『あなたが世界のためにできる たったひとつのこと <効果的な利他主義>のすすめ』 訳者解説 by 関 美和

NHK出版2015年12月21日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チャリティを、情緒でなく数字で考えたらこうなった! 本書『あなたが世界のためにできる たったひとつのこと』は、ピーター・シンガーがシリコンバレーから広がる新たなライフスタイルの全貌を描き出した一冊。誰がために金を稼ぎ、何のために金を使うのか? そしてなぜ今「効果的な利他主義」なのか?(HONZ編集部)

あなたが世界のためにできる たったひとつのこと―<効果的な利他主義>のすすめ
作者:ピーター・シンガー 翻訳:関 美和
出版社:NHK出版
発売日:2015-12-19
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

こんな場面を思い浮かべて下さい。あなたの目の前に、栄養失調で死にそうな子供が倒れています。そして、あなたの手の中には、分け与える水も食べ物も十分にあります。それを倒れている子供にあげたとしても、あなたが困ることはなにもないとしましょう。あなたは手の中の食べ物を、子供に差し出しますか? たいていの人はおそらく、「差し出す」と答えるでしょう。私たちの大多数は、目の前で倒れている子供を見殺しにできるほど、自分は残酷な人間ではないと思っているはずです。ですが、本当にそうでしょうか?

現在、世界では8億人を超える人々(世界人口のおよそ9人に1人)が飢餓に苦しんでいます。途上国で栄養不良により5歳になる前に命を落とす子供の数は年間500万人にのぼります。ですが、これは避けられる死だと言われます。たとえば、5000円で一人の子供を一年間飢餓から救えます。ですから、仮に毎年日本の人口の4%弱が1日15円を寄付すれば、500万人全員が命をつなぐことができるわけです。現在の私たちは、救える人を見殺しにしている点で、先ほどの倒れている子供に食べ物を与えない残酷な人間と変わらない、と著者のピーター・シンガーは言います。

では、なぜ私たちは救えるはずの命を救っていないのでしょうか? 思いやりがないからでしょうか? シンガーは、その原因を思いやりのなさではなく、理性の欠如だとしています。 自分の家族や友人といった身近な人の命も、遠い場所にいる顔の見えない誰かの命も、同じ重さを持つものとして考えるには、論理的かつ客観的な(そして抽象的な)思考能力が必要になります。それを理性、と言い換えてもいいでしょう。

そして、この理性の欠如が、貧困や飢餓で苦しむ人々を放置することにつながっていると言うのです。シンガーはここからさらに踏み込んで、私たちが払う少しの努力で、世界中の多くの命が救えるのなら、私たちにはそうする義務がある、と主張します。少なくとも、豊かな国に住み物質的に恵まれた生活をする人は、 その収入(やその他のリソース)のかなりの部分を、〈自分にできるいちばんいいこと〉のために使うべきだ、とまで言うのです。

「世界で最も影響力のある現代の哲学者」と言われる著者のピーター・シンガーは、これまでにも著作や講演を通して、私たちが世界をよりよい場所にするために負っている義務について説いてきました。シンガーは、学者の枠に収まらない活動家と言っていいでしょう。極端なポジションをとり、論争を恐れず、具体的な方向性を示し、人々を説得して行動を促してきたのです。

彼が長年唱えていたことが、今ミレニアル世代を中心として広く受け入れられ、「効果的な利他主義」として実践され、急激な拡がりを見せています。本書『あなたが世界のためにできるたったひとつのこと』は、さまざまな効果的な利他主義者の生き方と、彼らが作り出し、世界に影響を与えている新しいムーブメントを描いています。

チャリティにおける「隠れた真実」

慈善活動というと、それだけで敬遠する人は少なくありません。大金持ちならまだしも、自分が世界を救うなんておこがましい、と感じる人もいるでしょう。たいていの人助けは偽善で、 慈善団体なんてどれもなんだか胡散臭いと思っている人も少なくありません。自分の寄付が、 実際に恵まれない人を助けることになっているのかわからないし、どの団体に寄付したらいいのかもわからないという人は多いと思います。その疑問に対して、ピーター・シンガーは、「解決すべき差し迫った問題は何か」ではなくて、「自分がいちばん大きな影響を与えられるのは、どの分野か」を考えなさい、と答えています。それは、投資の世界で言えば「アービトラージの機会」を探せ、ということです。

私は翻訳者になる前、金融業界で働いていました。投資家からお預かりした大切なお金を、 株式に投資するのが私の仕事でした。投資で儲けるコツは、「Buy Low, Sell High」、つまり、 安く買って高く売ることです。この当たり前のことが、難しいのです。健全な市場では、割安な銘柄が買われ、割高な銘柄が売られる結果、価格差はすぐに収斂します。多数の投資家がそれぞれの利益を最大化しようと努力しているために、裁定(アービトラージ)の機会が放置されることは(ほとんど)ありません。

野球の世界でこのアービトラージの機会を見つけたのが、オークランド・アスレチックスのビリー・ビーンGMでした。アスレチックスがリーグ最低レベルの年俸総額で、最高の勝率を記録できたのはなぜか、そのストーリーを描いたのが『マネー・ボール』です。ビリー・ビーンが取った手法は、割安な銘柄を見つける投資家と同じ手法です。たとえば、勝率に関連の高い指標として、出塁率があります。ですが打率が高い選手の年俸は高いのに対して、同じ出塁率でも四球やデッドボールの出塁数が多い選手の年俸は比較的低い。とすればここ(選球眼)に、アービトラージの機会が存在するわけです。つまり、同じ価値のもの(出塁率の高い選手)を割安に手に入れられるということです。

シリコンバレーの伝説的投資家と言われるピーター・ティールがその著書『ゼロ・トゥ・ワン』で唱えた「隠れた真実」もまた、同じものを指しているように思います。ティールは、「賛成する人がほとんどいない、大切な真実はなんだろう?」と私たちに問いかけました。そこに、もっとも大きなリターンが生まれる可能性が存在するからです。誰もが「社会のためになること」と見なし、才能と資金が集まってくる代替エネルギーのような分野よりも、重要ながら何十年間も見過ごされてきた栄養学のような分野にこそ、大きなイノベーションと利益のチャンスがある、と言うのです。

本書『あなたが世界のためにできるたったひとつのこと』は、チャリティの分野で「隠れた真実」を追究する人々の物語と見ることもできます。効果的な利他主義者は、同じ金額の寄付で、より〈たくさんのいいこと〉を行おうと目指します。たとえば、盲導犬の育成に400万円を寄付すると一人の視覚障害者の生活を助けることができますが、同じ金額を途上国のトラコーマの治療に充てれば、およそ400人を失明から救うことができます。効果的な利他主義者はここに、より〈たくさんのいいこと〉を行えるアービトラージの機会を見るわけです。つまり投資(寄付)に対してより大きなリターンを求める人々の物語、という意味で、本書はチャリティ版マネーボールとも言えるでしょう。

1 2
記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事