『ボクがワイナリーをつくった理由』

成毛 眞2009年06月18日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
僕がワイナリーをつくった理由
作者:落 希一郎
出版社:ダイヤモンド社
発売日:2009-06-19
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

ワイン作りは人類にとって最古の仕事の一つである。すでに紀元前6000年ころのメソポタミアで計画的に作られていたといわれる。いっぽうでワインは壮大なベンチャービジネスでもある。1960年台後半にロバート・モンダビが高級ワインを作り始めたことで、いまではワイナリーはカリフォルニアの代表的な産業となっている。お洒落で儲かるビジネスになったのだ。

もちろんワイン作りは農業を基礎としている。ワインに向いたブドウ作りがなによりも重要だからだ。本書の著者は自家のブドウ畑をもつ業者を「ワイン醸造家」、濃縮ブドウ果汁を仕入れて発酵だけをする業者を「ワイン屋」と呼んで区別するべきだという。まさにそのとおりだ。

出来上がったワインを海外から買い入れ、瓶詰めをして「国産」として出荷しているメーカーがいる。中国のニセモノ工場の話ではない、日本で合法として行われていることなのだ。その正反対に位置するのが著者のワイナリー「カーブドッチ」だ。

それでは著者は家内制手工業のように細々とでも、理想を追いながら、昔ながらの手法でワインを作っているのかと思うと、それは大きな間違いである。最新の技術をもって科学的に栽培し、醸造する。長期的視点にたって戦略的に大きな資金を集め、理想の設備投資をする。ご本人の自然に対する立場は「管理された混沌」である。

そもそも万人受けしないワイナリーを目指す。1割の理解者がいれば十分であり、その1割の方の期待を裏切らないことが重要だという。効率や便利さを求めない個性の強い存在でありたいという。スタッフとお客様との関係が気持ち的にフィフティ・フィフティであるのが理想だという。

本書を読みながら、著者と一体化してしまった。ボクの理想と生き方に完全に一致する。2000年に45才で外資系企業をやめたときに、この著者と知り合いになっていたら間違いなく著者の隣でワインを作っていただろう。著者によれば自身の経験から44才でのスタートがぎりぎりだったというのだ。本当に残念だ。

本書を読んで、明日にでもこのワイナリーがある新潟に行ってみたいのだが、来週からは株主総会シーズンで忙しい。しかたがないのでカーブドッチワイン6本セット木箱入りを30分前にメールオーダーしてみた。けっしてアルコール依存症ではないのだが、朝からワインのことを考えてワクワクしている。

本書は凡百のベンチャービジネス成功物語とは比較にならない味わいのあるビジネス書だ。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら