2018年10月の「今月読む本」その3

東 えりか2018年10月31日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月31日、ハロウィンです。一度くらい「トリックオアトリート」って言ってきてほしいのですが、物騒だから無理なんでしょうねえ。朝会報告の続きで、欠席者のオススメ本も紹介しますね。コメントは各自のものです。みんな面白そう。   その1 その2

◆早くも朝5時台に目が覚めるようになったという澤畑 塁

魂に息づく科学:ドーキンスの反ポピュリズム宣言
作者:リチャード・ ドーキンス 翻訳:大田 直子
出版社:早川書房
発売日:2018-10-18
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub
アリエリー教授の「行動経済学」入門-お金篇-
作者:ダン アリエリー 翻訳:櫻井 祐子
出版社:早川書房
発売日:2018-10-18
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub
美しき免疫の力―人体の動的ネットワークを解き明かす
作者:ダニエル・M・デイヴィス 翻訳:久保 尚子
出版社:NHK出版
発売日:2018-10-26
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

(1) 自分はドーキンスの『利己的な遺伝子』に魅せられて、サイエンス読み物を愛するようになりました。なので、彼の新刊を読まないわけにはいきません。(2) 行動経済学の知見を面白おかしく紹介するという点で、アリエリーの右に出る人はいないのではないでしょうか。ということで、この新刊も目を通さねば。(3) 最後の本はとにかくテーマに惹かれます。
 

◆お料理教室が大人気の麻木久仁子


 

ナナメの夕暮れ
作者:若林 正恭
出版社:文藝春秋
発売日:2018-08-30
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 レビューはこちら

操られる民主主義: デジタル・テクノロジーはいかにして社会を破壊するか
作者:ジェイミー バートレット 翻訳:秋山 勝
出版社:草思社
発売日:2018-09-20
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 先日、月本先生と出口治明さんのトークショーを見に行きました。いやはや、博覧強記と碩学のトーク、知性と知性のぶつかり合い、それでいてわかりやすく楽しい。あんなにわかりやすくメソポタミア文明について話す方が書いたなら、旧約聖書もめちゃオモロイに違いないと思いました。なんか月本ブームの予感がします。
やれ炎上だのフェイクニュースだのと言いながら、今日もネットじゃ眦決してやりあっているが、ほんとはみんな、テキトーに操られてるんじゃないのかしらん、ということで。特に「負の感情」が増幅されることへの処方箋みたいなものが読めるのかなあと期待して。
 

◆最近、酔っ払い評論家になってしまった栗下 直也 

遊廓に泊まる (とんぼの本)
作者:関根 虎洸
出版社:新潮社
発売日:2018-07-31
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub
裸のJリーガー
作者:大泉実成
出版社:カンゼン
発売日:2018-07-11
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub
没イチ パートナーを亡くしてからの生き方
作者:小谷 みどり
出版社:新潮社
発売日:2018-10-11
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 

 遊郭、泊まりたくないっすか?2冊目は著者の本が好きなので。Jリーガーって最低保障の年俸ってラインがないらしいですよ。足立さん経由で新潮社の方から頂いたんですが、ええ、何かワタクシ、心配されているんでしょうかw(私がすでに紹介しましたよ~w)

◆メンバーが一番会いたがっている鰐部 祥平。どうしてる? 

ロシア革命――ペトログラード 1917年2月
作者:和田 春樹
出版社:作品社
発売日:2018-08-31
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 

ヒトラーとドラッグ:第三帝国における薬物依存
作者:ノーマン・オーラー 翻訳:須藤 正美
出版社:白水社
発売日:2018-09-26
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 

[新訳]最前線のリーダーシップ――何が生死を分けるのか
作者:ロナルド・A・ハイフェッツ 翻訳:野津智子
出版社:英治出版
発売日:2018-10-03
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 良くも悪くも20世紀において大きな影響を与えたソビエト連邦の原点を見つめなおすために。
ゲーリングが薬漬けだったのは有名な話ですが、どうやらヒトラーも薬物に依存していたようです。薬物の影響が歴史を作ってきたと考えると恐ろしくもあります。普段ビジネス書は読まないのですが、マキアヴェッリの『君主論』などと合わせて読むと面白いかもと思い選んだ一冊。

◆最近レビューが出てないねえ。そろそろいかが?小松聰子

マンゴーと手榴弾: 生活史の理論 (けいそうブックス)
作者:岸 政彦
出版社:勁草書房
発売日:2018-10-30
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 

 市井の人々が語ることを聞き取って研究する生活史(ライフヒストリー、オーラルヒストリー)という調査方法についての本です。
岸さんの文章はいつもエキサイティングなのですが、描かれる対象はどこにでもいる人たちで、なぜ「普通の」彼ら彼女らを語るだけでこんなにも心に響く文章になるのだろうとかねがね思ってたのですがこの本にきっとヒントが隠されているはず!

◆締め切りを大きく過ぎてから参戦の刀根 明日香

武蔵野をよむ (岩波新書)
作者:赤坂 憲雄
出版社:岩波書店
発売日:2018-10-20
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

シエラレオネの真実――父の物語、私の物語 (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズIII-7)
作者:アミナッタ・フォルナ 翻訳:澤 良世
出版社:亜紀書房
発売日:2018-09-22
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 赤坂先生は『境界の発生』を学生時代に読んでから、ずっとファンです。10年以上住んでいる武蔵野市について勉強します。2冊目、子ども目線の描写が読み慣れずゆっくり読んでいますが、読み応えがあります。

あとはおまけの書名だけ。でもこれが面白いんです。

◆成毛眞

 

ざんねんな名言集
作者:真山 知幸
出版社:彩図社
発売日:2018-07-30
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 ◆内藤順

 

人間の悩み、あの神様はどう答えるか (青春文庫)
作者:沖田 瑞穂
出版社:青春出版社
発売日:2018-10-10
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 ◆塩田春香

 

原寸大写真図鑑 羽 増補改訂版
作者:叶内 拓哉
出版社:文一総合出版
発売日:2018-10-15
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 この金額だったら内容見本だけでも見たいよねえ、とため息。

◆首藤淳哉

 

たのしい路線図
作者:井上 マサキ
出版社:グラフィック社
発売日:2018-08-08
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

富士屋ホテルの営繕さん  建築の守り人 (LIXIL BOOKLET)
作者:山口由美
出版社:LIXIL出版
発売日:2018-09-20
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 LIXIL BOOKLET はみんなほしくなる。危険危険!!

◆新井文月

本屋の新井
作者:新井 見枝香
出版社:講談社
発売日:2018-10-04
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 

 ◆東 えりか

土 地球最後のナゾ 100億人を養う土壌を求めて (光文社新書)
作者:藤井 一至
出版社:光文社
発売日:2018-08-17
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 

 朝会が終わった帰りがけ、仲野徹が一冊の本を出す。「この本、ものすっご気持ち悪いから置いて帰るわ~』というのを見て、成毛が「俺も読んだ、チョー気持ちわるぅう」と言い、「全部読んだらウナされました」と私も嫌った本。ちなみにこの3人は「理系の子」である。

みんながこわごわのぞいた本がこちら。人の怨念なんてたいしたことない。土地の持つ磁場が怖い。

事故物件怪談 恐い間取り
作者:松原 タニシ
出版社:二見書房
発売日:2018-06-26
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon Kindle

『ノンフィクションはこれを読め! 2014』電子版にて発売中!

HONZ会員登録はこちら

人気記事