著者インタビュー『哲学と宗教全史』出口治明氏

刀根 明日香2019年10月29日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
哲学と宗教全史
作者:出口 治明
出版社:ダイヤモンド社
発売日:2019-08-08
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

いきなりだが、私は自分の頭に自信がない。HONZに学生メンバーで入って早8年。8年の月日は早く、気付けば社会人5年目になっていた。少しずつ仕事を任されるようになったが、「考えて動く」ことの難しさを日々感じている。そして私は心のどこかで同志と呼べる仲間を探している。そして、同志に伝えたい。私たちだって、頑張れば、何かしらになれるってことを。そして、この世には話を聞いてくれる優しくて賢い人が存在するっていうことを!

はじめっから、個人的なことをぶっ放してしまったが、私は学生時代から、出口治明さんの大ファンだ。なぜなら、①出口さんの著書は私でも理解できるほど易しいから、②話すスピードがゆっくりで上から目線とか全くないから、③三重県出身だから(私も三重県出身なのです)。

そして、私は出口さんと話してみたかった。『哲学と宗教全史』は私を1段も2段も高みに上げてくれた(ような気がした)。出口さん、この本どうやって作ったのですか? どうやったら出口さんみたいな人間が出来上がるのですか!?(『哲学と宗教全史』のレビューはこちら。)

                        出口治明さんとランチをご一緒させていただきました。

出口さん、この本の構想はどのように出来上がったのですか?

刀根:出口さん、『哲学と宗教全書』とても分かりやすかったです!この構想は最初から出口さんの頭の中にあったのですか?

出口:これは、3年前に、担当編集者の寺田さんから「これからは哲学が面白いと思うので、哲学の本を書いてくれませんか?」と頼まれたときに、「哲学と宗教はグラーデーションになっているから、全部一緒に書きましょう」と言って承諾したのがきっかけです。僕は怠け者なんで、自分から「このような本をつくりたい」ってお願いしたことは一度もないんです。

刀根:でも、いきなり担当者の方に「哲学について書いてください」って言われただけで、こんな壮大な構想の本を作れるもんなんですか!?

出口:僕は「木を見て森を見ず」が嫌いなんで、地球上に生まれた哲学や宗教を全部まるごと書きましょうというのは頼まれた時点で瞬時に決めちゃいました。何事でも頼まれたら断る勇気があまりないタイプなので。ただ、20世紀の哲学者を何人取り上げるかは悩みました。20、30人取り上げるのは面倒くさいなと思って、僕は奇数が好きですから、5人にしようというのを先ず決めたのですが、その5人を誰にしようかだけちょっと迷いました。

刀根:出口さんの頭のなかで初めっから全て繋がっていたんですね。この本を読んで、全ての事象が繋がっていることがよく分かりました。私が知っている歴史や宗教はブツ切れだったので……。それを繋げてくれたのが出口さんでした。

哲学者ってどんな人ですか?

刀根:私は哲学者というのは、大学院で哲学を学ぶごく一部の人だと思っていました。でも、レヴィ=ストロークの紀行文を読んで、哲学者でもいろんな人がいるんだなと意外に思ったんです。

出口:世界を丸ごと理解しようという哲学的な考えがあれば、みんな哲学者なんで。僕は、世界を丸ごと理解しようとする人が哲学者だと思っています。だからダーウィンも立派な哲学者です。

刀根:出口さんは、哲学者になろうとは思わなかったんですか??

出口:こんなアホな僕が哲学者になれるわけがないじゃないですか!?

刀根:(!!?)出口さんは、世界を丸ごと理解している人のように見えますが……。

出口:僕は若い頃に何度も挫折を味わっているんです。僕は田舎で育ったでしょう。当事、中学生の三重県一斉学力テストというのがあって、最初は6番ぐらいだったんです。それで、1番にならんと恥やよなと思って、半年後のために必死で勉強して、蓋開けてみたら4番ぐらいにしか上がらなかった。もう一度勉強したら、また6、7番ぐらいに戻ってしまって。そのとき、自分なりにベストを尽くしたのに成績が伸びないということは、自分がアホやと思い込んでしまって、世捨て人になろうと思ったんです。100メートルをやっていたのですが、いくら練習しても記録が伸びない。運動会ではリレーの選手には選ばれるけれど、県大会には出られない。僕はその頃からグレてしまって、真面目にやらなくなってしまった気がします。

刀根:レベルが高すぎます。出口さんは自己評価厳しすぎせんか。自己肯定感の塊みたいなHONZの仲●先生と大違い……。

出口:仲●先生の自己肯定感は凄すぎですよね。一緒にご飯を食べてるとめちゃくちゃ面白いです!大阪の先生方は自己肯定感と幸福感であふれている。飲み会で何を競っているかというと、自己肯定感200%ぐらいを基準にして、「お前は250%やから出すぎている」という会話をしている。大阪の先生方と一緒にいると、気の弱い僕はほとんど何もしゃべれないです。(笑)

刀根:さすが、仲●先生ですね!(笑)

                                        仲●先生に感心する出口さん

出口さんのお気に入りの哲学者は誰ですか?

出口:僕は、誰か1人が好きというよりはみんなそれぞれ好きなところがあるんです。でも、誰か1人挙げろって言われたら、アリストテレスはすごいと思います。最近、みすず書房から生物学の本が出版されたのですが(『アリストテレス 生物学の創造』)、アリストテレスはどちらかというと生物学者で、ついでに哲学をやった人なんです。アリストテレスはもちろん遺伝子も進化論も知らないわけですが、今の生物学でも通用するようないろんな発想をしているんです。ちなみにこの本は、アリストテレスの文章をひきながら、生物学とアリストテレスの哲学が、世界の見方が、どのようにつながっていくかを説明しているので、動物や植物が好きな人でアリストテレスに興味がある人にとっては抜群に面白い本ですよ。

刀根:おお〜!『アリストテレス 生物学の創造』読んでみます!(上下巻で8000円……。)出口さんのお話は、フランシス・ベーコンの言葉と重なっているように聞こえるのですが、いかがでしょうか。

出口:そうですね。僕はどちらかというとイングランドの経験論が好きです。「人間はアホや」という前提に立っている。人間は賢くないからものを考えても大したことないで、と。長年やってきて不都合がないこは、とりあえずまあ正しいだろうと仮決めしておこうというのが経験論の本筋だと思います。世界の見方は、人間を賢いとみるかアホとみるかのどちらかに偏るんで、僕自身は、人間はどうしようもないアホやと思っているんで、経験論に惹かれますね。ただ、ベーコンは、アリストテレスの悪口をいうところがちょっと引っかかりますが。

刀根:「人間はアホ」がスタートというのは、なんだか安心します。(笑)

1 2
記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon Kindle

『ノンフィクションはこれを読め! 2014』電子版にて発売中!

HONZ会員登録はこちら

人気記事