『出ない順 試験に出ない英単語』新刊超速レビュー

土屋 敦2012年10月27日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世の中には真の意味で、役に立たない本というものがある。あらゆる本は役に立たない、という議論もあるが、そんな深遠なことじゃなく、見た瞬間に役に立たないとわかる本、ばかばかしさやくだらなさを乗り越え、「役立たずな方向」に、全力で、一生懸命、真剣に突き進む本たちのことだ。最近なら『醤油鯛』もすばらしいが、ここにまた一冊、そんな愛すべき本が誕生した。

出ない順 試験に出ない英単語
作者:中山
出版社:飛鳥新社
発売日:2012-10-27
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

試験に出ないのである。しかも「出ない順」である。

ちなみに最初の単語、すなわちもっとも出ない単語はsalmon carpaccioである。carpaccioって英語か、というツッコミは脇に置き、例文は下記だ。

Bob laughed so hard that the salmon carpaccio came out of his nose.

ボブは笑い過ぎてサーモンカルパッチョが鼻から出ました。

皆さん、大事ですから暗記して下さい。

対象は大学受験ではなくTOEIC。基本はサラリーマンの会話である。

Bob secretly replaced the assistant manager's treasured Chocorooms with Chococones.

ボブは係長が大事にしていたきのこの山を、こっそりたけのこの里に交換した。

あまりに酷い。号泣する係長の姿が目に浮かぶ。みなさん、これで、「Chocorooms」(きのこの山)と「Chococones」(たけのこの里)を覚えましたね。

What did you do with the client list?

I inserted into the section chief's bottom cleavage

「顧客リストどこやった?」

「課長の尻の割れ目に挟んでおいたわよ」

この例文で覚えるべき単語は言うまでもなくbottom cleavage。もう忘れられないはずだ。

本書の単語は下ネタが多くを占めるが、戦争、兵器ネタが結構含まれているのも好ましい。

Could you do an army crawl with me past the station tonight? It`s dangerous there.

今晩ご一緒にほふく前身どうですか? 駅近くに危険地帯を見つけたんですよ。

きりがないので、これぐらいにするが、これらはまだ穏やかなほう。例文が過激になればなるほど、あるいはくだらなくなればなるほど、思わず、掲載された英単語を覚えてしまう(そして覚えても役に立たない)。

twitterでは人気を博しているが、本書はしっかりとネイティブのチェックを受け、また渾身のイラスト、さらにネイティブの発音が聞けるCDまで付いている。暗記し、CDを繰り返し聞けば、「無駄な努力」という、日本における英語学習の本質を体感することができるだろう。

ちなみに、版元は今HONZ的に注目の飛鳥新社。朝会でもなぜか飛鳥新社の本が次々登場し、皆で、飛鳥新社はいったいどうしてしまったのか、と話題になっていたのだ。

下記ラインナップを見ればわかるように、そこには驚くべき「書物多様性」がある。貧すれば鈍すという言葉のとおり、業界が縮小すればするほど、ベストセラーの二番煎じや、一定の読者を確保しやすい安直な企画に流れていき、さらに読者が離れてゆく、という悪循環が生じるが、そんななかでのこのラインナップは、まさに「神保町の奇跡」である。編集もスゴイ(というかちょっとオカシイ)が、営業もエライ。『精密立体 ペーパーバイオロジー』(下記参照)とか、どう売ろうか思わず頭を抱えたことだろう。その苦労は察するに余りある。

精密立体 ペーパーバイオロジー (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)
作者:土屋英夫
出版社:飛鳥新社
発売日:2012-09-08
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

三葉虫やアノマロカリス、ロバート・フック顕微鏡などのペーパークラフトが作れてしまう、ディープすぎる一冊。私が朝会で嬉々として紹介したが、その頃すでに成毛眞はアノマロカリスを作っていた。

世界で一番詳しいウナギの話 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)
作者:塚本勝巳
出版社:飛鳥新社
発売日:2012-09-07
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
村上浩の琴線にも触れる一冊。海洋調査のリアルな実態も面白かった。

ゼロからトースターを作ってみた
作者:トーマス・トウェイツ
出版社:飛鳥新社
発売日:2012-09-14
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
東えりか絶賛。レビューはこちら。よくぞ翻訳出版した! 著者インタビューももうすぐ出します。

リーダーを目指す人の心得
作者:コリン・パウエル
出版社:飛鳥新社
発売日:2012-09-29
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

こちらは久保洋介が心惹かれた一冊。

川ガキ
作者:村山嘉昭
出版社:飛鳥新社
発売日:2012-07-25
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

いいですね〜。足立真穂が朝会で紹介。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事