『複雑で単純な世界』 新刊ちょい読み

成毛 眞2011年12月01日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4772695265 複雑で単純な世界: 不確実なできごとを複雑系で予測する

「またまた複雑系か、そろそろ飽きちゃった」と思ったあなたは深刻なポピュラーサイエンス本マニアである。ニール・ジョンソンは元オックスフォード大学の物理学教授。現在はマイアミ大学「複雑性に関する学際的研究グループ」主任だ。「カオスとフラクタル」「金融市場の動向を予測する」「感染症、癌をいかに抑えるか」「自然と量子ゲーム」などの12章。各章には5つの節が設定されていて「暴落の分類学」「渋滞税の額を変化させる」「放射性崩壊と交際の進展」「似てくるテロ、内戦、国家間戦争」などなど。話題は独立しているようなので、どこから読み始めるか考えるのも楽しみだ。本書とぜんぜん関係がないが、オックスフォード大学は26人のイギリス首相、、47人のノーベル賞受賞者、6人のイギリス国王、50人以上のオリンピックメダリストを排出している。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら