『地球最後の日のための種子』

成毛 眞2010年09月02日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
地球最後の日のための種子
作者:スーザン・ドウォーキン
出版社:文藝春秋
発売日:2010-08-26
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

本書についてはある週刊誌の書評で取り上げる約束をしてしまった。原稿の〆切は明日である。掲載誌の発売は3週間後になる。それまでとても待てないので、一言だけいっておきたい。「いますぐ買って読むべし」。本年、最高の科学読み物にして伝記になると思う。それでも疑うのであれば、本屋で14ページ足らずのプロローグを立ち読みするべきだ。書評用に付箋を張るくせがあるのだが、プロローグで5つも使ったのは始めてだ。いま、われわれの知らないところでとてつもないことが起こっており、それに対応しようとしている人々がいるのだ。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon Kindle

『ノンフィクションはこれを読め! 2014』電子版にて発売中!