『東海道ふたり旅 道の文化史』エッセイの名手が読み解く知的でビジュアルな東海道五十三次

成毛 眞2019年02月08日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東海道ふたり旅: 道の文化史
作者:池内 紀
出版社:春秋社
発売日:2019-01-07
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

久しぶりに出会った、上品にして趣深いエッセイとして読んでいる最中だ。読み終えるのがもったいないのだ。

全35章。3章ほどをゆっくりと読むために、わざと場所と時間を変えている。早朝のカフェでクロックムッシュと、午後はおにぎりをほおばりながら公園のベンチ、夜はウイスキー片手にベッドの中という具合だ。

広重の「東海道五十三次」をモチーフにしながら、おもに江戸の諸制度や風俗、いまにつづく文化や文物などを書き綴っているのだが、たとえば「岡崎」の章では、「河況系数」という地理学の用語が登場し、日本の河川の特徴と橋梁構造についても詳しく検討する。あなどれないのだ。

もちろん広重の絵そのものについて仔細に吟味することもある。「御油・赤坂」の章が愉快だ。このふたつの宿は十六丁(1.7km)しか離れていなかったため、飯盛女のほかに留女というプロの女たちがいたらしい。御油と赤坂の2枚の浮世絵にはそれぞれ宿前と宿中が描かれており、それを細かく見ることで、当時の風俗だけでなく、絵師のうしろ姿も想像してみるのだ。

文章の調子もまた素晴らしい。最終章の「京」の冒頭はこうだ。

ふりだしは江戸・日本橋。あがりは京の三条大橋。橋はまた『はし』でもあって、五三の宿駅を、はしとはしがリボンの先端のようにキリリと結んでいる

ドイツ文学者にしてエッセイの名手。知的にしてビジュアルで、広重の五十三次を語るに相応しい。

春秋社100周年記念出版の書だという。春秋社の創業者は、明治の名著『米欧回覧実記』を書いた久米邦武の書生だった神田豊穂と、直木賞の直木三十五だ。仏教書関連の出版社として知られている。

ところがおもしろいことに、本書は江戸時代の寺請制度と僧侶について批判的で、寺の衰退は廃仏毀釈という運動だけが理由ではないと見る。

※週刊新潮より転載

特命全権大使米欧回覧実記 1 普及版 アメリカ編―現代語訳 1871-1873 (1)
作者:久米 邦武 翻訳:水沢 周
出版社:慶應義塾大学出版会
発売日:2008-06-05
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon Kindle

『ノンフィクションはこれを読め! 2014』電子版にて発売中!

HONZ会員登録はこちら

人気記事