2月の今月読む本 その1

東 えりか2013年02月06日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

天気予報では雪、それも相当積もるので注意するようにと言い続けていた。

2月の朝会は、今注目の書店「代官山蔦屋」での初の公開を予定していた。前日、ネットでどうするか相談した際「きっと誰も来ないよね」「3人ぐらいだったら、永久VIPにしてイベントやら飲み会に招待しようよ」と人が来ないということが前提になっていた。

当日の朝、私の住む田園都市線沿線は霙。意外に暖かいから大丈夫そうだと出かけたのだが、代官山駅で遭難してしまう…駅が工事中で自分が知っている代官山じゃない!とむやみに歩き回ったら、だーれも歩いていない住宅地に入り込んでしまい完全に迷子になってしまった。手がかじかんでスマートフォンの地図が起動できない。始まる3分前に仕方なく土屋に電話をかけて場所をナビしてもらったら、それも間違っていた。嗚呼!

ようやくたどり着いたのは開始から15分経ってから。いやはや、すみませんでした。

雪まじりの寒い中、ギャラリーとして集まってくださったのは約40名の酔狂…もとい奇特な方々。本当にありがとうございました。

世の中、インフルエンザが大流行ということで、メンバーの栗下直也刀根明日香が病欠。仕事がらみで不参加なのは久保洋介鈴木葉月、鰐部祥平。娘さんの入試を送りだす麻木久仁子と、奥さんの出産間近で病院に詰めている高村和久も欠席と、最近はなかなか全員が集まれない。

まずは今日のレビュー『リフレはヤバい』が大好評の深津晋一郎

アイスランドからの警鐘―国家破綻の現実
作者:アウスゲイル・ジョウンソン
出版社:新泉社
発売日:2012-12-13
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

『ブーメラン』でも紹介されていたアイスランドの金融破たん。その経過を検証する。

インターネットを探して
作者:アンドリュー・ブルーム
出版社:早川書房
発売日:2013-01-25
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

多くの人にとってなくてはならないものになった「インターネット」。実際はどんなものなのか目で見てみよう、という本。

大名の家計簿  角川SSC新書  “崖っぷち
作者:山下 昌也
出版社:角川マガジンズ(角川グループパブリッシング)
発売日:2012-09-10
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

江戸時代も進むと、どんぶり勘定で経営していた大名家も経済苦に陥る。それを立て直したのはどのような方法だったのか。

関西方面の取材に同行することの多い足立真穂。行くたびに何か新しい発見があるようだ。

絵と言葉の一研究 「わかりやすい」デザインを考える
作者:寄藤文平
出版社:美術出版社
発売日:2012-12-07
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

人気アートディレクターが、自ら導き出した「わかりやすく伝える方法論」

内藤廣の頭と手
作者:内藤 廣
出版社:彰国社
発売日:2012-12
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

東京大学副学長まで勤めた建築家の仕事について。素材に注目しているところが興味深い、とか。

『d design travel 山口』

amazonにリンクのない本だが、デザイナーのナガオカケンメイが作る、それぞれの県をデザインする本。今回は山口県。

本屋大賞の選考メンバーでもある田中大輔。今回は厚い本が多くて大変だったらしい。

チョコレートの歴史物語 (お菓子の図書館)
作者:サラ・モス
出版社:原書房
発売日:2013-01-24
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

この時期になると毎年出てくる「チョコレート」関連本。このシリーズには「パイ」や「ケーキ」もある。

MEN'S FASHION BIBLE -男の定番51アイテム
作者:ジョシュ・シムズ
出版社:青幻舎
発売日:2013-01-26
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

休日になると洋服を買いに行ってしまう田中にとっては正にバイブル!

普通の人たちを予言者に変える 「予測市場」という新戦略―驚異の的中率がビジネスと社会を変革する
作者:ドナルド・トンプソン
出版社:ダイヤモンド社
発売日:2013-01-19
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

集合知を使った意思決定によって、先を予測するらしい。レビューを読んで理解したい。

高価な本ばかり買ってしまうとつぶやいていた村上浩

ボディ&ソウル: ある社会学者のボクシング・エスノグラフィー
作者:ロイック ヴァカン
出版社:新曜社
発売日:2013-02-05
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

「うぉぉ~」という雄叫びが上がる。「4500円の本がカブるのは痛い…」と内藤が頭を抱える。どうやら今回、一番の話題作らしい。社会学者が貧困を学ぶために下層のボクシングジムに入り、研究しているうちに本当にボクサーになってしまったという内容。これは面白そうじゃない。

ヒップホップの詩人たち
作者:都築 響一
出版社:新潮社
発売日:2013-01-31
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

地方で頑張っているヒップホップシンガーやラッパーに取材。都築さんらしい本だけど、これも高い。

世界に複数個所の根拠地を持ち、それらを移動する人々は、どのように教育機関を選ぶのか。外国人の奥さんを持つ村上にとっては切実な問題なのかもしれない。

先ほど頭を抱えた内藤順はお誕生日を迎えたばかり。

決定版 脳の右側で描け[第4版]
作者:ベティ エドワーズ
出版社:河出書房新社
発売日:2013-01-17
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

絵が上手になるためのメソッドで、かなり人気の本らしく第4版。やってみようか。

憧れの「野生動物」飼育読本
作者:横山雅司
出版社:彩図社
発売日:2013-01-26
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

ノンフィクションとフィクションのはざまにあるような本。パンダやチンパンジーを飼うためにはどうしたらいいか。なるほどね。

なぜ猫は鏡を見ないか?―音楽と心の進化誌 (NHKブックス No.1201)
作者:伊東 乾
出版社:NHK出版
発売日:2013-01-26
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

