2月のこれから売る本-山下書店南行徳店 髙橋佐和子

髙橋 佐和子2014年02月28日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬の夕焼けが好きです。言葉を語らずそっと寄り添ってくれる気がするからです。

あの子の家 (リュウコミックス)
作者:クマザワ ミキコ
出版社:徳間書店
発売日:2013-12-13
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

居心地の良い場所から離れたくないと思う気持ち。このままじゃ駄目になってしまうんじゃないかと思う気持ち。心の中でぐるぐる回る感情を、上手く表現しているコミックだと思います。

幼いとき、自分が消えてしまう瞬間を考え、不安に怯えていたことがあります。笑っていても、ふと消えてしまったら、誰か悲しんでくれる人はいるのだろうかと。家という安全な場所から外へ出てみて、結果本当に一人ぼっちになってしまったら、自分は一体どうなってしまうのか。それは自分の足で歩んでいき、気付くものだと思うのです。支えてくれる人や居場所があることで、人は存在を確認できているのだなと思った作品です。

手のひらの音符
作者:藤岡 陽子
出版社:新潮社
発売日:2014-01-22
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

 存在しているのに、いないように扱われることがどれほど心身に堪えるか。経験した人でないと分からないように思います。この小説から、次のようなメッセージを感じました。

怖がっていては何もできない。情熱のままに突き抜ければいい。きっと応援してくれる人はいるはずだから。

考えすぎて恐くて動けなくなっていた私に勇気をくれたのです。少しずつ、それでも会社全体に影響を与えられるような存在価値をやはり自分の中に見出したいと思えました。何事をも両手を広げてぎゅっと受け止められるだけの自分を持っていようと思いました。

自分に出来ることは、精一杯生きること。

神様の休日 僕らはまためぐり逢う
作者:岡本 貴也
出版社:幻冬舎
発売日:2014-02-06
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

 一冊にどれだけの想いが込められているか読むと感じられることと思います。修復師として誰にでも訪れる死と向き合い、残された側はどう生きるかを全身全霊を込めて伝えてくれています。私はこの本から生きることに希望を感じていても良いのではないかと、ふと思えました。

これから発売の本で気になっているビジネス書があります。

内向的な人こそ強い人
作者:ローリー・ヘルゴー
出版社:新潮社
発売日:2014-02-28
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

 基本的な私の性格は天真爛漫だと母は言います。周囲の人も、明るく社交的だと言います。色んな局面で人は自分を演じるところがあると思います。私は、正直、人と話すと頭で考えるより先に言葉が出てしまい、傷つけてしまうこともあるし、大勢の人の前で話すのも緊張してしまい、事前に練習していないと伝えたいことの半分も言えなくなってしまいます。このタイトルを見て、反応したのも、そんな自分を誰よりも感じているからだと思いました。

内向性は欠点ではなく、豊かな才能の源泉なのだから。

という文に心が動かされました。また、装丁に著者さんの笑顔の写真が載っているのですが、何となく惹かれたことも理由の一つです。

先月アップした「ちょこっとメソッド」のお陰で、今月お客様に「何か最近綺麗になったんじゃない?」なんて言われてしまいました。効果抜群です。おじいちゃんのハートを射止められるように続けていきたいと思います。姿勢が悪いとご指摘を受けたので次は姿勢を褒められるよう努力する一か月となりそうです。


「あのね、お姉ちゃんのこと大好き」告白してくれた常連の男の子に純粋な愛情を教えてもらえる日々。大事に生きていきたいです。

髙橋佐和子
1982年、AB型。埼玉県にて育つ。大手書店、街の書店を経て、現書店で働く。地図ガイド・児童書・文庫のお手伝いをしている。文芸を愛するアルバイト。今年の決意は自分を保つ、熱意を形にする、文章能力をあげる。本と同じくらい愛しているのは吐息が出るほどの美味しい日本酒。

【山下書店南行徳店】
〒272-0138
千葉県市川市南行徳1-16-1
TEL 047-314-5898
FAX 047-307-8977
「当店のフリーペーパー『ギフト』隔月刊行予定。地元に愛されるお店を目指す。」

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら