『死ぬこと以外かすり傷』新刊超速レビュー

田中 大輔2018年08月29日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
死ぬこと以外かすり傷
作者:箕輪 厚介
出版社:マガジンハウス
発売日:2018-08-28
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

  今日発売した本を仕事帰りに購入し、帰りの電車で貪るように一気に読んで、いまこの原稿を書いている。久しぶりにここまで熱狂しながらビジネス書を読んだような気がする。この本は予約の段階でamazonの総合ランキングで1位を取っていた。そのせいなのか発売日なのに書店にあった本はなぜかすべて2刷だった。それもそのはず、この本は発売日前で4刷りが決まっており、すでに3.7万部とベストセラーになることが約束されている本なのである。

ベストセラーの本を紹介するなんてHONZらしくない、という人もいるかもしれないが、そんなことは知ったこっちゃない!とりあえず今すぐ買って、すぐに読んで!決して後悔はさせないから!そんな気分になった本だから紹介をさせてほしい。

著者は箕輪厚介。いまビジネス書の世界で一番勢いのある編集者である。News Picks Booksというレーベルを立ち上げ、30万部のベストセラー『多動力』(堀江貴文)や、20万部のヒットとなった『お金2.0』(佐藤航陽)など、ヒットを連発している。私は月に一度、週刊新潮で売れているビジネス書を紹介する連載をしているのだが、気がつくと彼の編集した本ばかりになってしまうので、意識的に2カ月連続では彼の編集した本を紹介しないように気をつけている。

そんなヒットメーカーである彼がどんなことを考えて本を作っているのか?ということには前々からものすごく興味があった。なぜ彼が編集した本に、自分はこれほどまでハマってしまうのだろうと思っていたのだが、その理由がこの本を読んでよくわかった。それを端的に表現していた田端信太郎氏の発言を引用しよう。

「箕輪氏は出版界のセックス・ピストルズだ。彼が上手いか下手か?でなく、熱いかどうか?伝わるかどうか?に命を懸けているんだ」

なるほど。箕輪さんはセックス・ピストルズと同じだったのだ!自分は書店員時代に作っていたフリーペーパーに”ブックス・ピストルズ”と名付けてしまうくらいセックス・ピストルズのことが好きである。"PUNK IS ATTITUDE"と言ったのはピストルズではなく、クラッシュのジョー・ストラマーだが、箕輪さんはパンクだったのだ。ビジネス書なのにパンク。このギャップがまさに自分の好みにドンピシャだったのだ。だから好きなんだ。

この例えにはものすごく納得がいった。というのも、彼の編集した本のいくつかでは、なんでこんな作りになっているんだろう。と思うようなことが何度かあったからだ。しかし、ピストルズに対してベースが下手とかいうのは野暮なもの。編集のうまさよりもATTITUDE、つまり熱量の高さこそが大事なのだ。自分は彼が本に込めた熱量の高さに心を惹かれていたのだなとこれを読んでとても納得がいった。彼の編集した本はどれも本当に熱量が高い。ゆえに心を動かされやすいのだ。

また彼はただ自分が読みたい本を作っているだけだともいっている。まずは自分が好きなものをつくる。好きだから1冊でも多くの人に届けようとしている。大事なのはあくまで自分が熱狂できるかどうかだと言っている。「努力は夢中に勝てない」いまの時代、これは真理だなと感じてしまった。実は自分がレビューを書くときに考えていることが箕輪氏の考えと一緒なのだ。おもしろいから多くの人に読んでほしい。自分がレビューを書く理由はただそれだけである。

あまりに唐突で、何の脈絡もないけれど、最後にこの本を読んで、いまの自分に一番突き刺さった言葉を引用して、今日のレビューを締めたいと思う。

あなたがやりたくないことはあなたがやめても実は誰も困らないことだ。明日からなにごともなかったかのように世界は続いていく。しかし、あなたが心の底からやりたいと願うことは、あなたにしかできない素晴らしいことだ。明日から世界を変える可能性がある。

 本はあなたの人生を変える力を持つものである。この本を読んで新たな世界に一歩を踏み出す人が少しでも増えてくれたらいいなと心から思う。

たった一人の熱狂-仕事と人生に効く51の言葉-
作者:見城 徹
出版社:双葉社
発売日:2015-03-18
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 この本を編集したのも箕輪氏なのだが、編集者としての考え方は見城氏にそっくりである。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

稲葉 景2018.9.27 19:22

僕も本書を発売日に購入し、一気に読んでしまいました。 その後、著者の講演会にも参加させていただき、直接お話を伺った後に再読もしました。 お話を聞いた後に読むと、また違った切り口で読み解くことができますね。 何度読んでも新たな発見があります。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon Kindle

『ノンフィクションはこれを読め! 2014』電子版にて発売中!

HONZ会員登録はこちら

人気記事