『怪獣生物学入門』怪獣映画・怪獣ドラマの魅力を探る! ヒット・重版記念イベントより

集英社インターナショナル2020年01月09日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴジラをはじめ、怪獣たちを最新の生物科学で徹底的に考察する新書『怪獣生物学入門』。ヒットと重版の決定を記念して、著者・倉谷 滋さんと、本書へ推薦文を寄せた映画監督・樋口真嗣さんとのトークショーが三省堂書店池袋本店で開催されました。

初対面であることを感じさせない絶妙のシンクロ率で、リミッター解除のノンストップ怪獣談義が展開された模様を、ダイジェストでお届けいたします。(HONZ編集部)

怪獣生物学入門 (インターナショナル新書)
作者:倉谷 滋
出版社:集英社インターナショナル
発売日:2019-10-07
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

怪獣を動物の延長で語れるか?

倉谷:はじめまして。緊張しますね。

樋口:はじめまして。よく(倉谷先生が在籍する)理化学研究所の門を叩くんです。『シン・ゴジラ』(2016年)を製作するときにもお世話になりましたし、今回撮影している『シン・ウルトラマン』(2021年公開予定)でも、怪獣というよりも、そもそもウルトラマンという存在の科学的な裏付けのため、別の先生にお話をうかがいました。

倉谷:怪獣映画は、何はなくとも科学を背景にしたSFであってほしいと思いますね。1954年に、東宝の製作で初めてゴジラが登場したときも、デザインや設定は古生物学がもとになっていたと思います。

樋口:イグアノドンですね。のちに骨盤の向きが間違っていたことがわかるんですが、それ以前の想像図をもとにしている。だから、その後修正された頭と尻尾が天秤のように水平になった姿勢ではなく、直立に近い姿勢で、尻尾が地面に垂れていて、地面の上を引きずって歩く。それが、僕らが子どものころの恐竜の姿でした。

倉谷:『ウルトラQ』(テレビ作品 1966年)の辺りまで、怪獣は古生物学や実際の動物学をもとに作られてきましたね。

樋口:『ウルトラQ』の前半がそうでしたね。東宝から怪獣の着ぐるみを借りてきて、それに角やいろいろな物を付けていました。だけど、途中で東宝の人がかけもちをできなくなったので、成田 亨(とおる 故人)さんという、武蔵野美術大学で彫刻科出身の方がデザインを手がけられるようになりました。今でも美術系大学の学生が我々特撮の現場に入ってきて、そこで人生を狂わせちゃうことがあるんです。『シン・ゴジラ』や『シン・ウルトラマン』を手がけている林田裕至さんというデザイナーは、東京藝術大学の油画科の優秀な学生だったのですが、在学中から映画の美術に携わるようになって、そのまま人生が狂っちゃった。(笑)

倉谷:僕は『怪獣生物学入門』の中で、立場上、怪獣を動物として見たときに、その形態が進化の結果としてできた形であるとするなら、どこまで科学的に説明できるかを考えました。怪獣は動物の延長で、進化した形かもしれないし、まだ人間が知らない一歩先の変異体かもしれない、と。

樋口:そういう思考実験ですよね。

倉谷:この間、大阪の万博記念公園にある国立民族学博物館へ行ってきたんですよ。特別展の「驚異と怪異」というのがありまして。そこでは、世界のいろいろな地域のいわゆる怪物たちが飾ってあって、中にはモロにキングギドラを連想させるような、たくさんの首を持つような怪物もありました。

樋口:ヒドラ(ヒュドラーなどとも。ギリシア神話に登場する、9本の首を持つヘビの怪物)も首がたくさんありますね。

倉谷:そう、首がたくさんあるヘビやオロチの系譜には、全世界的な広がりがありますね。忌まわしいものであったり、逆に魔除けにも用いられる。最近思うのですけど、『ウルトラマンA』(テレビ作品 1972~73年)に出てきた、あのいわゆる「超獣」というのは、東南アジアからニューギニアにかけて見られる、いかにも悪魔的な魔除けの仮面とか装束をもたらしたものに近い世界観じゃありませんか?

樋口:そうですね。目玉がギョロっとしていて。

倉谷:『ウルトラQ』から『ウルトラマン』(テレビ作品 1966~67年)ぐらいまでは、アメリカでの放映を意識して作られていたような感があるのですが、あの『ウルトラマンA』あたりから東南アジアのほうを向き始めたように感じてたんです。

樋口:ウルトラセブン(『ウルトラセブン』テレビ作品 1967~68年)が従えているカプセル怪獣に、ミクラスという頭がでかくて寸詰まりの怪獣がいるんです。あれが、まさに東南アジアのバリ島のお面ですよね。『ウルトラマン』では科学特捜隊というチームがあったりして、デザインの中にもサイエンスというか、要は金属的なものがあって、それなりにサイエンスの香りがありました。すごく即物的ですけど、当時はそういったミクスチャー(混合)があったと思います。

倉谷:成田さんのデザインには、昆虫の身体の一部をカメに組み合わせるとか、面白いキメラ(複数の異なる遺伝子が混合して形成される個体)的要素を感じます。「ああいうハムシがいるな」と思って見ていたら、それが爬虫類の体になって、ベル星人になってしまうというような……。

樋口:成田さんがご存命の頃に何回かお話をうかがったんですけど、やはりデザインには苦労されたそうです。怪獣って、四足歩行したり、尻尾があったりするわけですが、人が入るのだから、どうしても膝をついてしまったり、前足が出てしまったりする。それをどうやって人が入っていると感じさせないようにするか。わざと、先のほうを逆に曲げてみたりすると、どこか神様が悪戯した感じの形になるんです。

1 2 3
記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon Kindle

『ノンフィクションはこれを読め! 2014』電子版にて発売中!

HONZ会員登録はこちら