『古代日本の超技術』を年の初めに

内藤 順2013年01月01日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古代日本の超技術 改訂新版 (ブルーバックス)
作者:志村 史夫
出版社:講談社
発売日:2012-12-21
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

毎年、初詣などで神社仏閣系の場所を訪れると、心なしかほっとした気分になる。めまぐるしい変化にさらされている昨今、何年も変わらぬ佇まいを見るということは落ち着くものだ。

世界最古の木造建築である法隆寺五重塔をはじめ、日本には古代からの木造建築が、今でもたくさん現存している。周辺の建物が様変わりしていく中、なぜこれほどもの長い間、これらの建築物は風雪に耐え抜くことができたのか。

答えの一つに、「古代人」の技術が「現代人」の技術を上回る要素を持っていたということが挙げられる。そんな馬鹿なと思うかもしれないが、紛れもない事実なのだ。本書はそんな、1000年を耐えぬいた古代人たちの技術や思想を紹介した1冊である。

たとえば釘。現代の釘は外に出しておくと10年も経たないうちに真っ赤に錆びてしまうが、飛鳥時代の釘はおよそ1300年ものあいだ新品同様の状態を保っており、この先1000年使っても大丈夫と言われているほどである。古代の釘が朽ちないのは、純度、環境、そして高度な鍛錬を行なっていたからなのだという。

瓦も同様である。古代の瓦は、雨の日は木造建築物の天井裏から室内の湿気を保湿し、天気になればそれを屋根から蒸発させる。つまり自ら呼吸をし、屋内の湿度調節をすることによって、高温多湿の日本の気候から、古代木造建築物を内からも守ってきたのだ。

最先端技術を駆使して量産されている現代瓦が古代瓦に劣る。これは一言でいえば、現代の技術が「生産性」「経済性」「効率」にひたすら応えようとしてきたことの裏返しにほかならない。自然を活かし、自然に活かされていた古代日本の技術が、この方向に舵を切り始めたのは室町時代以降から。それはまた、日本に「成金文化」が栄え始めた時代でもあったのだという。

釘、瓦などの部品のみならず、建物が長期に渡って現存するためには、地震などの天災に対処する術も持っていなければならない。これを可能にしているのが、五重塔などに見られる心柱である。これが制振のシステムとして極めて重要な役割を果たしているのだ。

心柱の直接的な役割は、当の先端部にある相輪を支えることである。つまり、もっとも太い柱であるにもかかわらず、心柱は塔の荷重を支えることにはまったく貢献していない。それゆえに、心柱はちょうど観音開きの扉を固定する閂のような働きを行い、高度の耐震性能を決定づけているのだ。

じつはこのような"心柱制振システム"は、日本古来の木塔に必ず使われている「古代日本が誇る伝統的技術」であるそうだ。地震国である日本にあって、木造の高層建築物である木塔が、地震で倒されたという記録はほとんど残されていない。

だが、本当に驚くのはここからである。昨年開業した東京スカイツリー。この塔のど真ん中にも、鉄筋コンクリート製、高さ375mの"心柱"を挿入した「世界初」の制振システムが使われているのだ。世界一の高さを誇る塔に「古代日本の心柱」である。これなどまさに、現代の最先端技術と、古代日本の超技術との邂逅とも言えるだろう。

出典:東京スカイツリー オフィシャルサイト

釘、瓦、心柱。これらは建物というプラットフォームにおいては一つのパーツに過ぎない。ただ、パーツに特化しているがゆえに、その技術は輪廻転生のように、長いあいだ繰り返し使われ、常に最先端のポジションを維持することができたのだ。本書で描かれているのは、そんな脇役たちの華麗な競演だ。

本書ではこの他にも、木目に沿って伐り倒した木を打ち割る木材加工技術や、鉄線を使って粘土をスライシングする瓦の成形工程などが紹介されている。著者は、長年、半導体結晶に関する技術に従事してきた人物。これら古代の技術が、今でも半導体の結晶の切断などに応用されていると、驚きを隠さない。

よし、今年はこのイメージで行こう。本の文脈に沿って、鉄線でスライシングしたような書評。う〜ん、ちょっと違うかな。

そんなわけで、皆様、本年もどうぞよろしくお願いします!

—————————————————————–

鬼に訊け -宮大工 西岡常一の遺言- [DVD]
監督:山崎佑次
出版社:マクザム
発売日:2012-08-31
  • Amazon

”鬼”と称さられた宮大工・西岡常一のインタビュー映像の数々。法隆寺三重塔、薬師寺金堂・西塔の再建を通じて、木の素晴らしさを説いていく。木の命を生かし、千年の建物を残す、そんな永遠なるものへの想い。

建設業者
作者:
出版社:エクスナレッジ
発売日:2012-10-01
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

ゼネコンの下請けとして働く職人から、宮大工・社寺板金のような伝統的建造物に携わる職人まで、建築に関わるあらゆる人たちにインタビューした「職人ドキュメント」。レビューはこちら

東京スカイツリーと東京タワー―鬼門の塔と裏鬼門の塔
作者:細野 透
出版社:建築資料研究社
発売日:2011-09-17
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

首都を代表する二つの電波塔が、皇居の鬼門と裏鬼門の方角に向かい合う。はたしてこれは偶然なのか。本書はそんな東京の隠された構造を、鬼門というコンセプトのもとに読み解こうという一冊。レビューはこちら

限界デザイン (TOTO建築叢書)
作者:三宅 理一
出版社:TOTO出版
発売日:2011-11-18
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

建築を恒久的なものと捉えず、一時的なものと捉えるとどう見えるのか。極限的な状況下において成立する人間の住まいを広く眺め、今日の住まいのあり方を問い直してみようという一冊。レビューはこちら

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら