1月の今月読む本 その2

2012年1月14日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その1で紹介したのは36冊。サブとして持ってきた本も紹介しよう。

その前に初参加の学生メンバー。今回女子二人だけだが、朝7時に六本木に呼び出され、いい大人たちが”わいのわいの”と、まるで昆虫採集で珍しい虫をを見つけたことを自慢するように、新刊をかざす姿に何を思うのだろうか?

 

それはともかく、彼らにも1冊、今月読む本を持ってきてもらった。

 

まずは刀根明日香

 

江戸歌舞伎役者の食乱日記 (新潮新書)

作者:赤坂 治績
出版社:新潮社
発売日:2011-12
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

これはなんと代表・成毛と編集長・土屋とかぶった。なんとすばらしい選書眼。ただ刀根はまだ歌舞伎をみたことがないそうで、マニアの成毛に面倒をみてもらおう。

本書について成毛から、江戸時代の食もさることながら歌舞伎の入門書として優れている、とのこと。

 

続いて一色麻衣

諷刺画で読む十八世紀イギリスホガースとその時代 (朝日選書)

作者:小林章夫
出版社:朝日新聞出版
発売日:2011-12-09
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

これもまたイギリスもの。HONZにイギリスブーム到来か。だいたいイギリス人って嫌味っぽいユーモアが得意だから、諷刺画はおもしろそうだ。

 

欠席の二人もメールでお勧め本を出してきた。

 

井上卓磨

 

東京ノアール 消えた男優 太賀麻郎の告白

作者:東良 美季
出版社:イースト・プレス
発売日:2011-12-15
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

実録暗黒小説とうたわれている。小説なの?

 

塚越啓樹

 

オックスフォード大学・ケンブリッジ大学の入試問題あなたは自分を利口だと思いますか?

作者:ジョン ファーンドン
出版社:河出書房新社
発売日:2011-12-10
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

この本はオーストラリアの久保とかぶっていた。他にすでに読んだメンバーが数人あり。相変わらずみんな早い。

 

ここで一巡したので、あとは予備に持ってきている本をダダダっと紹介する。

仕事で読んでいたり人生に関わることだったりで、それぞれの“人となり”が垣間見えて面白い。

 

鈴木葉月

 

デモいこ!---声をあげれば世界が変わる街を歩けば社会が見える

作者:
出版社:河出書房新社
発売日:2011-12-23
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

えっ。行くの?成毛がぼそりと「フランスデモ、やりたいね」って呟く。意外!

 

土屋敦

 

ロマンに生きてもいいじゃないか―メキシコ古代文明に魅せられて

作者:杉山 三郎
出版社:風媒社
発売日:2012-01
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

まだ発売されていないようだけど、古代メキシコってロマンよねえ。

 

色紀行―日本の美しい風景

作者:吉岡 幸雄
出版社:清流出版
発売日:2011-12
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

奥様が染織家ならばのセレクション。

 

須藤元気のつくり方

作者:須藤 元気
出版社:イースト・プレス
発売日:2011-12-15
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

最近独特のパフォーマンスで人気上昇の須藤元気。ビルマの格闘技「ラウェイ」について土屋、熱く語る。

 

東えりか

 

江戸の生薬屋

作者:吉岡 信
出版社:青蛙房
発売日:2011-12
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

この前、チベット医の本を読んで、日本の薬草に興味を持ったので。

 

ドイツ貴族の明治宮廷記 (講談社学術文庫)

作者:オットマール.フォン・モール
出版社:講談社
発売日:2011-12-13
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

いわゆる明治のお雇い外国人の日記。ここ数年、明治維新直後がマイブーム。

 

エンゾ早川流ロードバイク秘伝の書 (エイムック 2308)

作者:エンゾ早川
出版社:エイ出版社
発売日:2011-12-19
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

賛否が大きく分かれる著者のロードバイク論。私は自転車乗りではないのだけど、今回は「下駄を履くと速くなる!」しかし成毛がこの著者に興味を持って、茅ヶ崎のお店にまで行っているとは知らなかった(笑)

 

栗下直也

 

タブーの正体!: マスコミが「あのこと」に触れない理由 (ちくま新書)

作者:川端 幹人
出版社:筑摩書房
発売日:2012-01-05
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

これは高村和久も推薦していた。著者は元「噂の真相」の記者。あの雑誌が無くなってもう8年か。

 

絵になる子育てなんかない

作者:養老 孟司
出版社:幻冬舎
発売日:2011-10-26
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

3月にパパになる栗下。しかしこの本を買って帰ったら奥様から不気味がられたらしい。養老先生の結論は「子供は虫を採れ!」

 

内藤順

 

アインシュタインファイル――世界一有名な科学者を狙ったFBIの陰謀

作者:フレッド・ジェローム
出版社:太田出版
発売日:2011-12-07
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

またまたFBIのフーヴァー長官!

