『背信の科学者たち』-編集者の自腹ワンコイン広告  二度の絶版を乗り越えて

版元の編集者の皆様2014年06月20日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
背信の科学者たち 論文捏造はなぜ繰り返されるのか?
作者:ウイリアム・ブロード
出版社:講談社
発売日:2014-06-20
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

一度は絶版になった本が、再び世に出るチャンスは非常に低いというのは「出版界の常識」です。二度も絶版になった本が復刊される確率は限りなくゼロに近いでしょう。『背信の科学者たち』は、こうしたジンクスを打ち破り、6月20日に緊急復刊されることとなりました。この「奇跡」が実現したのは、ほかならぬHONZの皆様の御支援によるものでした。

プレミアム・レビュー「『背信の科学者たち』の緊急再版を訴える!」の熱いレビューで叱咤激励していただいた仲野徹先生をはじめとして、様々な形で、復刊を働きかけていただいたHONZの皆様、そしてHONZのレビューを読んで応援してくださった方々に、この場を借りて心より御礼申し上げます。皆様のご助力がなければ、『背信の科学者たち』が再び世に出ることはありませんでした。

『背信の科学者たち』の原書が刊行されたのは、いまから31年前の1982年で、その6年後に化学同人社より翻訳の初版が刊行されました。化学同人版は好評を得て、版を重ねるロングセラーとなりましたが、2000年代前半に残念ながら絶版となりました。2005年頃、私がこの本のことを知ったのは、『生物と無生物のあいだ』の著者である福岡伸一さんから紹介によるものでした。当時は、理化学研究所や大阪大学大学院医学系研究科などで、論文捏造事件が相次ぎ、科学者による不正行為への関心が高まった時期でした。

化学同人版を読んで、取り上げている事件こそ古いものの、その内容がまったく色褪せていないことに驚きました。仲野先生がプレミアム・レビューで書かれたように、この本には、捏造をはじめとする、科学者の欺瞞がすべてといっていいほど網羅されていたのです。理工系の根強い固定ファンがいるブルーバックスであれば、長く版を重ねていくロングセラーとなると確信して、原書出版後の捏造事件の資料を加えて、ペーパーバック版として世に出しました。

残念ながら、ブルーバックス版の『背信の科学者たち』は、刊行のタイミングが悪かったのか、定価が1140円と新書としては高かったのが災いしたのかわかりませんが、結局、重版をかけることができずに、2012年時点で事実上の絶版状態になってしまいました。ところが、ここにきての理化学研究所のSTAP細胞騒動です。「あと1年、絶版の決定を辛抱していたら・・・・・・」とほぞをかんだのはいうまでもありません。

STAP細胞騒動については、メディアで大々的に疑惑が報じられる直前に、論文捏造をめぐる噂が流れていましたので、かなり早い段階で復刊の可能性も考えたのですが、私は、何の行動もとれずにおりました。私事で恐縮ですが、『背信の科学者たち』刊行後、私はブルーバックス出版部から異動し、他部署にいたので、ブルーバックス出版部で再刊するのが筋だと考えていたからです。

残念ながら、翻訳権が失効していたなど諸般の事情があり、ブルーバックス版の復刊が見送られたため、遅ればせながら翻訳権の取得に動きました。STAP細胞騒動で、論文捏造問題が注目されているとはいえ、刊行時点では、事態が収束している可能性もあるため、正直不安を覚えましたが、弱気な気分を払拭したのが、仲野徹先生のプレミアム・レビューでした。

残念ながら、この本は絶版になっている。こういった優れた本は、ある種の文化遺産ととらえるべきである。化学同人でも講談社でもいいから、すぐに再版してもらいたい。STAP騒動を考えるにこれほどすぐれた本は他にない。このレビューを読んだ皆さんもそう思ってくださると確信している。

こんなに熱いメッセージをいただいて、意気に感じなければ編集者失格です。仲野先生からいただいたエネルギーをチャージした私は、翻訳代理店を通じて権利を再取得し、販売部門や校閲部門との調整に動きました。その際の強力な説得材料となったのが、HONZのプレミアム・レビューでした。プリントアウトしたレビューを持参したところ、販売担当も『いけると思いますよ!』と二つ返事で復刊を引き受けてくれました。翻訳代理店や校正者、装幀家の皆様も異例ともいえる特急進行に愚痴ひとついわず対応していただきました。

前述したとおり、絶版になった科学書が「敗者復活」する可能性は限りなくゼロに近いことを思えば、内外の応援団が復刊を促してくださった、今回のようなケースは「奇跡」といってよいでしょう。このような僥倖は再び訪れるものではなりませんから、版元としても、覚悟を持って、本書を大事に売り続けていかねばなりません。

STAP細胞騒動によって、再び脚光を浴びた『背信の科学者たち』ですが、いわゆる便乗本ではなく、読み継がれなければならない「文化遺産」です。STAP細胞騒動が収束してからも、末永く売り続けていくように頑張ります。それこそが、復刊を後押ししてくださったHONZの皆様、応援してくださった方々へにできる唯一のご恩返しだと思っております。

最後にこの場を借りて、重ねて御礼を申し上げます。ありがとうございました!  
 

高月 順一 講談社現代新書出版部
雑誌編集部、ブルーバックス出版部などを経て2012年6月より現職。現代新書では『精神医療ダークサイド』『絶望の裁判所』『生命誕生』を担当。最新刊は『生命のからくり』(6月18日)。こちらもお薦めです!
ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon Kindle

『ノンフィクションはこれを読め! 2014』電子版にて発売中!

人気記事