『黄金州の殺人鬼 凶悪犯を追いつめた執念の捜査録』連続殺人鬼を追い続けた女性作家の記録

東 えりか2019年10月03日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
黄金州の殺人鬼――凶悪犯を追いつめた執念の捜査録 (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズIII-9)
作者:ミシェル・マクナマラ 翻訳:村井 理子
出版社:亜紀書房
発売日:2019-09-28
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 1976年6月から86年5月まで、カリフォルニア州の各地で50人以上をレイプし、少なくとも13人を殺害、100件以上の強盗を行ったシリアルキラーがいた。犯行現場があまりに広範であったため、その地区ごとに「EAR(イーストエリアの強姦魔)」「バイセリア・ランサッカー」「オリジナル・ナイトストーカー」などの別称で呼ばれ恐れられた。

2001年、現場に残された体液のDNA検査によって「EAR」と「オリジナル・ナイトストーカー」は同一人物だと確定。だがその後、犯人の行方は杳として知れなかった。

著者のミシェル・マクナマラは未解決のこの事件に興味を持ち、10年以上取材を続け執筆を開始した。各地の捜査員と懇意になり、現場を訪れ、犯人が奪った金品の行方を追った。「黄金州の殺人鬼(ゴールデン・ステートキラー)」と名付けたのも彼女だ。まさに執念の一冊である。

犯人は周到でかつ大胆だった。長い時間をかけて獲物を狙い定めた。夫婦やカップルの就寝中を襲い、女性に男性を紐で拘束させたのち、彼女を別室で強姦した。子供には手を出さず、時に犯行後に涙を流した。その場にある鈍器で撲殺し、痕跡を隠そうとはしなかった。何度か捕らえるチャンスをすり抜け逃げおおせた。

しかしどんなに恐ろしい犯罪でも人は忘れる。ミシェルがこの事件をブログや雑誌に発表しはじめるまで、ほとんど忘れられていた。

だが彼女は違った。俳優の夫が出演する映画のパーティでも、子供を寝かした直後でも、新しいアイデアがでればすぐパソコンに向かった。

第一章はそれぞれの事件の詳細である。事件現場の再現は息を飲むほどの迫力で迫ってくる。

第二章はミシェルが見聞きした調査の積み重ねだ。調査協力者とともに犯人のプロファイルを行っていく。

残念なことにミシェルは本書を書きあげることなく2016年、就寝中に心臓疾患で急死した。

第三章は残された膨大な資料を精査した、夫と調査協力者たちによって書き上げられ、彼女の死後、1年8か月経って本書は上梓された。しかしその時でも、犯人は捕まっていなかったのだ。

犯人逮捕の報は、本書を宣伝するためのトークショウが終わった直後だったという。30年以上逃げ続けた男は元警察官であった。

犯人逮捕の決め手はDNA検査の進歩であったが、ミシェルが追い詰めた犯人像は、ほかの作家が検証してくれるだろう。読み比べができる日が待ち遠しい。(週刊新潮10月3日号)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

殺人犯はそこにいる (新潮文庫)
作者:清水 潔
出版社:新潮社
発売日:2016-05-28
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 犯人を追い詰めていくスリリングな展開は、このノンフィクションを思い起こさせる。この犯人も早く捕まればいいのに。

撫で肩の男―ロシアの殺人鬼を追って
作者:リチャード ラウリー 翻訳:染田屋 茂
出版社:文藝春秋
発売日:1993-12
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 アンドレイ・チカチロ、ロシアの辺境で若い女性と少年だけを50人以上殺した男のノンフィクション。 ロバート・カレン『子供たちは森に消えた』 ミハイル・クリヴィッチ オルゲルト オルギン『52人を殺した男―異常性犯罪者の欲望』とアメリカでほぼ同時に発売され話題となった。トム・ロブ・スミス『チャイルド44』 の元ネタ。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon Kindle

『ノンフィクションはこれを読め! 2014』電子版にて発売中!

HONZ会員登録はこちら

人気記事