豊かなる死語の世界がよみがえる 『俗語発掘記 消えたことば辞典』

仲野 徹2017年02月14日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
俗語発掘記 消えたことば辞典 (講談社選書メチエ)
作者:米川 明彦
出版社:講談社
発売日:2016-12-10
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

俗語、それも使われなくなった俗語が五十音順に百個あまり並べられている。トップはアイス。アイスクリーム?なわけはない。高利貸しのことらしい。わっかるかな?わかんねぇだろうなぁ~(©松鶴家千とせ)、これもほとんど死語ですけど。アイスクリーム⇒氷菓子(こおりがし)⇒高利貸し(こうりがし)とのこと。なるほどね。あれ?、どこかで聞いたことがあるなぁと思ったら、金色夜叉の間貫一やんか。次はアッシー君。これはわかる。バブルのころに、送迎の足に使われていた便利な男たちのことだ。それからアナウンサー。使ったことはないが聞いたことはある。おしゃべりな人、噂話をばらまく人である。1925年にラジオ放送が始まって、翌年には隠語として使われていたというから迅速だ。

そして、アベック、アミ、と続く。アベックは、そこはかとなくなつかしい。物心というか色心というかがついたころ、しょっちゅう目に耳にしていた言葉である。アベックで歩いとるぅ~とかいうように使う、男女の二人連れのことである。最近はめったに目にしないと思っていたら、アベックホームランという形で細々と生き残っているだけで、ほぼ死語状態らしい。そういえば、ONアベックホーマーとかしょっちゅうありましたよね。なんやその「オン」いうのは、と訊く若者がおるかもしれんけど、ちゃいます。王・長嶋の略です。

アベックという言葉はなんとなく語感がいい。そう思うのは私だけではないようで、復活させたい死語の上位にランキングされている。アミもいい感じで、さすがフレンチ。使ったことはないけれど、アミは女友達とか恋人のことだ。アベック、アミ、と来たら、ランデブーやろ、と思って後の方をめくったら、やっぱりあった。かゆいところに手が届くような心地よさだ。

ランデブーの意味は「男女の密会」とある。もうひとつ、スプートニクが打ち上げられた1957年に生まれたスペースエージのおっさんとしては、宇宙飛行船がドッキングする前に近接して飛行する意味としてのランデブーもあげてほしい、と思ったら、ちゃんと本文にあった。

「ランデブー」と聞いて「逢い引き」と思った人はかなりの老人。
宇宙飛行機のドッキングと思った人は中年。
なんのことかわからない人は若者だ。

おみごと!老人と中年の間のおっさんには、逢い引きとドッキングの二つが同時に頭に浮かぶのである。

フランス語よりも多いのはドイツ語に由来する俗語で、その多くは、旧制高校出身者から編み出された言葉だとされている。「エッセン」は食べる、「ゲバ」はゲバルト=暴力、「シャン」は、schön=美しい、から転じて美人、「ゲル」がゲルトからでお金。どれもけっこうインテリっぽくてしゃれている。「ドッぺる」は、doppeln=二重にする、からきていて、留年すること、「メッチェン」はそのままMädchenで若い女、とかがあるのも、旧制高校らしくていい。

笑えるのは似非外国語みたいな俗語である。聞いたことがなくとも「インハラベビー」は意味がわかる。in 腹 baby で妊娠だ。「ラージポンポン」とも言ったらしい。同義語の「はらぼて」もほとんど使われなくなっているそうだが、なんとなく語感がよろしくないので、少子化の時代にはふさわしくないためだろうか。「オストアンデル」は、子どもじみた感じがするから使わないが、意味は知っている。押すと餡が出るので饅頭である。この系譜の言葉は歴史が古くて、江戸時代すでに、あの平賀源内が和蘭語風に記憶の悪い人を「スポントワースル」とか言っていたらしい。明治時代によく使われた「スワルトバートル」の意味を知る人は相当な俗語フリークに違いない。「座ると場とる」から、袴だそうだ。現代人にはわからんわなぁ、これは。

かつては、わかりやすい翻訳語もあった。たとえばブラジャーは、昭和初期にフランスからはいってきた時に、「乳押さえ」とか「乳バンド」とネーミングされた。下着といえば「シミチョロ」もある。これは知らない人にとっては難易度が高いだろう「シミーズがスカートの裾からはみ出ていること」、シミーズがチョロチョロ見えるからシミチョロだ。だいたい、若者にはシミーズがわからんのではないか。「今、使うのは八十歳以上の人だろう」って、今でも使う人おるんですか…。念のために言っておくと、女性用の長いキャミソールみたいなもので、正しくはシュミーズ。これもフランス語。

