『深淵の色は 佐川幸義伝』ー合気武術の深奥に触れる津本陽の遺作

東 えりか2018年12月01日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
深淵の色は 佐川幸義伝
作者:津本 陽
出版社:実業之日本社
発売日:2018-10-05
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

2018年5月26日、多くの武道小説を書き続けてきた津本陽が急逝した。本書はその遺作となったの、合気の達人「佐川幸義」の評伝である。

異色であると同時に大変な力作であるこの本は、武術の極意を小説で表そうとした小説家が、実際に合気という神技の深奥に触れた感動が正直に語られていく。

津本が、大東流合気武術の祖である武田惣角の弟子であり、天才武術家として名を馳せていた85歳の佐川先生と初めて会ったのは昭和62年のことだ。『鬼の冠 武田惣角伝』(実業之日本社文庫)を書いた津本は、実際の合気とはどのようなものであるか見たいと道場を訪ねた。

その稽古の場で、相手の体を全く掴まず、相手に掴ませたまま身をひねるだけで人を3メートルも5メートルも投げ飛ばす技に仰天する。

掴みかかってきた3人を弾き飛ばす佐川氏(当時87歳)

門人となった津本は合気の神髄に触れて恐れをなし、伝記を書くこと一度は諦める。だがさらに多くの資料を託され期待を受けながら、佐川先生は95歳で亡くなってしまうのだ。

没後20年経ち、新たに書き上げる決意をしたのは、高弟である木村達雄氏からのある相談であった。筑波大学の数学の名誉教授である木村氏は、最晩年まで佐川先生のもとに通い詰め一番身近にいた。木村氏が見聞きし、体験したことを拠りどころとして本書は綴られていく。

「人間は進化しなければ退化していく。同じところに停まることはない」

死の間際まで鍛錬を続けた佐川先生は木村氏に期待し「ボンクラ」と言いつつ技を伝授した。「合気とは不思議な力でなく理論である」と佐川先生は言う。その理論に魅せられ、多くの学者や識者、一流の武道家が佐川先生の弟子となった。

津本には合気の深淵の色は見えなかったかもしれない。しかし不世出の名人の足跡を残すことはできたのだ。いま、共に泉下の客となった作家と武道家は、武術の極意について談笑しているのではないだろうか。(週刊新潮11月29日より転載 写真は編集部よりお借りしました)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鬼の冠 武田惣角伝 (実業之日本社文庫)
作者:津本 陽
出版社:実業之日本社
発売日:2018-04-04
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

新版 合気修得への道
作者:木村達雄
出版社:どう出版
発売日:2018-12-10
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

孤塁の名人―合気を極めた男・佐川幸義 (文春文庫)
作者:津本 陽
出版社:文藝春秋
発売日:2010-10-08
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

透明な力―不世出の武術家 佐川幸義 (文春文庫)
作者:木村 達雄
出版社:文藝春秋
発売日:2008-07-10
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon Kindle

『ノンフィクションはこれを読め! 2014』電子版にて発売中!

HONZ会員登録はこちら

人気記事