HONZ春の研修会 その1

東 えりか2017年03月16日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

諸般の事情で新年会ができずに、新メンバーの顔合わせもまだだったので、思い切って一泊泊まりの研修にしようと、3月4日・5日、箱根に集まってもらいました。参加者は事務方の仲尾夏樹を入れて25名と大所帯。下は大学生から上は還暦過ぎまで、わいわいと会議室に集合しました。

13時に集合でしたが、当日は高速道路が事故のため大渋滞で車のメンバーは少々遅れ気味。待ち合わせ場所を間違えて遅れた人もいて参加が危ぶまれましたが、何とか揃ったところで開始です。今回はいつもの「これから読む本」1冊と「ライフタイムベスト」つまり自分が最も人におススメしたい本を紹介します。

まずはいつもどおり、新刊本でこれから読もうと思っている本。ここまでくる電車のなかで読み切っちゃったという人もいました。

まずは代表の成毛眞から。

「週刊文春」編集長の仕事術
作者:新谷 学
出版社:ダイヤモンド社
発売日:2017-03-10
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

  既に話題沸騰中。文春砲の作られ方は興味をそそります。

還暦を迎える仲野徹

知られざるステルスの技術 (サイエンス・アイ新書)
作者:青木 謙知
出版社:SBクリエイティブ
発売日:2016-12-16
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 いくつになっても乗り物には心惹かれます。

すっかりイクメンになった鰐部祥平   

富国と強兵
作者:中野 剛志
出版社:東洋経済新報社
発売日:2016-12-09
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 教育勅語だ八紘一宇だの、歴史の時間で習った言葉が飛び交うこのごろ。きちんと読みたいのだそうです。

落ち着いた雰囲気の山本尚毅

協力する種:制度と心の共進化 (叢書《制度を考える》)
作者:サミュエル・ボウルズ 翻訳:竹澤 正哲
出版社:エヌティティ出版
発売日:2017-01-31
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 人類の「協力の進化」を読み解いていくという、スケールの大きな本。値段もなかなか。

格闘技から科学本まで守備範囲の広い村上浩

フィリピン―急成長する若き「大国」 (中公新書)
作者:井出 穣治
出版社:中央公論新社
発売日:2017-02-19
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 ドゥテルテ大統領で注目を集める若き国家フィリピン。急成長の気配が。

興味の方向がまったくブレない塩田春香

愛しのオクトパス――海の賢者が誘う意識と生命の神秘の世界
作者:サイ・モンゴメリー 翻訳:小林由香利
出版社:亜紀書房
発売日:2017-02-17
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

  今度はタコ!意外だが頭はいいらしい。

祝!入社1年 峰尾健一

豪腕 使い捨てされる15億ドルの商品
作者:ジェフ・パッサン 翻訳:棚橋志行
出版社:ハーパーコリンズ・ ジャパン
発売日:2017-02-25
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

  野球の投手が受けるトミー・ジョン手術の功罪。興味をもったメンバーが多数。

ブログ基本読書のファンが多い冬木糸一

 HONZの記事はこちら

昼間からすでにほろ酔いの栗下直也

バンド臨終図巻 ビートルズからSMAPまで (文春文庫)
作者:速水 健朗
出版社:文藝春秋
発売日:2016-12-01
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 SMAP解散まで加えて待望の文庫化。

ブルマーというあだ名を付けられた小松聰子 (あだ名の由来はこちら

誤解の心理学: コミュニケーションのメタ認知
作者:三宮 真智子
出版社:ナカニシヤ出版
発売日:2017-02-15
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 メタ認知からのコミュニケーション論、だそうな。

ますます頼りがいが出て来た久保洋介

ゼロデイ 米中露サイバー戦争が世界を破壊する
作者:山田 敏弘
出版社:文藝春秋
発売日:2017-02-28
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

