今週のいただきもの(6月第1週)

仲尾 夏樹2015年06月06日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5月があっという間に終わりもう6月。去る6月2日は横浜の開港記念日でした。

「横浜出身あるある」なのですが、大抵の人が市歌を歌えます。その一節に「むかし思へば苫屋の烟 ちらりほらりと立てりし處(昔を思えばこの横浜は粗末な家から炊事の煙がちらほらと立つ寂しいところでした)」とあるように、横浜はかつて小さな漁村でした。日米修好通商条約では当初、宿場町として栄えていた神奈川を開港する予定だったものを、日本人と外国人のトラブルを避けるために横浜へ変更したと言われています。

それでは今週献本いただいた新刊本のご紹介です。版元のみなさま、毎度ありがとうございます! 

善と悪の経済学
トーマス・セドラチェク
ウォール街の物理学者 (ハヤカワ文庫 NF 433)
ジェイムズ・オーウェン・ウェザーオール

 

昭和時代 - 敗戦・占領・独立
読売新聞昭和時代プロジェクト
戦後経済史
野口 悠紀雄

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら