『外道クライマー』スーパーアルパインクライマー宮城 解説 by 角幡 唯介

集英社インターナショナル2016年04月02日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
外道クライマー
作者:宮城 公博
出版社:集英社インターナショナル
発売日:2016-03-25
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

宮城君から私のアウトルックの受信トレイに変なメールが届いたのは、もう4、5年ほど前になるかと思う。彼は、私が自分のブログに書いた北穂高岳滝谷第四尾根の登山の記事を読んでメッセージを送ってきたのだが、それがたしか、われわれの間に起きた最初の接触だった。

私が滝谷の四尾根を登ったのは5月の大型連休の話であり、春にこのルートを登るのはとくに珍しい記録ではない。それでも彼は一応「いい登山をしていますね」と社交辞令的な口上を書き、そのうえで私の記事を読んで自分もすぐに滝谷に向かったと記していた。

彼が興味を示したのは第四尾根ではなく、その途中で私が撮影した、より登攀的なC沢右股奥壁の氷壁の写真だった。たしかにこのC沢右股奥壁の氷はなかなか挑発的なルートで、氷自体はまだ登られていない可能性があるため私もブログに載せたのだが、宮城君は写真を見て瞬時にその魅力に反応し、すぐに滝谷に向かったというのである。

登攀自体はアプローチで雪崩の危険が高かったので中止したようだが、彼からのメールを見て私も〈えらく山に飢えた奴がいるもんだな。こういうオオカミみたいなのがいるから、自分が発見した氷を安易にブログで紹介するのは、やっぱり考えもんだな……〉とちょっと反省した記憶がある。自分が発見した氷を他人に登られるのは、山ヤとしては気持ちのいいものではないからだ。

とはいえ、この最初のやり取りで一番記憶に残ったのは、じつはメールの内容ではなく、彼が名乗っていた変名のほうだった。彼は宮城公博という実名ではなく、〈セクシー登山部〉の〈舐め太郎〉というわけのわからない名前を名乗っていたのだ。しかもメールには、滝谷から下山する際に撮影したという、氷壁を全裸でボルダリングする自身の破廉恥な画像が添付されていた。

何だ、この写真? もしかしてセルフタイマーによる自分撮り?

写真は一応正面からではなく背後から撮られていたので、身体中央の核心部こそ写っていなかったものの、セクシー登山部の舐め太郎という人物から唐突に送られてきた挑発的で品性の感じられない画像付き自己紹介メッセージに、私は数分の間、たじろいだ。すぐにグーグルでセクシー登山部を検索すると、短い登山報告とともに、基本的にネタは下品なのだが妙に思索的で読ませる、いつくかの身辺雑記が見つかった。

ブログのなかの舐め太郎は、真面目を装った記事のなかでは〈奈目太郎〉という畏まった表記を使用していた。

触らぬバカに祟りなしだな……。

そう判断した私は、とりあえず舐め太郎に一応、形式的な短い返事を出して、あとは放っておくことにした。

1 2 3 4
記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

雨宮かずひさ2016.4.2 11:31

初登頂すると英雄となるし、遭難すると非難されるし、クライマーは揺れ続ける存在ですね。「表現者」というとらえ方は、画期的です。

HONZ会員登録はこちら