大きいことはいいことか?『巨乳の誕生』

栗下 直也2017年12月20日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
巨乳の誕生 大きなおっぱいはどう呼ばれてきたのか
作者:安田 理央
出版社:太田出版
発売日:2017-11-18
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

大きいことは、いいことだ。

高度経済成長期、チョコレートのCMでこのフレーズが流行ったのを年配の人は覚えているかもしれない。20世紀は大きいものが正義の時代だったのだ。なんせ、野球は巨人、プロレスはジャイアント馬場である。名前からして、デカい。ビジネスの世界を見渡しても、米ゼネラルエレクトリックのようなコングロマリット(複合的多角化企業)が成功事例とされた時代が20世紀末まで続いた。大きいことはよかったのだ。だが、20世紀は大きなおっぱいには優しくはなく、決して巨乳の時代でなかったことを教えてくれるのが本書だ。

いささか、無理のある書き出しだが、一円にもならないものの、羞恥心を持ち合わせている身としては、「おっぱいの本です」とストレートには書き出しづらい。おっぱいの本なんだが。ちょっと賢く書けば、「近代日本において、巨乳がどのようにメディアで呼ばれ、扱われてきたかを考察している」とでもなるだろうか。春画から、シルヴァーナ・マンガーノ博士、麻美ゆままで言及する。こんな本が今まであっただろうか。「麻美ゆま」がわからない人は電車の中でなければイメージ検索してみてください。

読み進めると、日本人がおっぱいの大きさに興奮を覚える時代というのは二百年くらいをさかのぼってもつい最近の事象であることがわかる。江戸時代の春画では大きな乳房ところか乳房もほとんど描かれなかった。明治時代に黒田清輝の裸体画に対し、わいせつだとの議論が巻き起こり、描かれた下半身を布で覆った「腰巻事件」が起きたが、上半身はそのままだった。現代人からすれば、下がわいせつなら、上もわいせつだろと、頭隠して尻隠さずの状態に困惑してしまうだろう。何がわいせつかという議論は横に置くにして、こうした事象からも日本人はおっぱいに対する関心が低かったと著者は指摘する。

肉感的な魅力に日本人男性が惹かれていくのはいつか。明確になるのは戦後だ。ハリウッド映画の影響が大きく、当時、性的魅力にあふれた女性は「グラマー」と称された。興味深いのは当時の「グラマー」はあくまで性的魅力を示す言葉で、おっぱいが大きいというイメージを多くの日本人は持ち合わせていなかったとか。ここにも日本人のおっぱいへの関心の低さがうかがえる。1959年には日本人女性が始めてミス・ユニバースで優勝。小柄でもグラマーと言うことで小さくても高性能な日本のトランジスタになぞった「トランジスタ・グラマー」という言葉が大いに流行った。

大きなおっぱいを語る上で、ターニングポイントになるのが1967年と著者は強調する。日本の歴史始まって以来、初めて大きな乳房を表す言葉「ボイン」が誕生したという。ボインは人気テレビ番組「11PM」で大橋巨泉がアシスタントの朝丘雪路を見て発したなど起源は諸説あるが、巨泉の発言により、「ボイン」はまさにその言葉の持つ弾力性のごとく世に広まっていったのは確かなようだ。

面白いのは、この年をピークに「大きい胸が魅力的」という概念が古くさいものになっていったとか。60年代後半の欧米のユニセックスなファッションの影響もあり、細さを求める動きが出てきたほか、「胸の大きな女性は知能指数が 低い」という俗説がボインブームを急激にしぼませたという。

今ならば「そんな馬鹿な」と一蹴されそうだが、アメリカの学者が実験結果を伴い発表したことで日本の医者やマスコミも追随。この俗説の爪痕は深く、実際、今でもグラビア出身のアイドルはバカっぽさを全面に押し出しデビューする。数年するとなにごともなかったかのよに普通に話しているが。彼女たちの最初のバカっぽい振る舞いも、大衆の「巨乳はバカ」というまなざしを意識してのことだろう。みんな忘れているが、今やママタレになった小倉優子も、こりん星から来ました~と言っていたのだ。覚えているか。今でも猛威を振るった俗説の残滓が散見されるのだから、当時はいかにそのレッテルを貼られないかにアイドルが腐心したのは容易に想像できるだろう。

 
象徴的なのは70年代から80年代にかけてデビューしたアイドルたちのバストサイズで、大半が84センチに集中していたという。おそらく、84センチと85センチの間には大きな川が流れており、85センチ=巨乳=バカというレッテルが貼られかねなかったのだろう。清純さを押し出すために、明らかにそれ以上のサイズでも逆にサバを読んだり、サラシをまいたり。いかに谷間をつくるかの苦労話をアイドルがテレビで明かす現代とは隔世の感がある。

では、「大きな乳の冬の時代」から、いかに、男が巨乳好きを公言できる時代が到来したのか、「おっぱい星人」が市民権を得たのか。そもそも、いつから「巨乳」と呼ばれるようになったのか。ここまで読んで、関心を持った人は是非、本書を手にとって欲しい。
 
もちろん、おっぱいが性と強烈に結びつくのは、アダルトビデオの存在が大きいのだが、AVも誕生当時の80年代前半は女優の「顔」が重要で胸に関心を持つ者はほとんどいなかったという。マニアックなジャンルの一つに過ぎず、Dカップ以上あってもDカップとして売り出すなど、巨乳過ぎることへの抵抗感がマーケティングにも垣間見えた。それが驚くなかれ。今や「現在のAV業界ではGカップ以上が巨乳ということが常識となっているー中略ーもはやEカップやFカップくらいでは、巨乳には入れてもらえないのだ」。いやはや、Gカップとは。DMMやXVIDEOと決別して久しい私には想像もつかないが、軽薄短小の今の時代、おっぱいくらい重くあってもよいのかも。 
記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon Kindle

『ノンフィクションはこれを読め! 2014』電子版にて発売中!

HONZ会員登録はこちら

人気記事