『この作家この10冊2』私の担当は「北方謙三」

東 えりか2019年10月28日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この作家この10冊 PART2
作者:
出版社:本の雑誌社
発売日:2019-10-24
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

本好きなら必ず一度は通る雑誌「本の雑誌」は創刊から43年が経つ。私にとって、最初は本を探す指針であり憧れだったから、後にこの編集部から仕事の依頼があったときには、天にも昇るほど幸せな気持ちになったのをよく覚えている。

現在でも連載中の「この作家この10冊」は、お気に入りの作家のお気に入りの10冊を、書評家、編集者、書店員、ファン、作家などなどが、それぞれ10冊紹介するコーナーだ。選ばれた作家50人で合計500冊、最強のブックガイドという帯は大げさじゃない。(表紙には作家の名前が出ているので、まずは参照してください)

例えば映画化された作品を書いた作家、例えばネットで話題となった作品、そして本屋で気になった装丁の小説。なんのきっかけでもいいけれど、この作家の本を知りたい、どれを読んだらいいか教えてほしい、という期待に応えるには十分だ。

10冊をオススメしている人は、おおむねその作家のファンだ。なぜその人が好きか、どんな作品が心に響いたかを書いている。

私が紹介したのは「北方謙三」。ご存知“顔文一致”のこわもて作家である。知っている人は知っているだろうが、私は彼の秘書を22年務めた。作品の資料を集め整理するのが仕事のひとつだったので、多くの作品が生み出される現場にいたのだ。そして私のオススメする北方謙三作品は、何かのきっかけで、彼のモチベーションやギアが一段上がったものである。

私が秘書になったころの北方ボス。

そのきっかけの多くは「人」である。編集者、出版社社長、大学教授、書評家、そして父祖たち。

30代後半から60歳まで、一人の作家が大量の小説を書き続けるところを見られたことは、本当に幸せだったと心から思っている。

ぜひ本書を手に取って、気になる作家の本を探してほしい。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon Kindle

『ノンフィクションはこれを読め! 2014』電子版にて発売中!

HONZ会員登録はこちら

人気記事