  HONZの記事はこちら

 安定の遅刻っぷり、刀根明日香

満腹どんぶりアンソロジー お~い、丼 (ちくま文庫)
作者:
出版社:筑摩書房
発売日:2017-02-08
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 どんぶりものも、安定の人気ですからね。

クイズ女王でお馴染みの篠原かをり 

ウニはすごい バッタもすごい - デザインの生物学 (中公新書)
作者:本川 達雄
出版社:中央公論新社
発売日:2017-02-19
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 HONZ虫班の面目躍如。

4月から新しい生活を始めるというアーヤ藍

わが子に会えない 離婚後に漂流する父親たち
作者:西牟田 靖
出版社:PHP研究所
発売日:2017-01-19
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 確かに最近、私の身の回りでもこういう人が増えている。

共同で何頭かの馬主になっているという吉村博光

  ダート戦は勝ちやすいのだとか。著者名はともかく、いいタイトルです。

子どもを置いての初外泊という古幡瑞穂

サロメ
作者:原田 マハ
出版社:文藝春秋
発売日:2017-01-16
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 「併せて読まれたこの一冊」が大人気の古幡は、基本、小説しか読まない。精力的に書いている作家原田マハさんの新刊。

週刊新潮の連載、ビジネス本紹介が高評価の田中大輔

クラウド時代の思考術―Googleが教えてくれないただひとつのこと―
作者:ウィリアム・パウンドストーン 翻訳:森夏樹
出版社:青土社
発売日:2017-01-25
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

  無知から来る自己の過信を「ダニング=クルーガー効果」というのだそうだ。これをキイワードに新しい知識の在り方を提案していく本。

「ゆらゆら体操教室」が1周年となった新井文月

死してなお踊れ: 一遍上人伝
作者:栗原 康
出版社:河出書房新社
発売日:2017-01-27
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

  『はたらかないで、たらふく食べたい』の著者の新刊。こんどは一遍上人ですか!

今回初参加で、目をまん丸くしていた首藤淳哉

本屋、はじめました―新刊書店Title開業の記録
作者:辻山 良雄
出版社:苦楽堂
発売日:2017-01
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 町の書店が潰れていく、というニュースばかりだが、新しい店も出来ています。

頼りになるHONZ編集長、内藤順

ヒルビリー・エレジー アメリカの繁栄から取り残された白人たち
作者:J.D.ヴァンス 翻訳:関根 光宏
出版社:光文社
発売日:2017-03-15
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 トランプ支持者を理解するために!

北陸で仕事を終えて箱根までやってきた麻木久仁子

ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室
作者:キャスリーン・フリン 翻訳:村井理子
出版社:きこ書房
発売日:2017-02-09
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

  料理で、心の持ち方まで少し変わったような気がする今日この頃。同じ気持ちを共有したくて。

「国道16号線が日本を創った」で日経BP柳瀬博一さんと対談を行った足立真穂

いっとかなあかん店 大阪
作者:江弘毅
出版社:140B
発売日:2017-03-07
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 HONZの記事はこちら

わたくし、東えりか

人生を変えてくれたペンギン 海辺で君を見つけた日
作者:トム・ミッチェル 翻訳:矢沢聖子
出版社:ハーパーコリンズ・ ジャパン
発売日:2017-01-21
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

  大好物のトリ本。ネット書店もリアル書店も軒並み品切れ。なぜか有隣堂には全店置いてあるという不思議な本。

最後はクマムシ博士の堀川大樹。彼だけは「これから出る本」を紹介。

クマムシ博士の クマムシへんてこ最強伝説
作者:堀川 大樹
出版社:日経ナショナルジオグラフィック社
発売日:2017-02-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

  クマムシの人気が上昇するたびに堀川のマスコミ露出度が高くなっていく。NHKのインタビューにも本体(帽子)とともに出演していましたね。

HONZ春の研修、第2回目はそれぞれの「人生の一冊」をご紹介します。絶版本も多いですが、かなり面白い選本です。近日公開!請うご期待!

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら