『シンクロと自由』ホームで暮らすひとりひとりの「わたし」たち

2022年11月28日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
作者: 村瀬 孝生
出版社: 医学書院
発売日: 2022/7/11
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

著者は「こんな老人ホームなら入りたい」と全国から熱い視線を浴びる、NHKの番組でも紹介された特別養護老人ホーム「よりあいの森」「宅老所よりあい」「第2宅老所よりあい」の統括所長。本書はホームで出会った老人との交流で得た知見をまとめたものだ。

老人たちはゆっくり動く。食事も排泄も思考も移動も彼らのペースで行われる。繰り返しも多いし、すぐに忘れてしまう。

でも、それは何もできなくなったということではないのだ。老人ひとりひとりの「わたし」の動きや思考に、介護をする「わたし」が、ずれを繰り返してようやくシンクロしたときに、お互い合意する介護ができると著者は繰り返す。

ホームに住む人の多くは家に帰りたがる。時にはこっそり抜け出して行方不明になる。預かっている職員たちは血眼になって捜す。

ようやく見つかり「みんな心配したんだから」と涙ながらに言うケアマネジャーにその老人はこう言い放った。

「知ったことか」

だったら地域の人に助けてもらおうとご近所さんや地域住民を集めて勉強会を開いた。行方不明になる本人が参加しているのが面白い。

認知症を患っている人は「何も判らなくなっている」と思われがちだが、この勉強会に参加した当人の発言で、それは違っているのだと知る。この場面はぜひ読んでほしい。

入居者と家族との間で板挟みになることも多い。老々介護の末、どちらか一方が入居した場合、残った方も入居してほしいと子どもたちは願う。しかし家を守らなくてはならないという使命感を持つ人は多く、最後は本人の意思を尊重し、入居を無理に勧めないのが、このホームの方針だ。

著者とこのホームのモットーはこうだ。

1 死に場所づくりに取り組んでいます。

2 自分の老いと向き合う居場所づくりに取り組んでいます。

私の終の棲家はどんなところだろうか。(婦人公論 2022.12月号)

中野亜海とのクロスレビュー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

作者: 鹿子 裕文
出版社: 筑摩書房
発売日: 2019/3/8
  • Amazon
  • Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

本書に紹介された「宅老所よりあい」のできるまで。HONZ・野坂美帆のレビューはこちら

決定版-HONZが選んだノンフィクション (単行本)
作者:成毛 眞
出版社:中央公論新社
発売日:2021-07-07
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

『決定版-HONZが選んだノンフィクション』発売されました!

アーカイブ
2023年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728