『「カッコいい」とは何か』しびれる体験

新井 文月2019年11月02日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「カッコいい」とは何か (講談社現代新書)
作者:平野 啓一郎
出版社:講談社
発売日:2019-07-17
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

先日、現代アートのコレクター会に参加した。特に予備知識も無く参加してみたら、これがとにかく面白い。

例えば多摩美術大学の先輩(50代)であるアートコレクターに、何故この作品を購入したのですか?と聞くと、「これは一見、絵の構成に思えるけど写真なんですよ。見たことない画面でしょう」と言う。なるほど、一見それは抽象画のようだが、近づいて見ると実はNASAの建物であり、窓と壁はうまくトリミングされモンドリアンのような平面構成の抽象画に見える写真だった。

同様に他の女性コレクターにも、なぜ作品を購入したのか理由を聞いてみると「黄色がカッコよかったから!」とキャンバス一面が黄色で塗られている作品を嬉しそうに解説してくれた。他にも「これは一発描きで、ビシッと決まっていたから」などと、皆が嬉しそうに他の人に対しても同じ熱量で何度も語っていた。

それぞれ誰もが嬉しそうに語るので、見ているこちらまで嬉しくなった。その空間は例えるなら秋葉原だろうか。自分が好きなことをは堂々と好きといえる、誰にも侵害されない空間。そんなエネルギーに溢れていた。

本書の著者は芥川賞の受賞作家だ。長く不明瞭だった「カッコいい」という言葉の正体を文献と実例に基づいて暴いている。そもそも「カッコいい」という言葉自体が広く使われるようになったのは、メディアが普及した1960年代以降だという。語源の「恰好が良い」から始まり、それは「対象そのものが、そのジャンルの理想像と合致する」といった意味で用いられていた。今ではその言葉自体が発展し、「カッコいい」はジャンルを超越した理想像を示す言葉になっている。

著者はこの「カッコいい」の要素を、魅力的/非日常性/共感体験などに分類・考察している。その文体は骨のあるカルチュラル・スタディーだ。しかし本書を手にとる前から、私も疑問があった。そもそも「カッコいい」という感覚は、いくら文章で明記されても納得しうるものだろうか?説明できる言葉は文化として育っていないのではないか?しかし、それらの疑問に対する解答は腑に落ちる形で存在した。著者は特に「しびれる」という体感を伴う興奮にフォーカスしているのだ。

しびれる感覚だが、たとえばミュージシャンのライブに行くという衝動は、あきらかに「カッコいい」が原動力となる。それが動員数にも結びつき、経済効果が働く。いまサービスはストーリーがないと売れない時代だが、加えて無意識にあこがれるカッコよさが必要不可欠な時代となっているのかもしれない。

私も実際に、サッカーワールドカップでしびれる体験があった。南アフリカ大会にて本田圭佑がフリーキックでゴールを決めた瞬間だ。ピッチと客席はわずか10m程だった。シュートが決まった瞬間を目の前で見たとき、轟音と呼べるほどの歓声とともに両腕に鳥肌が立った。思わず隣のサポーターに見せつけたほどだった。

ヨーロッパでも、19世紀中頃にも天オと称されたピアニストにリストがいる。彼は甘いマスクも兼ね添えていたため、貴婦人達が集うサロンに登場するだけで熱狂的な声に埋め尽くされたという。その様子は「皆に電気ショックが走ったようだった」と文献にも記録された。

注意してほしいのは、本書は「カッコいい」人になるための指南書ではない。確かにボードレールやオスカー・ワイルドなど、カッコよさを体現していた生きざまについて触れたダンデイズムの章もある。それらを読めば、ヒントは無数にちりばめられている。しかし、いちばんの魅力は、今まで何気なくつかっていた「カッコいい」を因数分解している点なのだ。あの車カッコいい/ラグビーのトライがカッコいい/ミュージシャンのライブがカッコいい…各章を参照すれば、読んだ後は意図して魅力あるサービスや「しびれさせる」魅力をつくりだせるだろう。

実際にSMBC信託銀行も他の銀行と差別化を図るため、現代アートを展示する試みが始まった。アートだって本質的には実用物でないにもかかわらず、「カッコいい」で何億もの価値がつく。マーケティング視点でも役立つ一冊だ。

 

「カッコいい」とは何か (コルク)
作者:平野啓一郎
出版社:コルク
発売日:2019-07-16
  • Amazon Kindle
記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon Kindle

『ノンフィクションはこれを読め! 2014』電子版にて発売中!

HONZ会員登録はこちら

人気記事