『問題の女 本荘幽蘭伝』その名を知らぬ者はなし。明治から大正に咲いた仇花

2022年2月11日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
作者: 平山 亜佐子
出版社: 平凡社
  • Amazon
  • Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

2019年NHK大河ドラマ『いだてん』に登場する「本庄」という男っぽい女性記者のモデルは本荘幽蘭ではないかと推測される。挿話収集家の平山亜佐子は当時の新聞記事を渉猟し、彼女の一生を克明に辿るスリリングな一冊を著した。

明治12年、幽蘭は元久留米藩士で実業家の本荘一行(かずつら)の二女として誕生した。本名は久代。元芸者の妾と暮らしていた父のもとで幼少期を過ごし、精神を病んだ実の母と姉ともに本荘家に引き取られる。

父親により何度も縁談が破談になり、思いを寄せられた男に暴行されて妊娠。堕胎を強要され、そのうち正気を失なった久代は巣鴨病院で治療を受けた。この経験が彼女に一生付きまとう。

快癒した久代は明治女学校に入学し「新時代に即した真の婦人をつくる」という啓蒙的な教育を受けた。本荘幽蘭というスケールの大きな突然変異体のような女性を作った基礎がこの学校にあるように思われて仕方ない。

教師や同級生は優秀であったと賞し、眼光鋭い美人であったと語る。確かに本書の装幀に使われた写真は凛とした美しさがある。

卒業後、初恋の人と結婚したものの男児を出産したのち出奔。ここから捉えどころのない人生を送ることとなる。

職業は新聞記者、女優、救世軍兵士、保険外交員、尼僧など数十種。生涯50人近い夫と120人以上の交際相手を持ち、国内では飽き足らず、中国、台湾、朝鮮半島、シンガポールに出没し、信仰もキリスト教、神道、仏教と身軽に乗り換えた。当時の新聞媒体は彼女の動向を詳しく伝えたため、多くの人が「本庄幽蘭」の存在を知っていた。

病める時も健やかなる時も、誰の力も借りずに生き抜いた幽蘭は生々しいが憎めない、と著者は言う。人々は彼女のスキャンダルに熱狂した。だがすぐ忘れられ歴史には何の関与もしない。それが面白いし興味深い。明治から大正に咲いた仇花「幽蘭」の謎を楽しんでほしい。

(婦人公論2021/2月号 Book読みたい本 より転載)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

作者: 平山亜佐子
出版社: 河出書房新社
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

タイトルと装幀がいい。私はこの本で平山亜佐子さんのファンになりました。

作者: 平山 亜佐子
出版社: 左右社
  • Amazon
  • Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

大正中期から昭和初期までの新語・流行語285語を、当時の約30の流行語辞典から収録し、言葉が生まれた背景などの解説を加えた一冊。さすがHONZでは栗下が書評しています。

決定版-HONZが選んだノンフィクション (単行本)
作者:成毛 眞
出版社:中央公論新社
発売日:2021-07-07
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

『決定版-HONZが選んだノンフィクション』発売されました!

アーカイブ
2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031