今週のいただきもの:2017年8月6日週

仲尾 夏樹2017年08月12日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いつかお別れの日が来ることはわかっていました。でも、毎日一緒にいて、あなたの存在は掛け替えなく、大変離れ難かったです。

そう、親知らずを抜きました。

親知らずは10代後半から20代前半にかけて生え始めます。乳歯と異なり、親は生えてきたことを知らない=「親知らず」と呼ばれるようになりました。英語ではwisdom tooth、分別がつく年頃に生えてくる歯とされています。

まっすぐ生えてこない場合は虫歯になりやすく、歯並びが悪くなるため、抜いた方がいいとされます。しかし、上下揃って生え、噛み合っている場合、抜く必要はありません。将来、入れ歯やブリッジの土台として、親知らずを使うこともできるので、親知らず=必ず抜くものではないそうです。

それでは今週献本いただいた新刊本のご紹介です。版元のみなさま、毎度ありがとうございます!

 

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon Kindle

『ノンフィクションはこれを読め! 2014』電子版にて発売中!