外来語や外来語もどきに比べると、漢語系の俗語は格調が高い。痩せさらばえた人でも「骨川筋右衛門(ほねかわすじえもん)」といえば恰幅よく聞こえる。「薩摩守(さつまのかみ)」も相当なものだ。薩摩守であった平忠度(たいらのただのり)から来た言葉で、タダ乗りだから無賃乗車のこと。犯罪者でも立派な感じがしてしまう。寮雨(りょうう)という言葉も載っていて、なんやらロマンチックな雰囲気やなぁと思ったが、あにはからんや「学校の寮の窓からする小便」とのこと。どっひゃ~、どこの世の中にそんな言葉があるんですか。ドイツ語系の俗語といい、旧制高校恐るべし。

一方、出歯亀(でばがめ)となると、意味を知らなくとも、なんやらいかがわしい感じがする。「助平、女をいじめる男」とある。記憶では、のぞき犯のことも言うはずだ。その元となったのは、女性をのぞき見して暴行した犯罪者である池田亀太郎、あだ名が出歯亀である。固有名詞が一般名詞になったのは出歯亀だけでなく、八百長もそうらしい。八百屋の長吉(あるいは長次郎)が八百長をしたために、八百長が八百長と呼ばれるようになったとか。この文章、ぼ~っと読んだらら意味がわからないくらいに、八百長という言葉は普通名詞化している。

もう死語なんか、と寂しくなる単語もいくつかある。自転車の「ちゃりんこ」はまだ使うと思うけどなぁ。特に原動機付き自転車を「原チャ」とか。「ハイカラ」なんかは早晩通じなくなるとは思うが、適切なタイミングで使うとけっこううける。アイスコーヒーの「冷コー」は、もともと関西の言葉だが、夏になると今でも手書きのポスターなんかを見かけることがある。廃れさせないために、今度スタバで、冷コーの大、とかいうてみよっと。

小さなこどもが転んだりぶつかったりして、どこか体を痛めたとき、その痛みを取るために、また泣き止ませるために別の人(多くは母親)がその痛い所をなでながらなだめるまじないの言葉

何のことかわかるだろうか?答えは「ちちんぷいぷい」。確かに、今頃の子どもはこんなまじない言葉では騙されないような気がする。しかし、今も関西人にはなじみのある言葉だ。というのも、大阪のおばちゃんたちに大人気の、毎日放送が放送している午後のワイドショーのタイトルに使われているのだ。出歯亀とは逆に、ちちんぷいぷいは、普通名詞から固有名詞化してきているのかもしれんなぁ、などと考えるのも面白い。番組が終わると完全に死語になるかもしれんので、毎日放送には末永くがんばっていただきたい。

リストアップされた百あまりの言葉だけでなく、それと同じような意味を持つ言葉や、同じような発想による言葉なども豊富に紹介されていて、索引にはざっと800もの消えた俗語あるいは消えゆく俗語が収録されている。紹介するときりがないが、思わず笑ってしまうような豆知識も満載だ。俗語として使われたことばの面白さを十分に味わえるとともに、それぞれのことばが使われた時代の風俗までよくわかる。老いたる人には懐かしく若者たちには新鮮な、じつに愉快でためになる一冊になっている。

大阪ことば事典 (講談社学術文庫)
作者:
出版社:講談社
発売日:1984-10-05
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

これは名著あるいは古典といっていいだろう。この30年の間に大阪ことばもどんどん減っているのがわかります。  

チョコレート語辞典: チョコレートにまつわることばをイラストと豆知識で甘~く読み解く
作者:Dolcerica香川 理馨子
出版社:誠文堂新光社
発売日:2016-10-05
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

レビューをアップする日がバレンタインデーなんで、内容は関係ないけど紹介します。でも、この辞典シリーズはどれも楽しい。 

宝塚語辞典: 宝塚歌劇にまつわる言葉をイラストと豆知識で華麗に読み解く
作者:春原 弥生
出版社:誠文堂新光社
発売日:2017-02-02
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

さらについでに誠文堂新光社の辞典シリーズ最新刊を。シリーズを集めてるので、特に意味なく買いました。宝塚に興味があるわけじゃないので、個人的にはほとんど意味をなしませんが、眺めながら、なんやねんそれは、とかつぶやくのも楽しい。 

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事