニオ・ストラティヴァリウスによって作られた5挺のヴァイオリンと1挺のヴィオラの物語だ。600挺ほど現存している「ストラティヴァリウス」は現在でも最高の価格が付くヴァイオリンである。1994年に日本音楽財団が購入した「パガニーニ・カルテット」といわれる2挺のヴァイオリンと1挺のビオラ、1挺のチェロのセットの価格は1500万ドルだった。本書の主役の1挺である「ケーフェンヒューラー」という1挺には805万ボンドの値がついていた。円高のいまでも11億円を超える。

この本の著者は1965年生まれのイギリス人だ。本書が最初の著作だという。しかし前半のストラティヴァリ本人の伝記はこの本に尽きるといっても良いほどの出来だ。イギリス人特有の歴史と工芸品への顕微鏡的なこだわりがある。物事を総覧的に記述するという本能があるといっても良い。羨ましい限りだ。日本の文物についてもこのような本を読んでみたい。

後半はおもに5挺のヴァイオリンと1挺のヴィオラのまさしく「人生」を描いている。競争者の出現、主人としての持ち主、友としての演奏家、それぞれの楽器の毀誉褒貶は信じられないほど人間のそれに似ている。とはいえ著者は楽器を人生のメタファーとはしていない。そんな姑息なことをしないのが本物のノンフィクションなのだ。

本書は内容の濃密さゆえ、簡単には読み終えることができない。お正月用に良いかもしれない。今年もあと1ヶ月ほどとなった。確率的には今年最後のお勧めノンフィクション単行本であろうか。まだ数冊の候補があるのでそれを読んでからの結論としよう。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら