『タブーの正体!』新刊ちょい読み

栗下 直也2012年01月18日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タブーの正体!: マスコミが「あのこと」に触れない理由 (ちくま新書)

タブーの正体!: マスコミが「あのこと」に触れない理由 (ちくま新書)
  • 作者: 川端幹人
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2012/01/05
  • メディア: 新書

著者は惜しまれながら04年に廃刊した『噂の真相』(ウワシン)の元副編集長だ。「ウワシン」といえば、首相の買春検挙歴疑惑のスクープなどタブー知らずの中身が売りだったが、本書ではメディアと皇室、右翼、企業、芸能界との関係に踏み込み、「メディアが書けない」タブーはなぜタブーなのか、その内側に迫っている。

正直、ぱらぱらと読んだ時は、「聞いたことある話も少なくないな」と新鮮さを感じなかったのだが、よく考えれば、私、中学生の頃から廃刊まで約10年間、同誌を愛読していたのだった!すっかり忘れていたが、脳みそが未だにウワシン慣れしており、麻痺しているのだろう。著者が右翼に襲撃された事件など知らなければぶっとぶ話だ。HONZ定例会で代表の成毛が「皇室のところはよく書いたよなー」とつぶやいていたが、確かに。ウワシンでも実話誌でもなく、新書、それもちくま新書でこの内容はちょっとした驚きだ。

「ちょい読み」での紹介なので、ひとつひとつの事例への言及は避けるが、私自身がメディア村の隅っこではあるが、企業取材をする身としては、経済タブーの項などは唸ってしまう記述が多かった。いかにメディアが大企業に籠絡され、ズブズブの関係で身動きができなくなっているか。身につまされるところも少なくない。内容はよくありがちなタブー本とは一線を画し、限りなく真実に迫っている。メディアの今に興味のある方にはおススメだ。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら