『冒険歌手 珍・世界最悪の旅』日本冒険界の奇書中の奇書 解説 by 高野秀行

山と渓谷社2015年11月21日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年のHONZが太鼓判を押す『冒険歌手 珍・世界最悪の旅』。第三弾はノンフィクション作家高野 秀行さんの解説を掲載。あまりにも無謀な著者の峠恵子さん、圧倒的な個性の藤原隊長、そしてついに大学生隊員・ユースケの正体が明らかに!(HONZ編集部)

関連記事はこちらからレビュー第1弾レビュー第2弾今週のSOLD OUT編集者の自腹ワンコイン広告著者インタビュー

冒険歌手 珍・世界最悪の旅
作者:峠 恵子
出版社:山と渓谷社
発売日:2015-09-18
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

ノンフィクションの醍醐味は「事実は小説より奇なり」を地で行く部分だと思う。小説は作家が人工的に創ったものだからどうしてもきれいな形で収まるが、現実はそうはいかない。あまりに予想外でどうしてそうなるのか─当事者や著者にさえ─さっぱりわからないなんてことが起きる。ある意味で"人智を超えた"おもしろさを感じる。

佐藤俊『越境フットボーラー』(角川書店)がまさにそういうノンフィクションだ。
……え? 解説すべき本がちがう?

まあ、細かいことを言わずに話を聞いてほしい。おもしろいんだから。この本は「戦力外通告」を受け、Jリーグ、欧州、南米以外の場所、つまりマイナーな国や地域に渡っていった日本人プロサッカー選手たちの物語だ。

酒井友之選手もその一人。稲本潤一選手や小野伸二選手らと共に1999年、U‐20日本代表としてワールドユース選手権準優勝を勝ち取り、「黄金世代」と呼ばれた選手だ。彼は持病の腰痛などが原因でJリーグで結果を残せず、東南アジアのプロリーグに活路を見いだす。最初はベトナムのホーチミン、次はインドネシアのジャカルタと流れ、さらには同じインドネシアでもニューギニア島のワメナに拠点を置くチームに移籍した。

仰天してしまった。ニューギニアのワメナなんて、大学探検部の学生が隊を組んで遠征に行くような場所だ。現地のダニ族という人の中にはいまだに全裸で陰茎にペニスケースをつけている人もいると聞く。そんな場所にプロサッカーチームがあり、かつてユースとはいえ日本代表で活躍した選手が流れていくなど想像もつかない。

言葉も通じず、トイレには桶に水が張ってあるだけという環境で、酒井選手のストレスを癒やしたのは、ホテル近くのインターネットカフェだった。ここにずっと入り浸り、ネットをしたり日本のテレビ番組を見たりしていたという。このカフェ、いったいどんな人が経営しているかと思いきや…。酒井選手は語る。

経営しているのが藤原さんという日本人の方なんです。藤原さんは冒険家で10年くらい前にワメナに来て、インターネットがないので自分でやろうと店を開いたそうです

なんと! 私は目が点になった。冒険家の藤原さん? それはもしかして、というか、そんな人はほかにいるはずがない。あの『ニューギニア水平垂直航海記』に登場する藤原一孝隊長。そうとしか思えない。

まったく関係のないサッカー本の中で藤原隊長に再会した驚きと感動は本書を読んだ人にはよくわかると思う。まさにノンフィクションでしかありえない、予想外の展開だ。

ここでようやく本書の解説に入りたい。

これは日本冒険界の奇書中の奇書である。

まず著者の冒険の動機が尋常でない。峠さんはシンガーソングライター。それまでトントン拍子にプロのミュージシャンになり、家族、仕事仲間、友人、恋人まで周囲は温かく優しい人たちばかり。楽しくて幸せで言うことなしの人生。そんな峠さんにとって最大のコンプレックスは「自分は苦労を知らない」ということ。このままでは将来たいへんなことになるのでは…という不安にさいなまされた結果、自ら苦難に飛び込むことを決意した。

フラッと立ち寄った書店で何気なく手に取った山岳雑誌『山と溪谷』に「日本ニューギニア探検隊募集」とあるのを発見、アウトドアに無縁だったのに、「これで人生が変わるかも!」といきなり応募してしまう。しかしこの探検計画はものすごい。

ヨットで太平洋を渡り、ニューギニア島を目指し、それからゴムボートでニューギニア島の大河・マンベラモを遡上、オセアニア最高峰カルステンツ・ピラミッド(4884m)北壁の新ルートを世界で初めてロッククライミングで開拓する─。

計画したのは先述の藤原一孝氏。かつては山岳界で数々の初登攀を成し遂げ、新宿の住友三角ビルを命綱なしの素手だけで最上階までよじ登り世間を騒がせ、その後、海に転じて日本にウインドサーフィンを普及したカリスマ的人物だという。日本を代表する冒険家なのだ。その藤原さんが人生の集大成と位置づけて計画したのがこの大冒険だった。

そんな植村直己級の冒険にド素人の峠さんは「遺書」を書いて参加する。「苦労したい」というだけの理由で。

ほかに隊員は二人。元自衛隊員の「コーちゃん」と早稲田大学探検部の現役学生である「ユースケ」。私も早大探検部出身だが、「へえ、現役の後輩が参加してるんだ」と思っただけだった。本書を初めて読んだ頃、私は10歳も年下の後輩と付き合いがなかったからだ。あとになり、角幡唯介と直接会い、あの「ユースケ」が彼だったことを知って驚いた。

角幡は開高健ノンフィクション賞と大宅壮一ノンフィクション賞をダブル受賞した傑作『空白の五マイル』でチベット・ツアンポー渓谷の二度にわたる探検について記している。その最初の探検の前に、こんな風変わりな探検隊に参加していたのだ。

元自衛隊員のコーちゃんは船酔いのため早々と脱落。結局、藤原隊長、角幡、そして峠さんという珍メンバーでニューギニアへ向かった。

※以下はネタバレを含みます。未読の人はまず本書を読んでください。絶対おもしろいですから

1 2 3
記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

はらしょう2015.11.25 18:00

ユースケさん本人も旧版について、書いていました。 ホトケの顔も三度まで ノンフィクション作家、探検家角幡唯介のブログ http://blog.goo.ne.jp/bazoooka/e/a3dd8f0759b15a012755f7c6cebf1fdc

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら