『小笠原が救った鳥 アカガシラカラスバトと海を越えた777匹の猫』外来種だって殺しちゃいけない同じ命

東 えりか2018年09月08日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

小笠原が救った鳥: アカガシラカラスバトと777匹のネコ
作者:有川 美紀子
出版社:緑風出版
発売日:2018-04-23
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub
 本書は8月24日に下北沢の本屋B&Bで行われた『夢の猫本屋ができるまで』のトークイベントで行った「猫本ビブリオバトル」で私が紹介したチャンプ本です。猫に関した本の多くは「気ままだけどかわいい」とか「人の気持ちがわかる」とか、病院で死ぬ前に来てくれたり、図書館で人の膝に乗って心を癒したり、ホームレスを助けたりと天使みたいな、プロレスのベビーフェイスの本が多いのですが、わたしはあえてヒールの猫の本を選びました。「鳥本に外れなし」という持論の裏付けがまた一冊増えました。

小笠原は東京から船で24時間以上かかる、東洋のガラパゴスといわれる特殊な自然の宝庫だ。
そこの固有種である「アカガシラカラスバト」は平成5年に国内希少野生動植物種に指定された貴重種だ。2001年ごろには推定個体数30羽。あまりにも少ないため島民も見たことのないこの鳥だったので、関心を向ける人は少なかった。

環境省HPより

だがでこの島で産卵、子育てをする小笠原を代表する大型種のカツオドリとオナガミズナギドリの激変が、ノネコの仕業であることが写真にとられ、危機感を持った海鳥の生態調査を行っている研究者のNPO法人「アイボ」や賛同する住民たちによってノネコの捕獲作戦が始まる。

ノネコはノラネコとは区別し、飼い猫の脱走や飼育放棄によって自然に繁殖している個体をいう。

15年ほど前にタモリのトリビアの泉という番組で、ネコはどれくらい大きな魚を運べるかという実験を行った。いまでもyoutubeで見られるが、なんと自分の体より大きな魚も運んでいた。オオミズナギドリは羽を広げると180センチ以上になる大型の鳥だが、減少した原因を調べるために仕掛けられたカメラの中に、ノネコがそれを襲い運んでいる写真が撮られた。

急激に数を減らしているアカガシラカラスバトもノネコが原因の一因だと考えられれる。しかし国は積極的に駆除にたいする指針をくれない。島民たちへネイチャーガイドや専門家の熱心な説得により、猫の捕獲が始まったのは2008年のことだ。

捕獲といってもジャングルのような山の中、その上、ノネコは野生で頭がいい。仕掛けを作る人間との知恵比べは手に汗にぎる。

問題になったのは捕獲した猫をどうするか、だ。おりしも、国内で保健所での殺処分をなくそうとしている時期でもある。まして野生となってしまったノネコにはどう接したらいいのか。

解決の糸口は見つかった。殺処分は一匹もせず、みんな幸せにくらしている。この本のキモはここだ。(「小笠原ネコプロジェクト」参照

この10年で777匹の猫が捕獲されたが、島にいるノネコが全滅したわけでない。むしろ猫がいなくなるとネズミが増え、それによって残った猫が太って繁殖が多くなり、また猫の数が増えるという繰り返し。だが、問題のアカガシラカラスバトは知る人ぞ知る、から民家にまで下りてくる小笠原の自然のシンボルのようになった。

池の水を全部抜く、という人気番組のせいで外来種の駆除がいいことのように言われる昨今、同じ生き物をどうやって生かすか、共存させるか、今後はその問題を一番に考えるべきで、本書はその一端の知恵を示してくれる。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事