今週のいただきもの:2018年11月25日週

仲尾 夏樹2018年12月01日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おでんが美味しい季節ですね。おでんは室町時代に流行した「豆腐田楽」に由来します。豆腐田楽は、豆腐を拍子木型に切り、竹串を刺し、味噌をつけて焼いた料理です。田楽とは豊穣祈願の舞のことであり、この舞の姿に似ていることから名付けられました。江戸時代には、豆腐だけではなく、茄子やこんにゃく、魚と種が増えていきます。銚子や野田で醤油の醸造が盛んになると、醤油味の煮込みおでんが生まれたそうです(諸説あり)。

現在のおでんは魚のすり身がメインです。野菜が足りないと感じる場合は、トマトおでんはいかがですか?普通におでんを作る要領で、湯むきしたトマトを加えるだけです。ほうれん草やスナップエンドウ、舞茸などを加えても美味しくなります。

それでは今週献本いただいた新刊本のご紹介です。版元のみなさま、毎度ありがとうございます!

ゴッホ  最後の3年
バーバラ ストック
記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon Kindle

『ノンフィクションはこれを読め! 2014』電子版にて発売中!

HONZ会員登録はこちら

人気記事