『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』ファクトで満たせば、世界に希望が溢れ出す

内藤 順2019年01月19日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣
作者:ハンス・ロスリング 翻訳:上杉 周作
出版社:日経BP社
発売日:2019-01-11
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

世界はどんどんよくなっている。ウソだと思うかもしれないが本当だ。実際に世界の人口のうち、極度の貧困状態にある人の割合は、過去20年で半分になった。そして、自然災害で毎年亡くなる人の数は、過去100年で半分以下にもなった。

この数字自体かなり驚くべきものであるが、さらに驚くべきなのは、この事実を3択問題として出題した時の正答率が、いずれも10%を下回ったことである。これを、単なる知識不足と片付けてよいのだろうか?

本書は、世界に対する認識と実態との間におけるさまざまなギャップを提示し、先入観にとらわれず世界を見ることの大切さを訴える。さらにその原因を脳の機能に求め、人が世界を実際よりもドラマチックに見てしまうことを明らかにしていく。

著者は医師であり、そして公衆衛生の専門家でもあるハンス・ロスリング氏。彼は、このギャップを生み出す人間の本能を10種類に分類し、どのようにすればそのバイアスを克服できるかを説明する。

たとえば「分断本能」。人は誰しも、さまざまな物事や人々を2つのグループに分ける傾向にある。もちろんその分け方は、自分が所属する「わたしたち」とそれ以外の「あの人たち」である。これを回避するためには、世界を2つのグループに分けるのではなく、特定の指標に基づいた4つのグループに分けることが有効であるという。

また、「過大視本能」にも注意が必要だ。これは、目の前の出来事だけが重要であるかのように勘違いしてしまうことを指す。

著者がモザンビークの病院に勤務していたときのこと、病院に運ばれてから命を落とした子供の数よりも、病院にたどり着く前に亡くなった子供の数のほうがはるかに多かったのだ。この事実を受け、著者は病院の外の衛生環境をよくすることに注力すると決めたという。

本書ではこの他にも、「ネガティブ本能」「恐怖本能」「焦り本能」といったさまざまなバイアスが紹介されている。背景にあるのは、共感によって刺激された感情には数字の感覚が欠けがちであるという冷酷な現実だ。目の前の人や自分とよく似たタイプの人間を大切に思うからこそ、特定の領域にのみ視線がフォーカスしてしまい、それ以外の領域は暗がりになってしまう。

だからこそ抽象度の高い数字で見ることが、世界を知るために必要不可欠なのだ。

このように書くと、著者はさぞかし理性を重視するドライな人間なのだろうと思われるかもしれないが、その心配は無用だ。言葉の端々から伝わってくるのは、世界をよりよい場所にしたいという利他的な情熱である。

この理想を効果的に実現させるため、事実に基づく世界の見方に着目しているのだ。彼は直感と現実がどれほどかけ離れているかを知らしめるために、世界中のデータをビジュアライズすることに尽力し、2017年に亡くなった。

世界はどんどんよくなっているし、視点の持ち方ひとつで、これから先もよりよい場所にしていけるはずだ。ファクトに満ちた世界は希望に満ち溢れるであろうと、確信させてくれる一冊だ。

※週刊東洋経済 2019年1/19号より

あなたが世界のためにできる たったひとつのこと 〈効果的な利他主義〉のすすめ
作者:ピーター・シンガー 翻訳:関 美和
出版社:NHK出版
発売日:2015-12-19
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub
反共感論―社会はいかに判断を誤るか
作者:ポール・ブルーム 翻訳:高橋洋
出版社:白揚社
発売日:2018-02-02
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub
ファスト&スロー(上) あなたの意思はどのように決まるか? (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
作者:ダニエル・カーネマン 翻訳:村井章子
出版社:早川書房
発売日:2014-06-20
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub
ファスト&スロー(下) あなたの意思はどのように決まるか? (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
作者:ダニエル・カーネマン 翻訳:村井章子
出版社:早川書房
発売日:2014-06-20
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub
記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

稲葉 景2019.2.5 23:15

人はただ生きているだけでは、事実と思い込みにギャップがあることに中々気付けない。 そんなことを強烈に感じさせてくれる内容でした! 自身の選択によって、人の命を左右するようことな事態があるかもしれない。そんな時に誤った思い込みがあることほど、恐ろしいことはありません。 世の中のある種の当たり前を把握しておくためにも、おすすめの一冊であるといえます。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon Kindle

『ノンフィクションはこれを読め! 2014』電子版にて発売中!

HONZ会員登録はこちら

人気記事