『老いぼれ記者魂 青山学院大学春木教授事件四十五年目の結末』執念の追跡の果てに

東 えりか2018年05月06日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
老いぼれ記者魂: 青山学院春木教授事件四十五年目の結末
作者:早瀬 圭一
出版社:幻戯書房
発売日:2018-02-23
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 

 昭和48年(1973年)3月、青山学院大学で後世に残る一大スキャンダルが噴出した。「大学教授が教え子に暴行した」と朝日新聞がすっぱ抜いたのだ。

逮捕されたのは、当時の法学部教授、春木猛(63)で被害者は同学部4年生のA・T子さん。被害者の証言や警察の調べ、関係者の話を総合すると、春木教授は「卒業試験の採点を手伝ってほしい」とT子さんに声をかけ自分の研究室で乱暴し、いったんは謝ったものの、その一日おいた後、今度は「卒業後は学校に残って研究を手伝ってほしい」ともちかけ、再び乱暴した。T子さんは一週間程度の怪我をしたという。

だがこの事件、当初から不自然であると感じる人が多かった。地位も名誉もある63歳の教授が自分の研究室に連れ込んで乱暴を、それも二回もするだろうか。女子学生もその相手と重ねて会うだろうか。何らかの目的でハニートラップを仕掛けたのではないのか。

著者は当時、毎日新聞の社会部の記者で、朝日新聞にスクープを抜かれた一人である。すぐにこの事件を追うと、そこには青山学院で起こっていた権力闘争と、大学用地の土地取引を巡る話が浮かび上がってきた。

春木は身の潔白を主張した。合意の上での関係であり、積極的だったのはT子で、自分は女性の気持ちも大事にしようとしたのだ、言い草は幾分腹立たしい。だが、それよりT子の関係者が胡散臭い。後の「地上げの帝王」最上恒産社長、早坂太吉とT子は深い関係にあったようなのだ。

結局、春木は裁判に負け失意のうちに亡くなった。しかしこの事件に関わった何人もの記者やジャーナリストはどうしても諦めきれない。その後も追いかけ膨大な資料を集め、真相に肉薄しながら病気や老衰で次々に倒れていく。

最後に残ったのが、この著者だった。仲間から託された膨大な資料を精査し、新事実を見つけ、遂にはT子本人に電話取材をするところまでこぎつけたのだ。

このところ頻繁に起こるレイプ事件や強制わいせつ事件の経緯をみても、男女の密室での出来事が有罪になるか無罪なのか、当事者の利害関係によって大きく違うものだと驚かされる。一人の記者が執念で書き上げたルポルタージュである。とにかく熱い一冊だ。(STORYBOX 5月号に加筆)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大本襲撃―出口すみとその時代 (新潮文庫)
作者:早瀬 圭一
出版社:新潮社
発売日:2011-03-29
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 早瀬圭一には緻密な取材を行ったノンフィクション作品が数多くある。本書も衝撃的だった。

記者襲撃 赤報隊事件30年目の真実
作者:樋田 毅
出版社:岩波書店
発売日:2018-02-22
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 

 こちらも執念の取材。麻木久仁子のレビュー

宿命 警察庁長官狙撃事件 捜査第一課元刑事の23年
作者:原 雄一
出版社:講談社
発売日:2018-03-28
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 

 オウム真理教の犯罪だと思われたこの事件。一人の警察官が追い続けた記録。首藤淳哉のレビュー

 

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら