「箱根本箱」へ、ブラHONZしてきました

足立 真穂2019年07月14日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はーい、こんにちは。ブラHONZ、はじめます~。

メンバーが“ブラブラ”と本世界を巡りながら、知られざる本の歴史や成り立ちに迫る「ブラHONZ」。迫る前に泥酔してしまうかもしれませんが、誰もやらないので、深い意味も展望もなくスタートしちゃうことにしました。今回は、地形もバラエティに富む箱根へ。なんと本がたくさん詰まったホテルが箱根にできたというのです。

さて、それを聞いたのは、メンバーのフルハタミズホからでした。

その名も「ブックホテル箱根本箱」。取次会社の日販の保養所を改装し、「自遊人」が運営してオープンさせた、本の森に眠ることができ、温泉にも入れる宿泊施設です。2018年8月1日にオープン、私たちが出かけたのは11ヶ月が過ぎようという2019年夏はじめ。フルハタによれば「夕食のイタリアンが超絶美味い」とのことで、もうそうなると、天国と呼んでいいのではないでしょうか。

これは行ってみねばと思い立ち、誘ったのはHONZきっての“いきものがかり”、シオタハルカです。お互い友達を選ぶ性分のせいか「女子旅」(っていまだ使われてますかどうですか)とはほとんど縁がありませんが、これがそうなんでしょうか。麻木さんや東さんも誘ったのですが「先約あり」と秒殺で断られたという背景もあります。

ま、いいのですよ。気ままなふたりで、値段が高い週末を避け、比較的手頃な部屋をさっそく予約しました。

朝の10時発、箱根といえばのロマンスカー、車内集合ね。折り返しの車内清掃を待つ時間をも無駄にしないシオタは、6号車から走って先頭車輌を撮影しに行ってくれました…「撮っとくよ」と走り出すその背中……「なにを?」って聞けなかったなあ、画面を見せてくれてすぐにわかったんですけどね。ありがたい、っていうかさすが慣れていましたね、あれは。

ロマンスカーの先頭車輌 photo by Haruka Shiota。以下、写真はふたりのいずれかの撮影です

順調に10時発に乗り、到着は11時24分、箱根登山鉄道に乗り換え、終点の強羅へ、そこで乗り換えて箱根登山ケーブルカーに乗って中強羅で下車、そこから徒歩10分ほど、のはずでした。私たちには、道中、小涌谷にある岡田美術館を訪れるという野望もありました。そこには素敵なレストランもあるのだとか。

と、ワクワクしながら箱根湯本駅に定時到着、するも私たちをウェルカムしてくれたのは時期尚早な台風でした。倒木で運行を停止し、再開まで見込み数時間は無理そうだと断言された箱根登山鉄道こそ、私たちを運ぶ予定のそれだったわけです。

傘を裏返して悲鳴を上げる人々、途方に暮れるインバウンド観光客、箱根にはあるまじき長蛇のバスの列、そして、それを撮影しようとして、吹っ飛んだ傘を握ろうとするもあえなく落とし、レンズが閉じなくなった私のデジカメ。その悲しみとあまりにもな神様の仕打ちにめげた私たちは動きを止め、駅前の店でうどんをすすり始めました。

肉うどんときざみうどん

「台風に勝とうなんて百年早かったね」「無理することない」「こんな記事誰も読まないって」「あったまるね」(台風の強風で濡れ鼠となり、もはや寒かった)。

温かいうどんの心身にしみること。団体客がビバークしており、駅前の各飲食店は満席状態になっていました。「もう帰ろうか」「怪我したら大変」と計画変更の高齢の方の声も聞こえてきて……。

すっかり弱気になった私たちは、意外に早く再開しそうな登山鉄道をあきらめ、タクシーで岡田美術館へ寄り、そこからまたタクシーを呼んでついに「箱根本箱」へ。道中は、シオタが「知床ネイチャーボランティア」をしていたときの逸話を語ってくれました。20年前の自然センター関係者の話なので、そういうことで読んでくださいまし。

知床のルールではこうです。関係者が鹿の遺骸を見つけた場合、その見つけた人が片付けなくてはならない、なぜならヒグマがやってきてしまうから。他に片付けてくれる人がすぐにいるわけではなく、見つけた人イコール片付けるべき人となる――シオタのボランティア仲間がばっちり「それ」を見つけてしまい、鹿を死ぬ思いでいっしょに必死で運んだけど重かった。これは一番「重かった」話で、一番「面倒くさかった」のはアリの巣の撤去だそうな。

そういえば「ホテル地の涯て」って旅館に取材で1人で泊まったとき、車で向かう一本道で鹿を轢きそうになって急ブレーキしたよ、その後鹿とにらみ合いになったけど、エゾシカは大きくて迫力があるね。運ぶのも大変だったでしょう。

旅の会話って、なぜこうなるのでしょう。生きている鹿エピソードのカウンターをこちらも繰り出しているうちに、雨は徐々に柔らかくなっていきました。
ネイチャーボランティア、愉しそうですね!

さて、到着。

チェックインは15時から。16時過ぎに到着し、ホテルの扉の前に立つと――広がったのが、冒頭の写真、ラウンジの景色です。リゾートとアカデミックをテーマに宇宙、建築、料理……とジャンルごとに分類され、2階までぎっしりと本棚が並んでいます。一部の棚の中では座って読めるようにもなっており(「おこもり空間」と呼ばれているそうな)、先客がすでに、思い思いに本を開いています。

ラウンジを上からみると

その中でテーブルに座り、宿帳を記入。さわやかなアイスハーブティーとドーナツ。『ドーナツやさん、はじめました』という絵本に着想を得たのだとか。そこにやってきたのは、支配人の窪田美穂さんです。

元々は日版の「あしかり」という、1泊2食で6000円というお値段で泊まれた保養所だったそうな。卓球台とカラオケと温泉のある、こういった昭和な企業保養所の御多分にもれず、稼働率は下がる一方で30%にまで落ちたそうです。日販内にリノベーション担当の部門ができたものの、売却か、いっそペットホテルにでもするか、といった話にまで一時期はなっていたとか。
それが、どうしてこういうことになっちゃったわけですか?

お茶とドーナツ
1 2 3
記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon Kindle

『ノンフィクションはこれを読め! 2014』電子版にて発売中!

HONZ会員登録はこちら

人気記事