 

LOVE THE LIGHT,LOVE THE LIFE 時空を超える光を創る

作者:石井 幹子
出版社:東京新聞出版局
発売日:2011-11-16
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

 

照明デザイナー石井幹子はやっぱりこれかなあ。

新・陰翳礼讃

作者:石井 幹子
出版社:祥伝社
発売日:2008-09-06
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

 

新井文月

 

[新訳]戦争論

作者:クラウゼヴィッツ
出版社:PHP研究所
発売日:2011-12-08
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

今、きちんと読むべき本だと思ったそうだ。

それならば、これも読むべきと成毛のお勧めはこれ。

マハン海軍戦略

作者:アルフレッド・T. マハン
出版社:中央公論新社
発売日:2005-02
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

 

文字の歴史 (「知の再発見」双書)

作者:ジョルジュ ジャン
出版社:創元社
発売日:1990-10
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

今読んでいる本らしい。そういえば新井はよく文字の本を持ってくる。

 

あの日に生まれてきた命-宮城、福島で命をはぐくむお母さんの奇跡

作者:鮫島 浩二
出版社:アスペクト
発売日:2011-10-22
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

彼もまたもうすぐパパになる。

 

村上浩

 

触感をつくる――《テクタイル》という考え方 (岩波科学ライブラリー)

作者:仲谷 正史
出版社:岩波書店
発売日:2011-12-07
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

みんな大好き、岩波科学ライブラリー!

 

「お手本の国」のウソ (新潮新書)

作者:田口 理穂ほか
出版社:新潮社
発売日:2011-12-15
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

お国柄とか独特な政策とかってよく言われるけど、本当はどうなの?っていう本。

 

本当に日本人は科学が苦手なのかなあ。小学生の科学実験教室はどこも盛会らしいけど。

 

山本尚毅

 

図解ビジネス情報源 最先端ビジネスがひと目でわかる スマートシティ

作者:岡村久和
出版社:アスキー・メディアワークス
発売日:2011-10-27
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

「スマートシティ」と名乗っている場所へ行っても???ってことが多いのだそうだ。

 

ゴシックの本質

作者:ジョン・ラスキン
出版社:みすず書房
発売日:2011-10-08
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

この本を読んでイギリスに猛烈に興味を持ったらしい。面白そうだ。

 

麻木久仁子

 

謎とき平清盛 (文春新書)

作者:本郷 和人
出版社:文藝春秋
発売日:2011-11
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

本人の推薦文によると…

著者は、今回の大河の時代考証を担当なさっています。中世史にはまるで疎いので、大河ドラマ観ながら一年かけて勉強しようかと。手始めの一冊。

 

学生メンバーの+α

 

一色麻衣

 

小さな天体―全サバティカル日記

作者:加藤 典洋
出版社:新潮社
発売日:2011-10
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

自分が以前暮らしていた場所のエッセイなのだとか

 

漫画の大好きな一色。人気少女漫画家のエッセイだとか。メンバーの反応が薄い…

 

刀根明日香

 

女子大生の間で浅田真央の大人メイクは評判がいいらしい。

 

最後に成毛眞

ホーンブロワー 海の勇者 DVD-BOX1

監督:アンドリュー・グリーブ
出版社:ハピネット・ピクチャーズ
発売日:2004-07-23
  • Amazon

DVDだし小説だし!新しくないし!

 

新刊紹介だけで27冊ありました。その1その2で63冊。

果たして何冊ちゃんと読んで紹介できるのでしょう?

 

次回は2月8日の水曜日の朝7時に集合。

次回は全員参加が望ましい。

今年もよりよき読書生活を営みましょう!

決定版-HONZが選んだノンフィクション (単行本)
作者:成毛 眞
出版社:中央公論新社
発売日:2021-07-07
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

『決定版-HONZが選んだノンフィクション』発売されました!

アーカイブ
2022年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031