作曲家であり指揮者でもある著者が音響と心の問題をさぐる。

衝撃的な友人の訃報を聞いて、昨日から現実感が薄い東えりか。迷子の言い訳にもなりませんが…

ドアの向こうのカルト ---9歳から35歳まで過ごしたエホバの証人の記録
作者:佐藤 典雅
出版社:河出書房新社
発売日:2013-01-18
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

著者は東京ガールズコレクションなどを手掛けた天才プロデューサー。しかし5年前まである宗教団体に囚われていた。まさに驚愕の手記。

私説 ミジンコ大全
作者:坂田 明
出版社:晶文社
発売日:2013-01-17
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

「あちゃー」と悲鳴を上げたのが、大阪からわざわざやってきた仲野徹。ジャズのサックスプレイヤー、坂田明の趣味であるミジンコ研究をまとめ上げたもの。ミジンコに捧げるジャズのCDも付いている。

サイフォンの科学史―350年間の間違いの歴史と認識
作者:宮地 祐司
出版社:仮説社
発売日:2012-12-20
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

「これは買わへんかった!」と仲野がちゃちゃを入れる。サイフォンの中の液体が動く理由は350年間、大気圧原因説だと信じられてきた。しかしそれは間違いだった!

近著『面白い本』が大人気でamazonでも絶版扱いになっている成毛眞

食糧の帝国――食物が決定づけた文明の勃興と崩壊 (ヒストリカル・スタディーズ)
作者:エヴァン・D・G・フレイザー
出版社:太田出版
発売日:2013-02-01
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

「うわあ、カブった!」と悲痛な声は土屋敦。なんか今回は順繰りにカブっている。食糧の歴史本としては傑作だそうだ。

路上の義経
作者:篠田 正浩
出版社:幻戯書房
発売日:2013-01-25
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

著者は映画監督の篠田正浩。貴種流離譚としての義経を描いたのは被差別の芸能者たちだった。南北朝時代から延々と続く義経伝説。

こびとの住む街1
作者:スリンカチュ
出版社:創元社
発売日:2013-01-09
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

極小のフィギュアを使った写真集。細かさにびっくり。

大阪から朝会のためだけにやってきた仲野徹。この後、新幹線が止まる前に大学へ戻っていった。

進化医学 人への進化が生んだ疾患
作者:井村 裕夫
出版社:羊土社
発売日:2012-12-08
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

人間の進化についての総論。京都大学総長まで勤めた医学界の泰斗。教科書として大変優れているそうだ。

死ぬことと生きること (大人の本棚)
作者:土門 拳
出版社:みすず書房
発売日:2012-12-11
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

1974年に出た土門拳初のエッセイ集が復刻された。

奇形建築物世界遺産100
作者:
出版社:扶桑社
発売日:2012-12-22
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

ハマザキカクがいたら一家言あっただろう一冊。不思議な建築物がいっぱい。

メルマガの編集長が持ち回りになり、少し肩の荷が下りた土屋敦

目でみることば
作者:おかべ たかし
出版社:東京書籍
発売日:2013-02-04
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

書店でひときわ目を引く本。語源を写真で説明すると、なるほどねえと納得できる。私からもオススメ。

幻の楽器 ヴィオラ・アルタ物語 (集英社新書)
作者:平野 真敏
出版社:集英社
発売日:2013-01-17
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

とあるHONZファンの推薦書。今年はワーグナー生誕200年にあたる。その関係の一冊らしい。

江戸の献立 (とんぼの本)
作者:福田 浩
出版社:新潮社
発売日:2013-01-30
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

料理研究家の勉強と一環としてきちんと読むべき本らしい。個人的にはなべ屋の福田さんのレシピは好き。

近々エジプトへ旅行する新井文月。オーパーツ好きにはたまらない行先らしい。

すぐわかるヨーロッパの装飾文様―美と象徴の世界を旅する
作者:鶴岡 真弓
出版社:東京美術
発売日:2013-02-01
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

貴族などが用いるシンボルや独特の文様を網羅した一冊。新井は興奮していたが、みんなの関心はイマイチ。

中国人の裏ルール
作者:谷崎 光
出版社:新人物往来社
発売日:2012-12-22
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

おお、大好きな谷崎光の新刊ではないですか!と私が喜んだだけ。みなさん、名著『中国てなもんや商社』をご存じない??

正しいブスのほめ方
作者:トキオ・ナレッジ
出版社:宝島社
発売日:2013-01-18
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

いくつか例をひいたけど、本当にそれ褒めてるの?

さまざまな友達が、入れ代わり立ち代わりおうちに遊びに来る山本尚毅。今月のメルマガ編集長。どうぞご購読ください。

2052 今後40年のグローバル予測
作者:ヨルゲン・ランダース
出版社:日経BP社
発売日:2013-01-09
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

どの書店でもベストセラーになっている。今後、自分はどう行動するかの選択肢の一つとして読んでみたい。

ファミリーレストラン 「外食」の近現代史 (光文社新書)
作者:今 柊二
出版社:光文社
発売日:2013-01-17
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

HONZのレビューはファミレスで書くという山本。定食研究家がファミレスを論じる。

ここ最近、考現学がブームになっている。著作集に未収録の論文も含まれているらしい。チェックしなきゃ。

大学院中退から半年。一念発起した就職活動でみごと採用が決まった井上卓磨

ドイツの歴史百話 (刀水歴史全書)
作者:坂井 榮八郎
出版社:刀水書房
発売日:2012-11-25
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

就職先はドイツの企業。ではきちんと学びましょう、とは殊勝である。仲野先生から「ドイツの歴史はややこしいやろ」と言われていた。

さてここで一周目が終了。欠席者の推薦本と2周目のおまけは近日公開。大雪にはならずにほっとした。立春がすぎ、少しずつ春が近づいてきている。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら